« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

おでん 宮鍵 (みやかぎ) 下北沢

DSC01677


さてさて今宵は、しゅんだ(滲みた)大根に燗酒といきますか!
場所は、下北沢。
中学生の頃は、スニーカーに古着と良く来たな~。

アート、ファッション、音楽、演劇、様々なジャンルの坩堝、下北沢。
相変わらず若者が圧倒的に多い。
でも、渋谷や池袋のように気分が悪くならないのは、やはり吉祥寺同様、町への愛着心が感じられるからであろう。
袖振り合うも多少の縁的に、そこらの人を捕まえて飲みに行けそうなそんなアットホーム感が漂う町である。

洋服屋の多い商店街を歩くこと5分。踏み切り沿いにお店はある。
今日のお店は、知ってる人は知ってる「宮鍵」。

戦前からあるこの建物が、若者向けの通りにあっても一向に違和感を感じさせないのも下北ならではだろう。

古びた赤提灯に縄暖簾、そして見事な佇まい。
これだけで酒が飲めるほどに、この3種の神器は匂い立つ。

「ガラガラガラッ♪」

入るとコの字型のカウンターに兵ども!
う~ん、みなさん良い顔色ですね!!

15人ほど座れるカウンターは等間隔で人が座っている。
おそらく常連さんはいつも決まった席があるのだろう。しかし、空いてればそこ!というだけで席を譲ることを強要するようなおやじはいない。
その辺は飲兵衛皆兄弟!である。

僕はまず生で「モツ煮」を頂いた。
濃い目の味付けのここの「モツ煮」はめっぽう旨い!
ふ~~~~っ。。。。と一息つき、改めて店内の隅々に目をやる。
奥には小上がりの座敷があり10人ほど座れそうだが、1~3人くらいの客は、みなカウンターで酒を傾ける。
う~~~ん、良いな~この雰囲気♪
古いお店の良さが自然と語りかけてくる。
どこか、神楽坂の「伊勢藤」や吉祥寺の「いせや」と共通のものを感じる。
しかし、まっ、「伊勢藤」は言いすぎか。あそこは別格だ!
うん!「いせや」に近いな。古くから地元の人に愛されている雰囲気。

そんなこんなで感心していると あっ!っというまに酒は空く。
さてさて楽しみの燗酒でしゅんだ大根といきますか!
しゅんだ。というのは、関西の方で使う「よく滲みた」という意味らしい。(井筒監督語録)

「すいませ~ん。大根とキャベツ巻きくださ~い!あと初孫の燗を小徳利で!」
「は~い!」おでんを優しくもってくれる女将さん。
そして同時に出てくる燗酒!

DSC01676

ここは、初孫の金印、八海山、などいくつか日本酒が置いてあるが、みんなが飲むのは至ってこの金印だ。
そして酒徒さんから聞いてた通り、この小徳利の模様が良い。
徳利の真ん中に丸が書かれ、その中に「初孫」と優しく書いてある。
隣の親父さんの2合徳利は、どこか野暮ったい蕎麦屋の徳利のようだ。

大根はダシを吸っててやわらかく、これ以外ありえないでしょ!ってぐらい燗酒と良く合う!
いや~、やっぱりおでんは冬だよな~。。。

みんな燗酒愉しんでるな~。。。と思っていると。。。
「んんんん?」
左端のお水のお姉さまは赤ワインでございます。
「んんんんん?」
対面の常連の親父さんも赤ワインでございます。
他にも終始瓶ビールで通してる人。様々である。
う~~ん、この辺の気取らなさも下北ならではで面白い!

僕は、〆に「氷頭なます」を頼んだ。これは、鮭の頭の氷のように透明な軟骨を酢漬けにしたものだ。
久しぶりの「氷頭なます」に燗酒!最高だね!この取り合わせ。

うっとり酒を愉しんでる僕をみて隣の70過ぎのご老人が声をかけてきてくれた。
「あんた~東北の出身かい?」
「いえ、東京ですが。。。」
「ほ~う、変わったもの食べてると思って。」
「いやいや、珍味が結構好きで、莫久来(ばくらい)なんかも摘みます。」
「ほ~う、じゃああんたも相当の飲兵衛だね。若いのに。」
「いえいえ、恐縮です。はっはっは。」

