« 酒蔵 秩父錦 (銀座) | トップページ | 魚金 本店 (新橋) »

おでん 江戸源 (銀座)

Dsc03302


以前から来たかった銀座のおでん屋 「江戸源」。
昭和30年創業のこの店は、元は芸者の置屋だったそうで、さっきの「秩父錦」とはまた違った趣きある佇まいだ。

「季節料理」と文字の入った提灯の灯りが優しく誘う。
入り口が開けっ放しになっているのも、初夏が近づいてきた証拠かな。

入るとすぐのところに椅子に座した大女将がいらっしゃった。
とうに80歳は超えていそうな大女将。志村けんのように腰が曲がってしまっているのだが、それでもカウンターまで案内してくれる姿に癒される。

8席ばかりのカウンターには3人組が2組。
僕が座ろうとすると、1組のおじ様方が端につめてくれた。
「あっ、ありがとうございます。」
「いや~いいんだよ~。。」
と少しばかり酔った口調で返してくれる。

こんな客層なのも銀座という場所柄もあるが、おそらく大女将の人柄が客の酒品を創っているのだろう。大塚「江戸一」のような客の品を感じた。

素晴らしく古めかしい店内は、至る所にその良さが見える。

簡単に泥棒入られちゃうだろうな。と思わせる木枠の窓や、客がひじを突くと軽くしなるカウンター。トイレも1階は男性用のみというのも「虎ノ門 升本」以来見ていないスタイルだ。

カウンターのうしろには、10人ほど座れるテーブル席が一つだけ。
2階が座敷になっているものと思われるが、上がっていないので様子は分からない。
かつて芸者の置屋だったというこの建物なのだから、2階も見ておけば良かったな。と今にして思うが、カウンターに座っているときは、1階の雰囲気だけで満たされてしまったのだ。またの機会にするとしよう。

まずは、燗酒を頂き「先付け」の2品を摘んだ。
供されたのは、まさに「先付け」と呼ぶに相応しいものだった。

1品目の奴っこには、細切りの紫蘇とおろした生姜が乗せられ、もう1品には里芋と桜海老、それにレモンを挟んで鮟肝が添えられている。
里芋の優しい甘みと桜海老の香ばしさ、そしてレモンでサッパリさせても濃厚な鮟肝。
こりゃ~燗酒がゆっくり飲めるな~。。。

もうこれだけで心は満たされてしまったのだが、せっかくなので「おでん」も頂こう。
ここは1品150円で出している。
銀座でおでんが150円で食べられるというのだから、これは嬉しい。

おでんだねは、牛スジ、大根、ハンペン、いわしつみれ、ロールキャベツ、がんもどき、さつまあげ、さといも、じゃがいも、などなど。

カウンターの中では、白衣に帽子をパリッときかせたご主人がダシ汁を足しながらカウンターの客によそってくれる。

「大根とがんも下さい。」

う~ん、上品なダシが滲みてて、このお店の雰囲気や燗酒と一層合うな~。。
「季節料理」ということなので、他にも刺身や旬な肴があったのだが、それは次の機会にしよう。

銀座という街が思わず好きになってしまう、ここ「江戸源」であった。

Dsc03305

中央区銀座7-2-10
03-3571-1467
17:30~22:00
日祝定休


« 酒蔵 秩父錦 (銀座) | トップページ | 魚金 本店 (新橋) »

東京(銀座)」カテゴリの記事

コメント

これはいいなあ。
行ってみたいと思わせる店であり、文章ですねえ。

銀座にもまだまだ良い店がたくさんあるんですね。
酒天童子さんの最近の充実した開拓振りには驚くばかりです。

投稿: 酒徒 | 2007/05/31 10:12

お褒め頂き、あざ~っす!
銀座の裏通りをこの日ほど歩いたことはないです。
そんななか、すごく入りたいお店が3つほどありチェックしました。
また、後々ご紹介、もしくは酒徒さんをお連れできればと思います。

この後は、酒徒さん御用達のあのお店に行ってきました。
良かったですよ~^^

投稿: 酒天童子 | 2007/06/01 03:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/15257049

この記事へのトラックバック一覧です: おでん 江戸源 (銀座):

« 酒蔵 秩父錦 (銀座) | トップページ | 魚金 本店 (新橋) »