« 鎌倉散策 (小町通り~若宮大路) | トップページ | もつ焼き・やきとん 埼玉屋 (東十条) »

まるます家 (まるますや) 赤羽

Dsc02999

土曜の昼下がり。
降り立ったのは「赤羽」。
初めて来た「赤羽」は思った以上に活気のある街で驚いた。

北改札から東口にでると大きく書かれた「一番街」の文字。
足を踏み入れると、人の往来の多さにこれまた驚かされる。

う~~ん、活気づいてるな~赤羽。
そして歩くこと3分。
商店街の中央にあるのが鰻と鯉で有名な大衆酒場「まるますや」である。
ずっと「まるます屋」だと思い込んでいたら「まるます家」であった。

昭和25年創業という老舗大衆酒場。
先代の御主人が勤めていた会社の倒産をきっかけに「好きな酒を朝から飲める店を」との想いで開店したとのことらしい。

その想いの通り開店は朝の9時。
平日は引退された叔父様方でにぎわっているのだろうな。
今日も、午後3時にして満席の店内。

店のつくりは、いわゆるWコの字型カウンターでそれぞれ15人ずつ30人が座れる。
門前仲町や森下の「魚三酒場」と同じ造りだ。
そして、部屋の隅に少々のテーブル席。
まあ、1人や2人がほとんどでみな飲兵衛ですわ!

店の入り口は2箇所でその間のスペースで持ち帰る用の鰻が焼かれている。
「はい!なんにします?」と元気の良いおばちゃん。
「鯉生刺しとサッポロの大瓶を。」
「醤油はニンニクと生姜どっちにする?」
「生姜で!」

今夜は、少々気の遣う催しがあるので生姜を選択した。
「はい、鯉生刺しおまち~。」
う~ん、白身が程よく赤みがかり美しい。
コップにビールを「とくとくとくっ。。。」っと注ぎ、鯉を一切れ。

う~~ん、これ生姜じゃなくてニンニクじゃん!でも、うまいじゃん!!
てなことで、まあいいか。夜もどうせ酒の席だし。。

生姜で食べれば少々上品に感じたであろう鯉の刺身はニンニクの野蛮さとも相性抜群!
いや~燗酒がほしいぞ、こりゃ~!

てなわけで、熱燗を追加。
50種ほど短冊に書かれた、ここの摘みは200円から400円のものが多い。
鰻のカブト焼き(200円)、うざく(鰻の酢の物400円)、鰻のバラ身ポン酢(350円)、うどぬた(350円)などなど、
まあ、さすがにうな丼(700円)うな重(1000円~)は別だけどね。

僕は「バラ身ポン酢」を追加した。
鱧の骨切りとまではいかないが、細かくザク切りされた鰻にオロシが落とされていて、ポン酢がかかっている。
鰻の脂をオロシとポン酢でさっぱりと仕上げ、これを燗酒で頂く美味さはなんとも言えない!

う~~ん、美味いな~と店内を見回す。
対面のおいちゃんが「うな丼」を食べ終わると「あがり」が運ばれてきた。
「あがり」を飲み干すと「お勘定!」
「はい、7番さん うな丼とお茶割り~!」

えっ!?
あれってお茶割りなんだ~。。。
う~ん、なんか粋だな~。と感じたのは僕だけであろうか。

そのほかのお客さんもとにかく面白い。
横の年配の夫婦が「ぬる燗」を2本追加した。
おっ、「ぬる燗」もできるのか!

それはさておき、届いた2本の「ぬる燗」。
ふと見ると旦那さんは焼酎のロックを飲んでいる。
え~~っ、このおばさん2本ずつ自分のために注文してるよ!
しかも、「ぬる燗」って。。。
せめて1本「熱燗」にしときゃ冷めないだろうに。。。

という僕の心配をよそに「ぐいぐい」飲み干すおばちゃん。
なんとお銚子が林立している。(あれ、お酒3杯までとの噂は違うのかな?)
そのうえ旦那さんには「あんたそろそろ飲みすぎだよ!」

お前だよ!!
と僕は心の中でつっこみながら吹き出した。

お客だけではなく、カウンター内のおばちゃんもなんとも面白い。
「は~~い鯉の~~生刺し~お待ち~~っ!」
なんとも歌舞伎口調で思わず笑ってしまう。
今にも「大変長らくお待たせしました~~っ!」
ときみまろの喋りが始まるようだ。

魚三と違うところはおばちゃんたちの連携が実に良い。
それぞれのカウンターのおばちゃんが注文を読むと、2つのコの字の間にいるおばちゃんがもう一度繰り返してくれる。
「大小ワンワン~!」
「は~い、ビールの大小がひとつづつ~。。」
ってな具合である。頼んだ方としてもこれはほっとする。

「すみませ~ん、菜の花ください。」との横の声。
はぁ~~もう春だな~。
ふと外の暖簾に目をやるとゆったりと風に揺れていた。
鼻ではなく目や耳からも感じる春の気配。

さ~て、この風に吹かれて次はどこのお店にいこうかな~!


「赤羽」駅から徒歩3分
東京都北区赤羽1-17-7 03-3901-1405
9:00~21:30 月休


« 鎌倉散策 (小町通り~若宮大路) | トップページ | もつ焼き・やきとん 埼玉屋 (東十条) »

東京(板橋、赤羽、十条、東十条)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/14226337

この記事へのトラックバック一覧です: まるます家 (まるますや) 赤羽:

« 鎌倉散策 (小町通り~若宮大路) | トップページ | もつ焼き・やきとん 埼玉屋 (東十条) »