« 囲炉裏 クラオ邸 | トップページ | おでん 宮鍵 (みやかぎ) 下北沢 »

居酒屋 和市 (千歳烏山)

DSC01667
今日は、久しぶりの和市。
小高い階段をあがりいつもの「本日のおすすめ」に目をやる。
この瞬間が、いつも通信簿をあけるときのような高揚感だ。
「ほっほ~~う。。。」
天然ブリ刺し、ほうぼう刺し、なまこ酢、飯蛸煮、甘鯛の湯葉包み煮、などなど。

土曜6時ということもあり、いつものカウンターに座れた。
さっそくお燗を頂きたいほど今日は寒い。
しかし、連れの就職祝いと僕の仕事が一段落ついたこともあり、まずはエビスで乾杯!
いや~、冬のビールもまた旨いな~♪
しっとり焼かれた「ふき味噌」を摘みながら春の匂いを感じる。

やっぱり今は「ブリ」でしょう。しかし「ほうぼう」もまた良い。
う~~ん、「合い盛りで!」またまた甘えてしまった。。。

そして、「福千歳」のぬる燗を頂く。
渋い陶器造りの燗徳利がまた良い。
そして頂く「天然ブリ」と「ほうぼう」。
豪快にバカでかく切られたブリをほうばるのも好きだが、ちょうど食べやすい大きさに切られた今日のブリもこれまた旨い!
そして、想像以上に旨いこの時期の「ほうぼう」!
極上の刺身に、これまた容易に酒はあいていく。

ここからは「鳳凰美田」の純米の燗でとおした。
すると和市さんからすっと差し入れがでてきた。
見ると見たことのない魚の一夜干し。
「和市さん、これなんていう魚ですか?」
「能登のほうで獲れる深海魚で「げんげ」っていうんだよ。」
「げんげ。。。?」
「幻の魚って書いて幻魚っていうんだよ」
「へ~~~。。。」
これまた、燗酒にぴったり。

う~~~ん、やっぱり居心地いいな~このお店。

久しぶりの和市を堪能した僕ら。
幻魚に触発されたのか、なぜか明日は多摩川で釣りをやる約束を交わしているのだった。
釣っても食べられないのにね。。。


« 囲炉裏 クラオ邸 | トップページ | おでん 宮鍵 (みやかぎ) 下北沢 »

東京(京王線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/8732058

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋 和市 (千歳烏山):

« 囲炉裏 クラオ邸 | トップページ | おでん 宮鍵 (みやかぎ) 下北沢 »