« つながり。。。 | トップページ | »

焼き鳥 たかつ (布田)

DSC01593

寒い毎日に、燗酒が続いていた今日この頃。
たまには、氷をゴロゴロいわした酎ハイが飲みたくなり、今日は久しぶりに「たかつ」に来た。

布田駅より徒歩1分。
数少ない布田の飲み屋の中でも、相変わらず地元客に愛され続けている。

ここ「たかつ」は、調布界隈では「川上」と双璧をなす焼き鳥屋だ!
「川上」は吟味された日本酒とこだわりの焼き鳥を出す洗練された感じ。
一方「たかつ」は煙と氷のゴロゴロ音が心地良い大衆酒場だ。
スタイルは違うが、それぞれに行きたい気分の日がある。

店に近づくと換気扇から勢い良く煙が上がっている。
「おっ!焼いてる♪焼いてる♪」
「ガラガラガラ~。」
店を開けると相変わらずの狭い店内だが、そこが心地良い。

8席ほどのカウンターに腰を降ろし生を注文。
そしてすかさず「シソ巻き」と「とんちゃん」を注文。

「シソ巻き」は肉の間にシソが挟まれ、肉の脂とシソの香りが絶妙のハーモニーを醸し出す逸品。
遅く来ると無い事もしばしばの人気メニューだ。
これに自家製ミソをつけて頬張れば、容易に酒が空くのは間違いない!
こりゃ~やっぱ酎ハイでしょ♪

「レモンハイくださ~い♪」

そして同時に出てくる「とんちゃん」!
「とんちゃん」は、牛の大腸と玉ねぎを甘っ辛く炒めた絶品だ。
焼き鳥は、ご主人によって炭火で焼かれ、そのほかの料理は女将さんにつくられる。
僕にとってこの「とんちゃん」は、どこか「お袋の味!」なのである。

何杯差し替えてもらったであろう。。。
ほかにも「梅いり」や「りんご」などもあるが、やはりいつも「レモンハイ」で通してしまうのである。

酎ハイを飲んでいるとついつい下町に思い馳せてしまうのだが、地元でこういう気分にさせてくれる数少ない大衆酒場がこの「たかつ」なのである。


焼き鳥は1本100円~。酎ハイ 390円。

京王線「布田」駅より徒歩1分
0424-85-1417  国領町5-2-4
18:00~24:00  月曜定休


« つながり。。。 | トップページ | »

東京(京王線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/8531021

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き鳥 たかつ (布田):

« つながり。。。 | トップページ | »