70過ぎのお人に飲兵衛扱いされたんじゃ、こりゃ~20代には見られてないな。。今宵も。。。

まあ、さておき4合ほどでさっとおいとました「宮鍵」だったが、本当に良い店だった。
ここは、焼き鳥もやってるので、次回は是非摘みたいが、結局今日と同じメニューを辿りそうな予感がする。
下北に宮鍵あり!
まさに心温まるお店である。

小田急線、京王井の頭線「下北沢」駅より徒歩5分
世田谷区北沢2-33-12   03-3467-5000  営業時間17:00~23:00
日曜定休

| コメント (10) | トラックバック (0)

居酒屋 和市 (千歳烏山)

DSC01667
今日は、久しぶりの和市。
小高い階段をあがりいつもの「本日のおすすめ」に目をやる。
この瞬間が、いつも通信簿をあけるときのような高揚感だ。
「ほっほ~~う。。。」
天然ブリ刺し、ほうぼう刺し、なまこ酢、飯蛸煮、甘鯛の湯葉包み煮、などなど。

土曜6時ということもあり、いつものカウンターに座れた。
さっそくお燗を頂きたいほど今日は寒い。
しかし、連れの就職祝いと僕の仕事が一段落ついたこともあり、まずはエビスで乾杯!
いや~、冬のビールもまた旨いな~♪
しっとり焼かれた「ふき味噌」を摘みながら春の匂いを感じる。

やっぱり今は「ブリ」でしょう。しかし「ほうぼう」もまた良い。
う~~ん、「合い盛りで!」またまた甘えてしまった。。。

そして、「福千歳」のぬる燗を頂く。
渋い陶器造りの燗徳利がまた良い。
そして頂く「天然ブリ」と「ほうぼう」。
豪快にバカでかく切られたブリをほうばるのも好きだが、ちょうど食べやすい大きさに切られた今日のブリもこれまた旨い!
そして、想像以上に旨いこの時期の「ほうぼう」!
極上の刺身に、これまた容易に酒はあいていく。

ここからは「鳳凰美田」の純米の燗でとおした。
すると和市さんからすっと差し入れがでてきた。
見ると見たことのない魚の一夜干し。
「和市さん、これなんていう魚ですか?」
「能登のほうで獲れる深海魚で「げんげ」っていうんだよ。」
「げんげ。。。?」
「幻の魚って書いて幻魚っていうんだよ」
「へ~~~。。。」
これまた、燗酒にぴったり。

う~~~ん、やっぱり居心地いいな~このお店。

久しぶりの和市を堪能した僕ら。
幻魚に触発されたのか、なぜか明日は多摩川で釣りをやる約束を交わしているのだった。
釣っても食べられないのにね。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)

囲炉裏 クラオ邸

DSC01621


さてみなさんのお友達で囲炉裏をお持ちの方はいらっしゃいますか?

実家にあるという方は、いらっしゃるかもしれませんが、東京では珍しいと思います。
でも、ここにはあるのです。しかも、造ったのです!借家なのに!!

大家さんには、「ちょっと内装いじらせてもらいますから。」
と声はかけたが、彼の「ちょっと」はすさまじい。
天井をぶち抜き、梁をむき出しにし内壁は、土壁っぽくプラスターしてある。
外から見ると、戦後に建てられた都営の平屋なのだが、一歩踏み込めばインテリアデザイナー顔負けの内装なのだ!
これなら見つかっても大家も文句は言わないだろう。むしろ感謝されるくらいの出来ばえだ!

そんな彼のご自慢の囲炉裏を使って、みんなで炭火焼をすることになった。
ちょっと遅めの新年会だ!

集合は土曜の15時。
せっかくだからゆっくり飲みたい。ちょっと早目の集合だ。
メインは、やはり「肉」!僕は、中でも鳥肉が楽しみだった。炭火で焼いて一番旨いのは鳥肉だからだ!
チゲ鍋もやることになり各自パンパンの袋をぶら下げてスーパーをでた。
僕は、彼の家までとても我慢できず1人「プシュッ♪」っとフライング!
それを見てたナダも「やっぱイッちゃいますか!」とジョイント。
「いや~、明るいうちから飲み歩くってサイコー!!」

