« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

蒲田の居酒屋にて

今回の八重山行き。
飛行機は早朝の第1便であった。
僕の家からでは、始発に乗っても間に合わないため、前日の夜に空港に向かう予定だった。
しかし、海外ボケしてる僕の計画とは裏腹に、羽田は23:30に閉まると言う。
仕方ないので、蒲田駅の漫画喫茶で時間を潰すこととなった。

京急蒲田に着くと、駅前になんとも良い雰囲気の居酒屋が♪
まずは、旅立ちを祝して一杯飲むか!

「がらがらがらっ」

10席ほどのカウンターのみのお店はかなり年季が入っている。
僕は背負っていたバックパックと右手に持ってた三線を置くと、隣の常連が話しかけてきた。

「それ、三味線ですか?」

内地の人は三味線との区別をつけるため「蛇皮線」などと呼ぶが、沖縄の人は三味線、または三線と呼ぶ。
この問いかけでわかる通り、この人は沖縄出身の人だった。

なんたる偶然。
そして、明日から八重山に行くこと、今日が誕生日であることを話すと
「この人に生ひとつね~!」
とご馳走までしてくれて。。。

他のお客さんも帰ると、女将さんと3人で深い話が始まった。

僕の友人に、2次大戦に出兵した元日本兵とその日本兵に家族を虐殺されたフィリピンの人の友好に尽力している人がいる。

戦後60年が経って、その時の行いを悔いる元日本兵の方が、当時を振り返り語りだした。
その様子をビデオに撮って、フィリピンの人に届けるのだ。
僕も、その活動に参加させてもらい2月にフィリピンに行く。

そんな話を力説していると、女将さんの目から涙が溢れた。
女将さんは、2次大戦中、疎開先で病気にかかり片目を失った。
そして、偶然にも明日は、残された目の白内障の手術だと言う。

今日以降光を失ってしまうかもしれないその目から流れた涙は僕の胸を締め付けた。
今年ももうすぐ、2次大戦の爪あと残る日がやってくる。

その日、どれだけの人間がどれだけ様々な想いを馳せるのか。

戦争が残すのは、負の遺産のみ。
2次大戦体験者の話が聞けるのは、あとわずか。

それ以降、次の世代へと伝えていくのは、何も知らない僕らなのだ。
「戦争を繰り返さないために」
僕らは、事実を知り、事実を伝えていかなければならない。

| コメント (2) | トラックバック (0)

オリオンビール祭り(石垣島)

Dsc02140


今回の旅の締めくくりは、この「オリオンビール祭り」だ。
名前の通りオリオンビール主催のこのお祭りは、毎年行われ15000人が島内外から集まる。

目玉はもちろんビールだが、毎年参加するアーティストもなかなかのものだ。
数年前はBEGIN!去年はD-51など。
今年はいまいちパッとする出演者はいなかったが、ラテンバンドの演奏に踊りまくる島の人々。
やっぱりここはある意味日本ではない。

この日はビールがなんと一杯200円!
買う人も一度に10個近くをトレーで運んでいく。
いや~、顔なんかベットベトなんだけど、夜の石垣の風と人々の熱気が心地良く、ビールは最高にうまい!

3時間ほどで祭りは終わったのだが、あっというまに引いていく島民たち。
僕らの感覚だと、いつまでも会場となった公園に居座り、まだまだ仲間と酒宴に興じるのに。。。
この辺の、メリハリがちょっと不思議。

あとは、家に帰って島酒を思いっきり飲むんだろうな。
こっちの人が10時やそこらで切り上げるわけが無い。
きっと思い思いの仲間と朝まで飲んだに違いない。

だって、島の商店などほとんどのお店が、観光シーズンだというのに店を閉めてまで参加するお祭りなのだから。
僕らも、宿に戻り島在住の仲間と飲み明かしました。

| コメント (2) | トラックバック (0)

竹の子(竹富島)

