« 茶寮 都路里 (つじり) 京都 | トップページ | ケニア料理 »

波照間島

9_1


すっかり涼しくなり、夏も終わったと感じていた今日この頃。
今日は、朝から太陽がまぶしく夏をなつかしく思い出させた。

今年の7月に訪れた、日本最南端の有人島。
かつて、波照間は「はてうるま」と呼ばれていた。
「うるま」とは、珊瑚礁でできた島のことである。
なんとしっくりくる名前であろうか。。。

石垣島から高速船を飛ばすこと1時間。
途中、竹富や西表などを横目についに波照間へとやってきた。

島に降り立った瞬間、日差しが地面を焼いている音が感じられる。
「じりじりじりじり~っ。。。」

そして、ここの海は沖縄の中、いや、八重山の中でもまさに別格。

自己主張200%の海は環礁の外に紺碧の美しさを持ち、この島を他の世界とは遮断しているように感じられた。
そして、波照間と言えば、ご存知「泡波」。

幻の泡盛と呼ばれるこの泡盛は、ネット価格1万円という根強い人気を誇る。
飲んだことのない人は、都内のお店で是非1度お試しあれ。
人気の理由が、解って頂けるであろう。

島では600円で売っている泡波だが、いかんせん生産量が少なく島の商店に並ぶことも稀なのだ。
これでは、島外の人が入手するのは、文字通り「幻」である。

夜になっても、少しも涼しくならないが、べとつく潮風が心地良く、この中で飲めるOrion は最高にうまい!
そしてそして、ここで飲める「泡波」がうまくないわけがない!!

泡波の風味が、潮風と共に鼻へ抜けるこのうまみ。。。
体中の五感すべてで味わえる喜び。

地で地のものを!
などという言葉を超越した至福がここにある。

いつになるかは分からないが、また必ず再訪したいと心に誓った波照間の夜だった。


« 茶寮 都路里 (つじり) 京都 | トップページ | ケニア料理 »

沖縄」カテゴリの記事

コメント

この海はすごい・・・しばし見とれました。

こんな景色を見ながら泡波を飲めるなんて。・・・はあ。もうため息しか出ませんね(笑)

投稿: 酒徒 | 2006/09/19 19:27

そうなんです。。。ほんとにため息つきたくなるほど綺麗なんです^-^

一般的には、手に入りませんが、波照間の民宿に泊まればだいたいどこでも泡波を夜に出してくれます。
これってすごくお得感もあり、島の文化も同時に感じられ、宿の主人やお客と打ち解けられる素晴らしいサービスですよね~☆

投稿: 酒天童子 | 2006/09/20 01:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/11955429

この記事へのトラックバック一覧です: 波照間島:

« 茶寮 都路里 (つじり) 京都 | トップページ | ケニア料理 »