家に着くと僕は火おこしにかかる。外で炭を燃え上がらせて部屋に持ち込み炉にくべた。
「パチパチッ!!」
と赤く染まる炭の上に網を敷き、お待ちかねの鳥肉を乗せる。
「じゅう~~~~っ♪パチパチッ♪♪」
ニンニク、生姜、酒、醤油のタレが香ばしい匂いをあげ、滴る脂に炭火が奏でる。
これが焼きあがるまでは、塩コショウした牛カルビを炙り喰いしながらルービーをゴッキュゴキュ!
「くひ~~~~っ!!明けましておめでと~う!!っつ~よりうまいビールありがと~~!!」
こうして新年会は幕を開けた。

外は「パリッ!」っと中からは肉汁「じゅる!」っとニンニクがしみてて「まいう~~~!!」
まさに最高の焼き鳥!しかも、串の焼き鳥の大きさではなく、から揚げサイズくらいのこの大きさが僕は大好き!

チゲ鍋を仕込んでる間、網のうえに「えのき」と「ネギ」を置き、醤油をたらす。。。
したたる醤油は炭に落ち、香ばしい煙を巻き上げ「えのき」「ねぎ」へと帰ってくる。
「こりゃ~やっぱ炭火焼きの醍醐味だね!この香り、味、雰囲気、だせる家なんてなかなか無いよ!」
みんなが口々にこの囲炉裏を絶賛。う~ん、本当に良い溜まり場ができたものだ。

チゲ鍋も炉に納めみんなでつつく。
やっぱ鍋はいい!みんなで丸くなってつつき酒を酌み交わし、そして温かい!

海老のダシがとってもうまく取れてて、最後の雑炊は最高にうまかった。
冬季オリンピックを見ながら酒は容易に空いていく。
深夜になると、一人潰れ、二人潰れ、僕も気付くと朝になっていた。

そして、目が覚めると気持ち悪くて寝返りがうてない。
それでも、数時間後にはそれをビールで迎え撃つ!
結局解散したのは日曜の19時。
丸1日強、飲んでたわけだが、こんな時間が取れることもめったに無くなってしまった僕ら高校の仲間。

たまには、良いだろう。こんな日があっても!

| コメント (0) | トラックバック (0)

DSC01628


やっぱ、冬に大切な友とつつくは鍋でしょう!
鍋の温かさに心もぽっかぽか♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

風神亭 (千歳烏山)

DSC01595


今日は、初めて浮気をしてみた。

烏山と言ったら「和市」。
いつもの小道を駅から歩き、小高い階段を登り、そこに出された「本日のおすすめ」に軽く目をやり、旬な料理と日本酒の相性を考え、思わずニヤリ!とし「和市」の扉を開ける。

しかし今日は、前々から気になっていた「和市」の隣にある「風神亭」へ。

他の人のブログでもカップル率の高さが際立つこの店だが、今日は綺麗どこの連れがいるので「これはチャンス!」と訪れてみた。
ガラガラ♪っと入ってみると古い木造りのコの字型カウンターが存在感を示す。
靴を脱ぎ15人ほど座れるカウンターに腰を降ろすと、まるで炉端焼きの様な心地良い空間。

まずは「生」。これがエビスというのが、これまた嬉しい。
「キンッキンッ♪」に冷えたジョッキを「ゴッキュゴキュッ♪」

「く~~~~~~っ!!」

この旨い「生」にベストなつまみが目白押し。
名物4品の中から「サモサ」と「シャシュリーク」を頼む。
「サモサ」はアフリカやインドで食べていたが、中身は野菜だったり、羊だったり、山羊だったり土地によって違う。
ここの「サモサ」は、カレー風味に味付けした挽肉を「カリッカリッ!」の衣で仕上げた絶品「サモサ」。
う~~ん、日本のはうまい!油も悪いもの使ってないもんな~。。。

次に「シャシュリーク」。これは、ウズベキスタンのほうで食べられる肉の串焼きだ。
「ラム」と「豚」からチョイスでき、僕は即決で「ラム」なのだが、連れの好みで「豚」を頼んだ。
300gはあろうかという肉の塊は、焼きあがると目の前で切って盛り付けてくれる。
ナイフを入れた瞬間に溢れる肉汁に僕らの涎も止まりません!
西荻窪本店の創業以来23年値段は変わらず520円。
大きめに切られた嬉しい大きさの肉を頬張れば溢れる脂。
それをエビスで洗い流す爽快感。。。こりゃ~やめらんね~ぞ、おい!