02010107


竹富島は集落自体が貴重な文化遺産である。
朝は7時から住民みんなでほうきを手に掃除を始め、島の土地は売らないようにするなど徹底した保存意識が伺える。
昔からの珊瑚でできた石垣には布団が干され、赤瓦の屋根は澄み切った空に映え、集落一帯に敷き詰められた眩しいばかりの白砂のうえを子どもは無邪気に走り回る。

八重山の中でも、一際古き良きの残る場所と言えよう。

そんな集落の外れにぽつんと一軒のそば屋がたつ。
赤瓦つくりのこのそば屋はなんとも言えない佇まいで竹富の景色に溶け込んでいる。

昼時には行列をつくるここの名物はやはり「ソーキそば」。
しかし、僕は「焼きそば」に注目した!!

大半の観光客が「ソーキ」や「八重山そば」を食べる中、僕の「焼きそば」が運ばれてくる。
これって八重山そばを使っているのかな?
太い麺は、タレとねっとり絡んで絶妙なお味!
昔懐かしい、どこか給食で食べたことのあるような郷愁漂う優しい味だ。

壁には、芸能人のサインもたくさんあり、みんな飲んでいる写真がある。
そう!ここは、夜は居酒屋になるのだ。

20人ほど入れるこの空間できっと夜な夜な楽しい宴が開かれているに違いない。
集落に住んでいる人の暮らしをもっと見たかったと同時に、この店で一晩過ごしたかったことが、日帰りというのを悔やませた。

昼の部 10:30 ~ 16:00 (そばはなくなり次第終了)
夜の部 18:30 ~ 24:00 (ラストオーダー22:30)

沖縄県八重山郡竹富町字竹富101-1  0980-85-2251 

| コメント (0) | トラックバック (0)

焼肉 金城(石垣島)

Dsc02131

僕が、沖縄で食べてみたい3大美味は「にしきえび」「やしがに」「石垣牛」である。
今日のお店は、なんと月に1回、石垣牛半額DAYを設けているのだ。

毎月1日は(なぜか)肉の日で、石垣牛の「特上ロース1570円」「特上カルビ1570円」「カルビ」「ロース」「ミノ」などがすべて半額になるのだ。

今日は、7月1日!
こりゃ~もちろん特上いくしかないでしょ~♪

出てきた「特上ロース」と「特上カルビ」はこのまま山葵ぬって食べたいぐらい瑞々しく、サシがきめ細かい。
備長炭の火力でサッと炙り、タレをつけて頬張る。
むう~~~っ!柔らか~い!!
そして、脂のノリがまさに大トロ!
フワッ♪っと消えてしまう究極のお肉の旨みをビールでキュ~~~ッ!っと洗い流す。
最っ高。。。

次は食べ比べに普通の「カルビ」を頂く。
じつは僕はこっちの方が楽しみだった。
さっきの特上はあの値段出せば、うまい肉は東京でも食べられるからだ。
このカルビは780円(たしか)。
これで真価がわかるというもの。

筋っぽさを感じさせない繊細で綺麗な肉だな~。
さっきよりも焼き目をつけて頂く。

う~~~ん。独特の牛の香りと旨みが口に広がる。
僕は、特上よりこっちのほうが好きかも~!!

連れは、肉のにおいが強い。と言っていたが、僕に言わせりゃ
「これが石垣牛だろう!」
ってなもんである。

う~~ん、うまい!!
そして、何と言ってもうれしいのが、僕が東京でも愛飲している石垣島の泡盛
「白百合」が置いてあることだ。
石垣牛を摘みに石垣島で「白百合」が飲める!
牛の脂のうまさを「白百合」の泥臭さで洗い流す、この野蛮さがたまらない。
この上ない地のうまさを痛感した「金城」であった。

尚、肉の日は40~50分ほど待つので、食べられる時間も90分と決められている。

石垣市美崎町11-1   0980-84-2929
営業時間
午前の部 Am11:30~Pm 3:00
午後の部 Pm 5:00~Pm12:00(LオーダーPm11:30)
※Pm3:00~Pm5:00間は、休憩のための閉店時間です
毎週 火曜日休日

| コメント (0) | トラックバック (0)

明石食堂(石垣島)

Dsc02052


さて、まずは断言しよう。
僕はここ10年毎年沖縄に行き、そばを食べてきたが、ここのそばが一番うまい!!

