« 鬼怒川温泉 | トップページ | 吉祥寺王道コース!その壱 (吉祥寺) »

寿司の美登利 総本店 (梅ヶ丘)

さて、この日は午前中都内に出て一段落ついた。
都内でこんな時間からフリーになれるなんてそうそう無い。
こりゃ~どっかのランチを食べるか、飲みに行くか。

まっさきに頭をよぎったのは、もつ焼きで有名な立石の「宇ち多」とこれまた寿司の有名店「すきやばし 次郎 豊洲店」のランチである。

しかし、しばらく思案した結果帰り道の小田急線沿線の中から考えることにした。
軽く寿司を摘みながら日本酒が飲みたいな~。。
ということで「梅ヶ丘」で途中下車。
お目当てはここも有名店「寿司の美登利」。
「美登利寿司」と呼ばれることも多いが、正式には「寿司の美登利」らしい。

Dsc02970

梅ヶ丘には、本館と新館が向かい合うように並んでおり、どちらにも絶えず長蛇の列ができている。
この時、僕は大切なことを忘れていたことに気付いた。

この店もランチやってたんだ!
しかもまだランチの時間帯だったんだ!

そうだよな、そうだよな~。普通やってるよな~。
僕は普通に摘むつもりで来たんだよ~。ランチとして来たんじゃないの。
だから特別枠で入れてください!

ってなわけにいくわけもないので、この場はあきらめました。
いつもは待つのを覚悟で来ているので、構わないのだが今日は早く酒が飲みたい。
この長蛇の具合だと1時間は待たされるからである。

値段はすごく手ごろで850円~2000円までの4種類。
でも、カウンターに座れずテーブルで相席にでもされて摘む寿司ほどまずいものはない。

仕方ないので、テイクアウトのコーナーに行きました。
寿司はその場で食うもの!というポリシーがあり今まで入ったこともなかったのだが、ここの持ち帰り寿司は素晴らしいな!

1個ずつから好きなネタが選べるようになっていたり、エンガワや鯵など1種類のネタが4つ入って売られていたり、値段別で1人前のにぎりが売られたりしている。
しかも安いな~。
この日買った「鯵 4かん」「鮭 3かん」のパックはそれぞれ220円と210円。

値段的には、小僧寿しやコンビニの寿司とほとんど変わらない。
でも、ネタの質は間違いなく寿司屋のもの。

Dsc02972

この日は、帰りに日本酒を買いこみ好きな本を読みながら美味しく頂きました。
寿司の美登利は二子玉川や銀座など4店舗をかまえるようだが、その流れをくんでいるのか都内には同じ名前の店がいくつか存在する。

よく比較されるのが、有名な「まぐろ人」。
でも、僕は圧倒的に「寿司の美登利」を推したい。

「まぐろ人」は産地直送でハタやヤガラなどの面白いネタが日によって揃っている。
しかし、同じように飲み食いした時安く収まるのも「寿司の美登利」だし、職人さんの質も勝っている気がするのだ。
握ってもらって目の前に置かれた瞬間「ふっ。。」っとシャリが沈んだのにはビックリした。
そのうえ緩いわけではなく口の中で「はらり。」とほぐれる。

たいてい、「旬のひかりもの尽くし」なんかで鯖や鰯なんかを摘みながら田酒や浦霞を頂く。
お酒も500円~700円程度と良心的な価格だったと記憶している。

そして、塩で頂く烏賊の握りや穴子などを追加する。
ビール1杯と日本酒2杯飲み、握りもそこそこ頂いて4000円弱だった。

気軽に入れるカウンターの店「寿司の美登利」。
味もコスパも最高なのだが、いつ行っても並ばなくてはならないのが、玉に瑕かな。
まあ、あの時間が持てるならむしろ並ぶ時間はテンションを高めていくのに必要な時間かもしれない。
などと寿司に関してはちょっとMなんです。。。


小田急線「梅ヶ丘」駅から徒歩1分
東京都世田谷区梅丘1-20-7
TEL:03-3429-1166

月曜~金曜 11:00~14:00 16:30~22:00
土曜 11:00~22:00
日曜・祝日 11:00~21:00


« 鬼怒川温泉 | トップページ | 吉祥寺王道コース!その壱 (吉祥寺) »

東京(下北沢、梅ヶ丘、豪徳寺、喜多見、狛江)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/14090628

この記事へのトラックバック一覧です: 寿司の美登利 総本店 (梅ヶ丘):

« 鬼怒川温泉 | トップページ | 吉祥寺王道コース!その壱 (吉祥寺) »