日本酒がメインの「和市」と比べ、ここは焼酎がメインのお店だ。数多くの銘柄が取り寄せられている。
烏山でも人気店の2軒だが、軒を連ねてうまくやっているものだと感心してしまう。
連れは、梅酒に頬を梅色に染めているが、僕は6種ほどの中から日本酒を頼んだ。

東京では、風神亭系列でしか飲めない水尾(長野)を始め、黒龍や浦霞など押さえどころを置いている。
僕は好きな「黒龍」を頼むと、それを見越して連れは「縞鯵」をチョイス。
やるじゃね~か、このヤロ~。

夏が旬の「縞鯵」も養殖技術が進み今はいつでも食べられる。
あじが良いから「あじ」と名の付いた「あじ」の中でも一番の高級魚「縞鯵」はやはりうまい。

そして、僕は〆に目を付けていた「ほやとこのわたの塩辛」を頼んだ。
もちろん台詞は「莫久来(ばくらい)くださ~い!」

店員さんも「ハイッ!莫久来!!」とニンマリ!
ねっとり絡み磯の香りが吹き抜ける。
う~~ん、燗酒でハーモニーを楽しみたいな~。
と思いきや気が付いたら0時前。「ええっ!?」
入ったのが7時前だったのに。。。

仕方なく重い腰を上げた今宵だが、また1人でゆっくり楽しみたいなと思った「風神亭」であった。
しかし、噂どおり客の8割はカップル(若くない)な状況のこのお店。
1人はちょっと肩身狭いような予感が頭をかすめる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

DSC01598


この次は、燗酒で莫久来を楽しみたい!

京王線「千歳烏山」駅より徒歩3分
世田谷区南烏山5-32-6   03-3308-8064

| コメント (0) | トラックバック (0)

焼き鳥 たかつ (布田)

DSC01593

寒い毎日に、燗酒が続いていた今日この頃。
たまには、氷をゴロゴロいわした酎ハイが飲みたくなり、今日は久しぶりに「たかつ」に来た。

布田駅より徒歩1分。
数少ない布田の飲み屋の中でも、相変わらず地元客に愛され続けている。

ここ「たかつ」は、調布界隈では「川上」と双璧をなす焼き鳥屋だ!
「川上」は吟味された日本酒とこだわりの焼き鳥を出す洗練された感じ。
一方「たかつ」は煙と氷のゴロゴロ音が心地良い大衆酒場だ。
スタイルは違うが、それぞれに行きたい気分の日がある。

店に近づくと換気扇から勢い良く煙が上がっている。
「おっ!焼いてる♪焼いてる♪」
「ガラガラガラ~。」
店を開けると相変わらずの狭い店内だが、そこが心地良い。

8席ほどのカウンターに腰を降ろし生を注文。
そしてすかさず「シソ巻き」と「とんちゃん」を注文。

「シソ巻き」は肉の間にシソが挟まれ、肉の脂とシソの香りが絶妙のハーモニーを醸し出す逸品。
遅く来ると無い事もしばしばの人気メニューだ。
これに自家製ミソをつけて頬張れば、容易に酒が空くのは間違いない!
こりゃ~やっぱ酎ハイでしょ♪

「レモンハイくださ~い♪」

そして同時に出てくる「とんちゃん」!
「とんちゃん」は、牛の大腸と玉ねぎを甘っ辛く炒めた絶品だ。
焼き鳥は、ご主人によって炭火で焼かれ、そのほかの料理は女将さんにつくられる。
僕にとってこの「とんちゃん」は、どこか「お袋の味!」なのである。

何杯差し替えてもらったであろう。。。
ほかにも「梅いり」や「りんご」などもあるが、やはりいつも「レモンハイ」で通してしまうのである。

酎ハイを飲んでいるとついつい下町に思い馳せてしまうのだが、地元でこういう気分にさせてくれる数少ない大衆酒場がこの「たかつ」なのである。


焼き鳥は1本100円~。酎ハイ 390円。

京王線「布田」駅より徒歩1分
0424-85-1417  国領町5-2-4
18:00~24:00  月曜定休

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »