« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

海鮮市場 小さな築地 (吉祥寺)

DSC01095


ここは、ご覧の通り中央線の高架下に構える大衆居酒屋である。

創業14年。ご主人が毎朝、築地で選んだものが店に並ぶ。
このたび、お店が、中央線の高架工事に伴って、今月8月を持って休業することが決定した。
しかし、休業ではなく、引退のようだ。
今後の、店を出店する費用などの補償はなく、しかもここらは、もっと地価があがるらしい。

ここは、まさに、いせ屋やカッパに次いでの地元民の憩いの場であり、17時を過ぎると、次々にサラリーマンや年配の方で、溢れかえる。店の入り口は開けっ放しで暖簾一つで外と中が区切られているのも気持ちが良い。
店先では、オヤジさんが、仕事帰りのお客さんを呼び、カウンターは板長をかこみ15人ほどが座り、飲んでいる。
この日の刺身も、13種ほどそろい、なかでも、真鯛、秋刀魚、縞鯵がお勧めであった。
僕は、まずサバの炙り寿司を頂いた。3かんで450円とは安い!
う~ん、脂が滲みだし香ばしく最高にうまい。

ここは、鯵の一本寿司も名物で、1匹丸ごと使い4かんで650円は嬉しい。
「浜やん」や「カッパ」で飲んだ後は、ここで〆の鯵寿司を冷で頂いて帰るのが、吉祥寺のコースであった。
他にも、ふぐのから揚げや、ドジョウ柳川は実に美味しい。
椅子一つ見ても、とても良い具合に古びており、今までに何人のお客がここで酔いしれたのかと想像させる。

こういった、地元の憩いの場が、区画整理等で無くなって行くのは、実に惜しい。
いつも、まわるコースが決まっていた人間にとっては一大事な寂しさである。

「閉まるまでに、また来るよ!」

僕が、御主人に残した言葉だった。

東京都武蔵野市御殿山1-1-1   0422-21-4449
JR[吉祥寺駅」より徒歩3分       今月一杯休み無し  全品2割引

| コメント (2) | トラックバック (0)

無人島 コマカ島 (知念)

DSC01031

今回も、ちょこっと番外編!

シュノーケリングを真栄田岬で堪能した僕は、どこか綺麗なビーチに行きたくなった。
それも、本島のプライベートビーチではなく、船で日帰りできる島のビーチだ。
もちろん地元の人で賑わう、地元ビーチもいいものなのは知っている。
浜沿いでバーベキューやビーチバレーを楽しんでいる宜野湾のトロピカルビーチや地元民と米兵が訪れる北谷のサンセットビーチなどは、実に沖縄在住になった気がする落ち着ける楽しいビーチだ。

しかし、今回は、もっと落ち着けて水も綺麗なところを求めた。

そこで見つけたのが、コマカ島。
日帰りでいける渡嘉敷などへの船は、58号沿いの那覇新港から出ているが、コマカ島へは、西部の知念海洋レジャーセンターから出ている。
那覇のバスターミナルからバスで約1時間。レンタカーの人は、海洋センター内に止めておける。

コマカ島は、知念海洋レジャーセンターから、ボートで約15分のところに浮かぶ、無人島だ。
島には、トイレ以外何も無いので、食料や必要なものはあらかじめ用意しておこう。
そして、ボート乗り場の手前にある民宿で、ビーチパラソル(1000円)とシュノーケルセット(ゴーグルとシュノーケルで500円)を借りていこう。島には木陰はなくパラソル無しは危険だ。
島へは夕方まで絶えずボートが出ているので、時間を気にせず訪れたらいい。
往復2500円は少々高い気もするが、元は取れるほど島は綺麗だ。
碧い海に浮かぶ白と緑のコントラスト。周囲500Mほどの小さな島は、プライベート感に溢れている。

ここは、水の淀みも少なく、一年通して透明度は高い。
僕が、訪れた日も快晴だったので、とても透明度が高くシュノーケル日和だった。
帰りのボートはあらかじめ時間を伝えておくのだが、1時間ごとに出ているので、島で伝えれば変更もOKだ!

まだあまり知られていない、この島のビーチは、まだまだ穴場かもしれない隠れ家的なスポットだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

DSC01060


プライベート感たっぷりのビーチ。
こんなところの木陰で、シェリーでも飲みながら本を読みたい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »