« 岸田屋 (月島) | トップページ | 広瀬川 FOREST (森民酒造本家) »

おうちでニライカナイ!

Dsc02859

知り合ってもうすぐ1年。
仕事の上でも、プライベートでも常日頃お世話になっている友を家に招いた。

うちからなんとか自転車で行ける範囲に住んでいる彼女が引越してしまうのと、石垣島より友が酒を送ってきてくれたのが、タイミング的に重なったからだ。

石垣島より送られてきた「泡盛」は以上のラインナップ。
手前から「泡波 波照間」「海波 与那国」「白百合 石垣」「豊見親 宮古」
「いりおもて 西表」「月桃の花 宮古」。

こっちで買ったらいくらするのであろうと感謝感謝の贈り物。
そして、これらの泡盛と一緒に送られてきた「石垣島ラー油」。
みなさんご存知であろうか?

最近偶然TVで観た情報で、「全国お取り寄せ困難ランキング」なるものに7位としてランクインされており、なんと3ヶ月待ちというラー油なのだ。

Dsc02816

このラー油には以下のものが入っている。
■島唐辛子 タイの唐辛子に負けぬほど辛い唐辛子です。独特の甘味があります。
■春秋ウコン 肝臓を元気にしてくれるクルクミンが豊富なスパイスです。
■ピパーチ 別名「島コショウ」。家の周りの珊瑚の石垣に自生している島独特の香辛料。
■石垣の塩 ずばり、石垣の海から作ったミネラル豊富な美味しいお塩です。
■黒糖 石垣島のサトウキビからできた黒砂糖です。
■ニンニク ご存知ニンニクパワーは石垣島ラー油の名脇役です。
■白ゴマ 風味はもちろんのこと、活性酸素を撃退してくれるゴマリグナンも参加!
■黒豆 黒豆で作った味噌を使っています。
■山椒 石垣で山椒は採れないので本場中国の西安から送ってもらっています。
■食物油 オリーブオイルとサラダ油を混合して作っています。

これが舐めてみると全然辛くなく、濃厚な「ごま油」のようだ。
餃子やアボガドにかけて食べると、これが滅法うまい!

ということで、この日の1品目は「鮪トロとアボガドの石垣島ラー油かけ」。

Dsc02848

本当は、紅トロと和えたかったのだが、朝スーパーに行くと解凍されていないサーモンしかなかったのだ。
これでは間に合わないと鮪に急遽変更。

これが大正解で絶妙なうまさ。
アボガドは4日前に買って常温で熟れさせたので、歯ごたえの中にも脂を流し、トロは鮪の美味さを溢れさせ、このラー油がうまくそれらを包む。ちょっと醤油をつけて頂けば、これは至福のうまさ。

まずは、と開けた「エビス」がこれまたうまい!
同時に出したのが「エリンギとツブ貝のオリーブ焼き」。
Dsc02850

オリーブオイルに潰したニンニクを入れて炒め、石垣島の天然塩でシンプルに味を調える。
エリンギの食感とツブ貝の歯ごたえがニンニクの香りに包まれて酒がすすみます。

さあ、いよいよ島酒(泡盛)に入りましょう。
この中でも、注目は与那国島の「海波 (かいは)」!

実はこれが「にごり酒」なのである。
与那国の「にごり」といえば、「濁 (だく)」がよぎる。
千歳烏山の和市でなんどか頂いた。

この「海波」が実にうまい!飲みやすい中に独特な甘みと味の深さ。
これが、ロックでも、水割りでもうまい。でもやっぱりストレートが一番その酒の味がわかるな~。
以前、鹿児島でロックで飲んだときに、たまたま隣にその酒蔵の人がいて
「俺たちはお湯割りにしてもらうように造ってんだ!」とおこられたことがあったけど。。。

そしてやっぱり「泡波」はうまいよ。
ネット価格、1本1万円の泡波。波照間島にいても滅多に買えないこのお酒。
ほとんどは、民宿やおうちに直接卸されてしまうからだ。
これを今回2本も送ってきてくれた。ただ感謝である。

次にうちの祖母直伝、「かぼちゃの田舎味噌煮」。

Dsc02849

「かぼちゃ」を半分すって、半分は切って「長野の田舎味噌」で煮ます。
そこに、「しめじ」「獅子唐」「厚揚げ」をいれる。
「しめじ」の食感が「かぼちゃ」の柔らかさにアクセントを与え、「獅子唐」の辛さが「かぼちゃ」の甘みと反した刺激、「厚揚げ」の脂としっとり感が味噌とマッチ!
そぼくな温かさに酒がぐいぐい進みます。

さて、この日はメインに「鮟鱇の小鍋仕立て」を用意しました。

Dsc02851

昆布でダシをとって「春菊」「深谷葱」「柚子」と一緒に「鮟鱇」の肝や身をぐっつぐつやります。
これを、「もみじおろし」「浅葱」「柚子」の薬味とポン酢でお好みに!

いや~こりゃ~今日は贅沢だな~。
友のおかげで僕も贅沢な食材を使うことができました。

肝を溶いた煮汁で「雑炊」をつくり、腹も満たされあとはひたすら飲みに!
友が持ってきてくれた成城の有名な練り物屋の「さつま揚げ」。

Dsc02861


そして、「島らっきょう」を摘みながら酒瓶が1本空き、2本空き。。。。

13時から飲み始め、気がつくと夜中の1時。
千鳥足でTAXIをつかまえ、友を見送りました。
いや~やっぱ九州出身の子は飲むな~。

これを書いている今も、昨日の余り物で飲んでいるのですが、休みの昼間から飲む酒は平日の夜の酒とは、まったく違ったうまさがありますね。
そして、人と飲めるうまさが、たまには心地良いと感じた週末でした。


« 岸田屋 (月島) | トップページ | 広瀬川 FOREST (森民酒造本家) »

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/13690104

この記事へのトラックバック一覧です: おうちでニライカナイ!:

« 岸田屋 (月島) | トップページ | 広瀬川 FOREST (森民酒造本家) »