« もつ焼き 大統領 | トップページ | »

しらす料理専門店 とびっちょ (江ノ島)

DSC00316


今回は、旅日記にも出てくる2000年にモスクワで出逢った4人で江ノ島にドライブに来た。

江ノ島には海水浴で何度も来ているが、島に渡るのは実は2度目であった。
それも、前回は高校の時に友達と原付で来て以来なので、ほとんど記憶にない。
久しぶりに訪れた、江ノ島はとても良かった。
汚い、ビーチのイメージとは全く異なり、ちょっとした海辺の温泉街のようだ。
そこら中で海産物が売られており、その場で食べられるものもある。

「じゅう~~ッ♪」

旨そうな音に振り返ると、炭火焼きされたサザエが口から汁をこぼしている。
その横には、お湯で温められた熱燗ちゃん。

「う~わ、たまんね~。」

ただ僕は昨日、友人の結婚式でそのまま式場ホテルに泊まり3時まで飲んでいたので、かなりきつい迎え酒になる。しかし、ハンガリーから帰国したばかりの梨花がこのシチュエーションに耐えられるわけはなく、僕らは熱燗を飲んだ。迎え酒に熱燗は、けっこう来る。迎え酒は嫌いではないのだが、この楽しみ方はまだまだ早いだろう。

さて、ここには直子お勧めの美味しい、しらす屋さんがあるらしいので4人で熱燗片手に向かった。
ここは毎朝、相模湾でとれた「生しらす」がたっぷり食べられる。
ただ、漁は天候に左右されるので、水揚げされない日は「生」は食べられない。

今日は、たっぷり食べれるそうだ。

人気店なため、30分ほど外の椅子で待たされたのだが、お店から毛布を貸してくれそれがなんとも嬉しかった。
熱燗片手に談義をしていれば30分などすぐだ。
2階に上がると、景色の良いテラスに通された。冬は透明なビニールシートで覆われ、足元にはストーブもあるため上着を脱いでも、ちっとも寒くない。

そしてここの売りは、丼の大きさ!普通の店の1,5倍はある丼をつかっている。
名物は「生しらす丼」なのだが、他にも、かき揚にした、しらす丼や釜揚げにして、いくらと合わせた丼などバリエーションも豊富だ!
店先でも、サザエのつぼ焼きや、ハマグリの酒蒸しなども食べながら熱燗が愉しめる!

「江ノ島っていいとこじゃん!」

僕のこの店を出た後の感想であった。


« もつ焼き 大統領 | トップページ | »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/2390353

この記事へのトラックバック一覧です: しらす料理専門店 とびっちょ (江ノ島):

« もつ焼き 大統領 | トップページ | »