« 葉っぱよりも焼酎とオナゴ! | トップページ | 三州屋 銀座店 (銀座) »

焼き鳥 ふくや (喜多見)

日曜日は、まさに五月晴れだった。
不快指数0で、風が本当に気持ち良かった。

昼間、祖師谷まで自転車で出かけた僕は、帰り道に野川を通った時、あまりの心地よさにビールが飲みたくなり近くのコンビニでちっちゃい瓶のビールを買って川沿いで飲んだ。
まるで湘南のような風が吹き、川を通り道にしていた。

自転車で通ってきたけど、成城と喜多見って坂下っただけで、天地の差があるよな~。
成城はやはり高級と言われるだけあって閑静な造りが素晴らしかった。

さて、今日は喜多見で軽く飲んで帰ろうかな。
実は、2000円しかないんだ、今。

日曜の夕方ということもあり、まだ開いていないお店が目に付く。
そんな中、店頭で焼き鳥を焼いている店が一軒目に付いた。

店は「ふくや」。

暖簾に「地酒」の文字もあるので、さっとくぐって中へと入った。
年季の入った店造りで、カウンターにはベレー帽をかぶった年配の客が一人。

酒は「白馬錦」「男山」「八海山」「高清水」が500円くらいから。
まあ、このあたりの商店街の居酒屋だったらこれは仕方の無いこと。

「焼き鳥」の他はいかにも手造りというような家庭的な品書きが並ぶ。
これはこれでほっとするね!特に今日は日曜だし。

そんな中から「屋久島産トビウオのさつま揚げ」をもらう。
トビウオは足の速い魚だから屋久島なんて遠いとこよりも八丈島辺りの方が鮮度良いのでは?と思ってしまうが、これは私がわるうございました。

青魚から作ったとは思えない、綺麗なさつま揚げが6枚も。
これに生姜を乗せて醤油で頂くと、新鮮な弾力と脂が「じゅわっ♪」
こりゃ~酒が美味いわ~。。

ということで「焼き鳥」は試せなかったのだが、「男山」と「高清水」を頂いて御暇しました。
気軽に入りたい日曜の夕方はこうした大衆的なお店が逆にありがたいねえ。
酒の揃えやなんやらよりも、こうして店先で焼いてるオヤジさんや、料理をしてくれる女将さんの姿が癒してくれる。

酒場って本当に千差万別だな~。。たのし。


小田急線「喜多見」駅から徒歩3分
東京都世田谷区喜多見8丁目15-27
03-3416-2258


« 葉っぱよりも焼酎とオナゴ! | トップページ | 三州屋 銀座店 (銀座) »

東京(下北沢、梅ヶ丘、豪徳寺、喜多見、狛江)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/15174548

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き鳥 ふくや (喜多見):

« 葉っぱよりも焼酎とオナゴ! | トップページ | 三州屋 銀座店 (銀座) »