« 坐唯杏 (ざいあん) 池袋 | トップページ | ガード下 登運とん(とんとん) 有楽町 »

伊勢藤(いせとう) 神楽坂

DSC01264


場所は神楽坂。
東京の下町の中でも、独自の文化を今尚匂いたたせる趣き漂う土地である。
一本路地裏に入ると、ひっそりと佇む料亭処。
今にも、曲がり角から芸者さんがふと顔をだしそうな、そんな界隈である。
そんな中、一層際立つ風情ある佇まいが、この伊勢藤である。
創業昭和12年。
言葉にはできない、素晴らしい佇まいだ。

暖簾をくぐると、左手に鍵の字型に広がる6席ほどのカウンター。
4人のお客が座っており、一人とのことを伝えると、お燗番のご主人の前に通された。
囲炉裏でお燗番をしているご主人と一番近いこの席は、入店前から憧れはあったものの恐れ多くとても期待はできなかった。
しかし、今日はその席が一番居心地良いですよ!と言わんばかりにぽっかり空いており、そこに僕のケツは落ち着くことになったのである。

おしぼりで顔を拭き「ふ~~~。。。」と一息。
なんとも癒される感覚を辿ると、お店の優しい灯りの具合に気が付く。
昭和初期にタイムスリップしたかのような、なんとも言えない優しい灯り。
そして、様々なものが沁みこみ自らを表現する梁や天井。そして土壁。
この店を国宝と称える意味が容易に感じられる。

そう。この店を伝えるのに、店内の画像は不要だ。
それは、この有様を画像に収めることが、お店に対して礼儀を逸脱した行為に感じられるのと同時に、この雰囲気は画像からは、絶対に伝わらないからだ。
むしろ、画像が現実よりも安っぽく写ってしまい、この記事を読んでくれた方に誤解を招くことも否めない。

客層は、やはり酸いも甘いも知った60過ぎくらいの方が多い。
僕の横にいた若い人は、店の雰囲気にのまれ酔いもせぬうちに足早に去っていった。
やはり、前評判と実際の雰囲気が重なることで、びびったのだろう。
先代のときは、大きな声、女性の一人酒はご法度だったそうな。
現在の3代目ご主人は、そこまでは厳しくないにしろ、座敷から下品な笑い声があがるとやはり注意する。
そして、湯煎し燗しているときの真剣なこと。
熱の伝わりやすい すず でできた器で燗するのだが、そろそろと思うと手のひらで器を包み、念入りに確かめる。
納得いくと、左手に持った徳利の中に注いでいくのだが、この注ぐ落差が50CMほどあるのは、正に職人技。
これだけ、思いを込められた燗酒はここ以外では飲めないだろう。
お酒は、灘の男酒、「白鷹」。
宮水で造られ、伊勢神宮にも永年納められている由緒ただしき銘酒だ。
ここは、お酒はこの「白鷹」のみ。ビールもなければ、焼酎も無い。
この頑固さが腹まで沁みるこだわりなのである。

料理は、1汁4菜のお通しが出される。
4品は非常に「良く考えてるな~。」と唸る品々。
えんどう豆。ちくわ。鮫の骨の梅肉和え。海月の雲丹和え。
小鉢に軽くよそわれたこれらは、量もちょうどよく、また飲みが進んでも、飽くことなく愉しめる絶妙な味のバランス。
特に、鮫の骨の梅肉和えは、なんとも言えなく気持ち良い食感と酸味。
また、海月の雲丹和えは、海の香りが漂いホヤを上品にしたような風味。
極上の肴に杯は容易に空いていく。

ふと気付くと杯の水面に浮かぶ満月。
それは、見間違うた優しい灯りだった。
時より ふあ~~~。。。と吹き抜ける風と虫の声。
ぱちぱちっ。。。っと弾ける炭の音が心地良い。

これだけのお店を継承したご主人。
きっと、様々なプレッシャーもあるに違いない。
古き良き。を後に伝えていくことの厳しさが仕草の節々に感じられる。
「アメリカやイギリスに住んでいた時期が改めて日本の素晴らしさを気付かせてくれた。」
と言うご主人は、ご主人なりのこだわりと人柄を打ち出しながらこれからのお店を色づけていくのだろう。

5合も飲んだ間に、重ねた数々の会話が他にもあるのだが、その内容は伏せておこう。
僕が、酒天童子を書いて以来、「僕だけの心に留めておきたい。」という思いがこれほどまでに降り積もった伊勢藤だからである。

東京都新宿区神楽坂4-2     03-3260-6363
JR「飯田橋」より徒歩5分。

営業時間 17:00~20:30L.O.20:30、閉店21:30
定休日 土曜、日曜、祝日

お通し1500円 酒500円 肴400円


« 坐唯杏 (ざいあん) 池袋 | トップページ | ガード下 登運とん(とんとん) 有楽町 »

東京(神楽坂)」カテゴリの記事

コメント

私は、30代の飲兵衛ですが、伊勢藤には以前から憧れていました。色んなブログを読んでもその格式の高さに少々ビビッてしまいます。
なかには、「伊勢藤は、飲み歴10年以上でも雰囲気にのまれてしまう」などとあります。
しかし、酒天童子さんの記事を読んでも、すばらしさが伝わってくるので、是非近々行ってみようと思います。
ありがとうございました。

投稿: 飲兵衛 | 2005/11/03 08:12

はじめまして。飲兵衛さん。
僕は、20代後半ですが、少々ビビりつつも飛び込んでしまいました。
この日は、営業で都内にでていたので、偶然スーツでヒゲも落としていたのも幸いしていました。
若くて、私服で尋ねてきたカップルは、はじめは「満席です」と断られていました。
座敷の方は、空いていた様に見えたのですが。。。
そうでなくても、たしかにあのお店には、不釣合いな人間が入ってくると浮くものがありますね。
年配のご夫婦などは、私服でも全然気にならないのですが、その辺がやはり落ち着きというものなのでしょうか。
ともあれ、大変素晴らしいお店です。
どうぞ、一度味わってきてください!

投稿: 酒天童子 | 2005/11/03 10:37

読むだけで行きたくなりました。

投稿: ばなな | 2006/09/10 19:22

ばななさん

これからの季節が伊勢藤の一番良い時期かもしれません。
是非、行ってみてください。

ひょっとすると常連の方かもしれませんね。
失礼致しました。

投稿: 酒天童子 | 2006/09/10 19:38

初めてコメントさせていただきます。
江戸ソバリエ「石臼の会」笑門来福と申します。
蕎麦好きが集まる蕎麦ブログの管理人をしております。

私たちのブログの牛込神楽坂「志ま平」の文中「伊勢藤」の文字部分からから、
こちらの記事にリンクをはらせていただきました。
また、合わせて、こちらにTBをはらせていただきました。


どうかよろしくお願いいたします。

投稿: 笑門来福 | 2011/02/12 18:33

笑門来福さん

HP拝見させて頂きました。
そろそろ居酒屋だけではなく、蕎麦屋にも手を出したいなと思っていたところです。

ありがとうございます。

投稿: 童子 | 2011/03/21 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/6144686

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢藤(いせとう) 神楽坂:

« 坐唯杏 (ざいあん) 池袋 | トップページ | ガード下 登運とん(とんとん) 有楽町 »