場所は石垣島の北部、明石地区。
車で1時間弱、路線バスで約1時間のこの場所を訪れるのは少々骨が折れる。
しか~し、一度ここのそばを食べたら何度でも折りたくなる!

店に着くと駐車場はレンタカーと地元の車で一杯。
店先にも10人ほど並んでいたが、居酒屋や焼肉屋ではない。
15分ほどで店内に通された。

注目はやはり「ソーキそば」。
9時間も煮込まれたソーキは とろっとろっ♪
こんなうまいソーキは食べたこと無い。
分厚いソーキに噛み付けば、口一杯に溢れる肉汁とスープ。
たっぷり煮込まれた軟骨は程よい食感を醸し出している。

そして、スープもここでしか味わえない特別なもの。
まるで、牛のすじ煮のような少し赤味噌っぽいような、なんとも言えない濃厚なスープは類を見ない。
これが、八重山の丸麺と完璧にマッチ!

ソーキはバラ売りもしていて、野菜そばにソーキを1枚トッピングしている人もいた。
そして、なぜか地元の人はほとんどがカツ丼を頼んでいた。
これも、美味に違いない。

結局石垣に居たこの日しか行けなかったのだが、この日以来帰るまでの5日間、僕は1日1回は
「明石食堂のソーキそば~!」
とだだをこねるのであった。

時間さえあれば車で1時間の道のりを自転車でも食べに行きたい!
そう思わせてくれた「明石食堂」であった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

02010004


これがそのそば!
中が740円だったがそのほかはよく覚えていない。ほかに、八重山そば、野菜そば、カツ丼、カツ定食あり。
八重山そば(肉が塊ではなく細かく刻んである)などはどこの店も500円くらいだが、ソーキとなるとプラス200円が相場である。

石垣市伊原間431  明石バス停横 0980-89-2447
営業時間  11:00~16:00  定休日 月曜 火曜

| コメント (0) | トラックバック (0)

マルハ鮮魚(石垣島)

Dsc02125

さ~てこれからしばらく続きますよ!石垣島周辺の八重山行脚!!
まずは、石垣島に入港すると港内に目を惹くこの店がある。
一見、魚屋さん。
しかし、店先に並べられたテーブルにはorionのジョッキ片手に刺身をつつく常連たちの姿がある。
朝8:00~夜8:00頃まで開いているこの店には、昼下がりにフェリーを待つ観光客、夕方仕事上がりに一杯やりにくる客、様々な客が後を絶たない。

このお店では、店内に並ぶパック詰めされた、「鮪」、「かじき」、「いか」などの刺身を自分で選び、その際お店の人に「生ね~!」と告げてテーブルにて待つ。
すると間もなく運ばれてきたキンキンッ!のorionで新鮮な刺身が頂けるというわけだ。

刺身はどれも500円だが、このボリュームときたらさすが漁港!
祭りや縁日の出店のヤキソバやたこ焼きを入れるパックに目一杯入って500円なのだ。
なんといっても石垣島近くの海で獲れた魚をorionで頂けること。
そして、石垣島の太陽の下、海を見ながらジョッキを傾けられるのはこたえられない!

僕は、「突きん棒」で有名な「かじき」を選んだ。
「突きん棒」とは船上から銛で突いて仕留める漁法だ。
身の色はうすいピンクで、「まかじき」ではなく「めかじき」であろう。

しっとりしつつも脂があり、すこしゆるいような南国特有の刺身。
この温かく美しい海を悠々と泳ぐ姿を思い浮かべながらジョッキを傾け続けた。

沖縄県石垣市美崎町 1 - 13   0980 - 82 - 0557
8:00~20:00くらいまで

| コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »