« 至福の宅飲み! | トップページ | 文責 »

久しぶりの たかつ(布田)

今日は、久しぶりに地元の焼き鳥屋「たかつ」に来た。
相変わらずもうもうとした煙が目に沁みる。

お決まりの「皮」「シソ巻き」「かしら」をタレで食いながら、傾けるはレモンハイ。
調布には、銘酒焼き鳥屋「川上」もあるのだが、どうも僕は「たかつ」に来ることが多い。

ジャージにサンダルつっかけて気軽に入れるこの店の良さは、まさに大衆酒場の空気が漂っているところにある。
今日も常連が品のないネタのような話を飛ばしている。

「いや~俺、最近下血が続いててよ~医者に酒止められてるから、昼間は蕎麦屋で蕎麦湯割り飲んでんだよ~。ありゃ~カラダに良いよ絶対!うん良いに決まっている!でも血が止まんね~んだよ。どう思う?大将。。。」

「大将~俺も昼間競輪がんばってんだよ~。」
「あんたがこいでるんじゃないでしょ。」
「おりゃ~あんなのこげね~よ。血が出ちゃうもの!」

大衆酒場にはこの手のオヤジがつきものだ。
会話するわけでもなく、なんとなく耳から入ってくるこんな会話が肴になる。
こんなところが、大衆酒場の良いところだろう。

なぜか、こんな店が地元にあることにほっとしてしまう「たかつ」の夜であった。

(前回の記事はこちら) 
http://pamoja-earth.air-nifty.com/pamoja/2006/02/post_ad59.html#comments 


« 至福の宅飲み! | トップページ | 文責 »

東京(京王線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/12436581

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの たかつ(布田):

« 至福の宅飲み! | トップページ | 文責 »