« 鳥料理 焼き鳥 鳥久 (とりきゅう) 阿佐ヶ谷 | トップページ | こごみ »

天晴れ!外国人の粋な計らい!(新橋)

Dsc01940


今日は友達のお誘いで劇団四季「ライオンキング」を観てきた。
いや~すごかった!
ひとつひとつの細かいテクニックは勿論のこと、舞台展開がやっぱプロだね~。
大変感動し、勉強になった。
その後、僕らは有楽町へ!
ビックカメラ前に謎の人だかり。
すれ違い様「マイケル・ジャクソンだよ!」との声を聞く。
マジっすか?
しかし、待ったあげく出てきたのは誰だかわかんない男女4人組。
ここでマイケルがでてくりゃホッピーあおりに「登運とん」にでも行ったんだが、僕らは意気消沈してカフェへと消えた。

友人と別れ時計を見ると7時過ぎ。
とりあえず新橋まで歩きオアシスを探す。
今日が土曜じゃなければ「鈴傳」に行って中国の酒友に思い馳せたかったな~。。。

ならばと彼行きつけの「魚金」に行くが表も裏も共に満席。
徘徊することしばし、一軒の炉端焼きに入った。

ワールドカップの影響もありすいた店内は、器用にはしで「鴨鍋」を食べる外国人テーブル客と僕だけ。
2合徳利に冷酒をもらい「鮭の麹漬け」を肴にチビリチビリ♪
うん!この北海道の冷酒もうまいし店の雰囲気も素敵だ。
週末には落語家を招いての寄席もあるそうで、なかなか年季の入った店構えだ。

テーブルの外国人が焼酎をロックで飲みながら器用に鴨鍋をつついているのも滑稽で趣がある。
愉しい酒に興じていることしばし、やはりそれは続かなかった。

どかどかどかっ!!っと鳶の集団が入ってきた。
かなり出来上がっている様子。
ビールを人数分頼んだのかと思いきや、注いでる最中に「やっぱウーロンハイ」とほざく始末。。。
これには、お店の人も苦笑い。
僕のところにも「騒がしくてすみません」と言いにくる。
しまいには腕相撲を始めだした男達。
そんな時生ビールを2つ注文した外国人。
焼酎のロックを片手に生も頼むとは変わった注文だな~とチラ見。
すると、困り顔の店員のおばちゃん2人を呼び寄せ、
「気にしない、気にしない。」
と言いたげな素振りで生をご馳走する。

これを日本人がやっても別になんとも思わなかったかもしれないが、今日のことは僕の目にはものすごく「粋」に映った。
男達の場を弁えない振る舞いに同じ日本人として恥じるとともに、江戸っ子の振る舞いができる外国人に感動した新橋の夜だった。


« 鳥料理 焼き鳥 鳥久 (とりきゅう) 阿佐ヶ谷 | トップページ | こごみ »

東京(新橋、虎ノ門、有楽町)」カテゴリの記事

コメント

久々の更新、待ってました。
ライオンキング、僕も前に見たことがありますが、正直見る前は期待していなかったこともあって、動物の表現にはとても驚きました。特に、キリンやゾウ!
日本酒ゼロの生活をしている身には、「鈴傳」「魚金」って言葉は何とも魅力的に響きます。。しかし、この店もなかなか良さそうですね!何という名前ですか?
こちらは飲むこと=大勢で騒ぐことと同義と言ってもいいくらいで、ある意味、この店の鳶みたいな人が多いです(笑)この外国人のような粋な人に出会いたいなあとは思っているのですが。。

投稿: 酒徒 | 2006/06/12 14:26

この日は、酒徒さんとの思い出の夜に思い馳せていたのですが、このようになってしまいました。
実は、魚金が一杯だったのですが刺身が食べたく、駅前広場に程近い「三州屋」に入ってみました。
「大衆割烹」を謳っているわりには刺身が高く驚きました。
でも、でてきた鰹は背肉の旨いところで、許せる範囲だったのですが、やはり魚金に行きたくすぐにでました。
魚金は9時をまわっても空く気配無く、左前にも炉端焼き(たしか武蔵)があったのですが、僕はその先の店に入りました。酒徒さんならこれでわかって頂けると思います。
今回はお店のことがメインではないので店名は控えさせて頂きました。
中国人の「粋」、拝見したいものです。

投稿: 酒天童子 | 2006/06/12 15:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/10478016

この記事へのトラックバック一覧です: 天晴れ!外国人の粋な計らい!(新橋):

« 鳥料理 焼き鳥 鳥久 (とりきゅう) 阿佐ヶ谷 | トップページ | こごみ »