« 東京一の肉豆腐 (岸田屋 月島) | トップページ | 春の江戸一 (大塚) »

お花見

今年のお花見は全国的に天気に恵まれず、その中でも唯一晴天だった1日は天からの贈り物のように感じた。
僕は、以前通っていた居酒屋の板さん主催のお花見に参加してきた。

もう7年も昔になるが、当時「かわはぎ刺身 肝つき」や「赤貝」、「すずき」に「縞鯵」などを500円~700円で出してくれていた、この板さんのお店。
4年前に閉められてしまったのだが、今にして思えば「あの価格であの量と質は考えられなかったな。」と惜しい気持ちがこみ上げてくる。

実は、その後この板さんが自分の店を出す計画を「調布」で立てていた。
僕の居酒屋行脚の目的の中には、色々と良い店を回って感じてきた点を伝え、少しでも生かしてもらえれば!という気持ちが含まれていた。

しかし、目指す店造りの条件に合う物件がなかなか見つからず、計画は暗礁に乗り上げていた。
この先30年はそこでやっていくのだ。という覚悟と理想と妥協と。。
この4年、そんな葛藤を身近で見させてもらって、「店を開く」ということの難しさを実感させてもらった。

この日、花見に集まったのもその居酒屋でつながり、新しい店の開店を心待ちにしている面子だった。
そんな中、板さんの高校からの友人である酒屋さんが差し入れてくれたのがこの1本。

三重の「滝自慢 滝流水 (はやせ) 純米」である。

Dsc03070

ほのかに染まったお酒の色が、桜の色にも映えてなんとも春を感じさせてくれる。
やはりいいな~。。春は。。

夜は、河岸を変えて鉄板焼き屋で飲んだ後、板さんのおうちで「英勲 純米大吟醸 一吟」を頂き、春の夜は優しく更けていった。


« 東京一の肉豆腐 (岸田屋 月島) | トップページ | 春の江戸一 (大塚) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この日はホント、お花見日和でしたね。
この写真、いいっすねー。

いいお花見だったみたいでなによりです!

投稿: EB | 2007/04/05 22:04

まさにピンポイントでしたね!
こんなにも連日氷雨に襲われることになろうとは。。

EBさんも楽しまれたようで、なによりです。
クリスマスなんかはワクワクしない歳になってしまいましたが、花見は気持ちがあがりますね~!

投稿: 酒天童子 | 2007/04/06 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/14553321

この記事へのトラックバック一覧です: お花見:

« 東京一の肉豆腐 (岸田屋 月島) | トップページ | 春の江戸一 (大塚) »