« もつ焼き ささのや(根岸) | トップページ | 焼き鳥 川上 (調布) »

焼き鳥 いせや 総本店 (吉祥寺)

Dsc01197


今年9月、吉祥寺の長い歴史に一つの幕が下りた。
それは、吉祥寺界隈では誰もが知っている焼き鳥屋「いせや」の閉店である。

実質は休業と呼んだ方が良いかもしれない。
いや、仮店舗にて営業再開しているのだから、単なる「建て直し」と呼ぶのが妥当か。。。

しかし、あの佇まいを見せることはもう2度とない。
昭和3年に創業、昭和28年から写真の状態で商売が続けられてきた。
写真は、去年の9月のもの。
開店当初は1串10円から始め、5円ごとに値段を上げ今の80円に至っているのにも歴史が感じられる。
平日も休日も老若男女が詰めかけ、店頭の立ち飲みや店内のカウンターで串を頬張る。

僕も、高校の頃に自転車で通るたびに「いつか1人で入ってやる!!」と野望を燃やしたものだ。

ここで、名物の「シュウマイ」を箸で割りながら、瓶ビール片手に焼き鳥を待つ。
あの瞬間が幸せだったな~。。。

店は老朽化によって建て直されるとのこと、仕方ないことなのだが、いかんせん寂し過ぎる。
以前、地方出身の友達を連れて行ったとき「ゴムみたいな焼き鳥」と例えられたが、1本80円でこの雰囲気!
あまりにも繊細で美味いものが出てきたら、それこそ店の雰囲気と合わない。
こういった店は、味はそこそこの方が店のすべてを味わえるものである。

2008年春頃、ビルに建て替えられた1階と2階を使って「いせや」は再オープンするそう。
どうなるんだろうな~。
でもやっぱりこれだけ地元のみんなに愛されたお店は、また独自の雰囲気を創り上げ、景観に馴染むのだろうな。
北千住の「大はし」のように。

同じように古い公園店は未だ元気に営業中。
郷愁に浸りたい時は、みんなこっちに流れるのだろうな。
早く、井の頭公園が花の香りに包まれる春が訪れないかなぁ。。。

Dsc01196

地元に愛され続けた「いせや」。
ひとまず、お疲れ様。

「総本店」
「吉祥寺」駅より徒歩5分
武蔵野市御殿山1-2-1 0422-47-1008 
定休 火曜日 
12:00~22:00 
2008年春、再オープン予定

現在、吉祥寺駅北口の旧三越ビル裏手にプレハブを建て仮店舗営業中。
メニュー、値段、定休日すべて同じ。


「公園店」
「吉祥寺」駅より徒歩5分
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-8  0422-43-2806 
定休 月曜


« もつ焼き ささのや(根岸) | トップページ | 焼き鳥 川上 (調布) »

東京(吉祥寺、三鷹)」カテゴリの記事

コメント

ですよね~
吉祥寺フリークにとってここが無くなるのは寂しいですね。

投稿: 夫婦でデート | 2006/11/30 17:13

初めまして。
ここだけが吉祥寺ではないのですが、ここなくして吉祥寺は語れないですよね~。
天気の良い日は、ムンタージにてランチカレーとキングフィッシャーを飲みつつ、コンビニでワンカップを買い、公園店で持ち帰りの串を何本かもって公園で日向ぼっこ。

何年先にも残っていてほしい慣習がここにあります。

投稿: 酒天童子 | 2006/11/30 22:16

えええええええ?いせやが??


これだけでコメントを終わりたくなるような衝撃です。。


シュウマイ、学生時代以来食べてないけど好きだったなあ。
やはり、公園店に通ってしまいそうな気がしますねえ。。。

投稿: 酒徒 | 2006/12/01 02:40

随分前から工事の予告は出ていたので、死期を宣告された患者のように心の準備はしていましたが、あの景観からぱったり消えてしまったのは、本当に亡くなったような気持ちでした。
シュウマイの美味い大衆酒場っていいところ多いですよね!

投稿: 酒天童子 | 2006/12/01 19:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/12878970

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き鳥 いせや 総本店 (吉祥寺):

» さよなら『いせや』 [夫婦でデート]
さよなら『いせや』と言ってもなくなる訳ではないので(笑)吉祥寺フリークなら誰で [続きを読む]

受信: 2006/11/30 17:24

« もつ焼き ささのや(根岸) | トップページ | 焼き鳥 川上 (調布) »