« 立ち飲み講義?大きなお世話だ馬鹿ヤロー!! | トップページ | 居酒屋 ひげ坊主 (月島) »

立ち飲み 大島や (月島)

すっかり春らしくなってきた今日この頃。
桜の見ごろは、来週末かな~。。

季節の変わり目は風邪をひきやすい僕。
なにやら今日も地下鉄がムシムシして気持ち悪い。

こりゃ~早く冷たいものですっきりしなきゃ!
とやってきたのは「月島」。

築地の隣に来れば、美味くて安い刺身が喰いたいな!
これは、絶対外せない店選びのポイントだ。

「もんじゃ」ばっかりで普通の居酒屋を探すのが難しい「月島」だが、
そんな希望にぴったりの店が一軒ある。
店は「立ち呑み 大島や」。

Dsc03039

2軒隣の「大島屋酒店」の息子さんがやっているとのこのお店。
土曜17時半の店内はまだ僕を含め4人ほどだった。

「いらっしゃいっ!!」

なんとも威勢の良い言葉を飛ばすのは、金髪にオールバックのやんちゃなご主人。
ちゃきちゃきの江戸っ子だろう。

店は15人も入れば一杯のコの字型カウンターのみ。
人とすれ違うのもギリギリの店内は、飲みながら壁に寄りかかれるのがなんとも心地よい。

僕の前に置かれた銀の皿。
さっそくその下に千円札を挟み「ホッピー」を頼む。

ここの「ホッピー」は東十条の「埼玉屋」と同じ氷を使わない、フローズンな「ホッピー」。
ジョッキごと凍らせてある焼酎に冷やしてある「ホッピー」を思いっきり注ぐ。
ちょうどぴったりジョッキに収まる量が気持ち良い。

ご主人は、同時に僕の千円を持って行き、すぐにおつりが銀の皿に投じられる。
そう!ここはキャッシュ・オン・デリバリーであらかじめお金を自分の前に置いておき、品物が来るとご主人が御代を取っていく仕組みなのだ。

肴はまずは「まぐろぶつ 300円」を頼んだ。
300円と言えども侮るなかれ!しっとり脂の乗った赤身がゴロゴロ出てくる。

ここの摘みは100円からあるが、ほとんどが200円から350円というなんとも嬉しいお店なのだ。
かと言ってどっかの立ち飲み屋のように全品缶詰なんてことはしていない。
一品一品手作りで美味しい料理が供されている。

ここで200円の品を3品ご紹介。
まずは「ニラ玉のもやしアンかけ。」
卵を2つは使ってそうなボリュームたっぷりの「ニラ玉」、そこにもやしと優しいアンかけがかかっている。素材を大切にした薄味がなんとも言えなく美味い!

次に和にまぎれて書かれている洋なメニューを試してみた。
「ペンネのデミチーズ」である。
こりゃ~酎ハイが進んじゃうな~♪
こういった何品か洋なものがあるってすごく酒飲みには嬉しい。
選択の広さは愉しみの一つでもあるからだ。

そして、ここは酒も洋酒が置いてある。
カルヴァドス(620円)やブラックニッカ(300円 まあこれは国産だけど)など。
ビールは生がキリン(400円)にエビスが(420円)。
焼酎は黒伊佐錦(320円)島美人(370円)田苑ゴールド(370円)。
日本酒は月桂冠(370円)酔仙(420円)菊水の辛口(420円)とすべてが「立ち飲みプライス」だ!

酎ハイで共に出される炭酸は2杯飲めるので、「なか (焼酎のみ 210円)」を追加し頼むは「肉味噌豆腐」!

これがこの店一のお勧めの一品。
味噌で甘っ辛く炒められたそぼろが豆腐にこれでもか!と乗っている。
これが、絶妙に豆腐とマッチング!

これを200円で出してていいの!?

と言いたくなる美味さだ。
ふと気付けば、いつの間にやら満席の店内。
ほとんどはこの辺りに住む常連さんだったが、こりゃ~毎日来ちゃうのも納得だな~。
ありそうでないところが「月島らしいな~。。。」と感じたここ「大島や」であった。

「月島」駅から徒歩3分
中央区月島1-4-1
03-3531-1331 
日祝休 
17:00~


« 立ち飲み講義?大きなお世話だ馬鹿ヤロー!! | トップページ | 居酒屋 ひげ坊主 (月島) »

東京(門前仲町、木場、森下、月島、勝どき)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/14399300

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち飲み 大島や (月島):

« 立ち飲み講義?大きなお世話だ馬鹿ヤロー!! | トップページ | 居酒屋 ひげ坊主 (月島) »