« 吉祥寺王道コース!その壱 (吉祥寺) | トップページ | 鎌倉散策 (小町通り~若宮大路) »

吉祥寺王道コース!その弐 (吉祥寺)

さて「カッパ」を勢い良く出た僕ら。
次に向かうは、もちろんこの店「八丈島料理 浜やん」!

Dsc02985

僕にとっては、ここに来るために来るのが吉祥寺なのである。
だいたい18時開店(でも、18時にはすでにお客が入って飲んでいる。)なので、「カッパ」で一杯やってから行くことが多い。

今まで何回か「浜やん」については書いているので、今回は画像も使って詳しく書いちゃおうかな~♪

実は、僕は居酒屋に行って料理の写真を撮るのが苦手だ。
だってその料理の美味しさ以上に上手に撮れる訳でもないし、第一料理を出す方の身になってみてください。
一時も早く、美味しく味わって頂こうと心をこめて出される料理をいちいち写真撮ってから食べるやつがいたら、張っ倒したくなりますよ。
特に寿司なんか撮られた日にゃ~塩まいて追い帰したくなる。

などと言いつつ僕も撮ったことはあります。
「うわ~~~っ、これっすげ~~!!これブログに載せたら記事に躍動感でるだろうな~。」なんて思いながらね。

だからなるべくは、店頭の写真のみ。たまに店内の写真などを交え、文章から伝わってくれればと思っています。
しかし、「浜やん」は僕が知る居酒屋の中でも最もお店の方と仲良くさせて頂いているので特別にいろいろと載せちゃおうと思います。

まずは、刺身。
「本日の刺身」と書かれ、季節によって多少の違いがあるのだが、冬はだいたい「鰤」と「目鯛」の盛り合わせである。おっきく切られた「鰤トロ」は程よい食感を残している。
醤油に「ちょちょっ!」っとつければ「さ~~っ。」っと脂が広がる。
「目鯛」はきめの細かいしっとりとした身に脂が乗って、これもうまい!

Dsc02760

店に入り、刺身と同時にこの日飲む焼酎をボトルで頼む。
ここは、マスターが沖縄で生まれ育ち、後に八丈島に渡った経緯から「八丈島焼酎」と「泡盛」が両方飲める店なのだ。

料理も「ゴーヤチャンプル」や「豚の角煮」などの沖縄料理と「明日葉の天ぷら」や「島寿司」などの八丈島料理と両方味わえる。
う~~む、なんと使い勝手の良いお店だろうか。

僕は、たいてい「八丈島焼酎」の「黒潮」を頼む。
「八丈島焼酎」には他に「島流し」や「黄八丈」に「島の華」。
そして知る人ぞ知る「青ヶ島焼酎」の「青酎」がある。
この「青酎」は島の10名ほどの生産者が各々で造っている為、ラベルは同じでもそれぞれ味わいが違うという面白さがある。

それぞれが独特の癖を持つ、これらの島焼酎。
この「黒潮」は比較的どの料理とも相性がよいのだ。
そして、ボトルに小さく書かれたこの言葉。
「I Love Lock‘n Roll」!生産者はロックな人なのであろうか。

それはさておき、ボトルが来ればあとはひたすら焼酎タイムだ!
となれば、頼みたいのが「納豆焼き」。

Dsc02987

香ばしく焼かれた納豆が焼酎の甘さと相乗的に美味い。
そして、定番の「明日葉の天ぷら」!

Dsc02988

今日刈り取っても明日には生えているから「明日葉」。それほど強い生命力を持つこの「明日葉」はここ数年の健康ブームによって注目されている食材だ。
これが、子供の手のひらサイズなので、それを手で割って食べるのが、まさにお摘み感覚で愉しい。一人ではちょっと多いが、数名で頼むには打ってつけであろう。

そう!この「浜やん」の素晴らしいところは、カウンターは勿論のこと、複数で来た時にこそその居心地のよさに感動するのだ。
それは、マスターの接客と看板娘のタミちゃんがそう思わせてくれるのである。

僕は、この店に限りカウンターよりもテーブル席の方が好きだ。
テーブル席から店内のすべてを感じながら、お客さんの愉しんでいる様子やマスター、タミちゃんの笑顔を見ているのが、一番の肴だからだ。

この店に出逢ったのは、僕がまだ飲み歩きを始めたばかりの頃なのだが、今を持ってなお不動の「我が心の居酒屋」No1なのだ。

この先、どんなに良い居酒屋と出逢おうとも変わることの無い「居酒屋とは、かくあるもの。」と僕のど真ん中にあるお店なのである。

Dsc02989_1

「鰤大根」の優しき味よ。


中央線、井の頭線「吉祥寺駅」から徒歩7分 東急デパート脇入り50メートル
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-8-1  0422-22-0422
定休日 電話で確認してください。
18:00~23:00くらい


« 吉祥寺王道コース!その壱 (吉祥寺) | トップページ | 鎌倉散策 (小町通り~若宮大路) »

東京(吉祥寺、三鷹)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/14154974

この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥寺王道コース!その弐 (吉祥寺):

» 沖縄の長寿の根源 沖縄料理 [沖縄の長寿料理の秘密 沖縄料理]
沖縄の長寿の根源は、沖縄料理にみられる食文化にあると言われています。 チャンプルーなどに代表される沖縄料理の長寿の秘密を調べて見ましょう。 [続きを読む]

受信: 2007/03/10 23:06

» 森伊蔵定価で買えます [おすすめ焼酎]
プレミア焼酎の森伊蔵、魔王、村尾、佐藤、の極秘情報あります。 [続きを読む]

受信: 2007/05/20 09:42

« 吉祥寺王道コース!その壱 (吉祥寺) | トップページ | 鎌倉散策 (小町通り~若宮大路) »