« 焼き鳥王道コース 前編(調布) | トップページ | いいちこ »

焼き鳥王道コース 後編(調布)

さて、次に梯子するは、調布の布田にある大衆的な焼き鳥屋「たかつ」だ。
さきほどの「川上」とはまったく逆の雰囲気は、また魅力的なのである。

店外の排気口からは今夜も煙がモックモク!
ガラッ♪っと戸を開ければ中も煙でモックモク!

まあ上品なお姉ちゃんは連れて来れない店だわな。
店中は、今夜もこの界隈のおやじ共で溢れている。

さて、こっからは僕も「たかつモード」全開だ!
まずは、ニンニクびたびたの「レバ刺し」と「レモンハイ」だ。

ここの「レバ刺し」は付け皿に付けて食べるのではなく、ニンニクやごま油と予め絡められた「づけ」のような「レバ刺し」だ。
これが酎ハイと合うんだな~!!

ここで冷酒を飲んでいればいつもは「チーズ揚げ」をもらうんだが、「レモンハイ」を飲んでる時は「とんちゃん焼き」が定番だ!

「とんちゃん」は牛の大腸と玉ねぎを甘っ辛く炒めたもので、玉ねぎのシャキシャキ感と大腸の歯ごたえがなんとも言えない逸品なのである。

これだけで酎ハイが3杯は飲めちゃうんだな~。

焼き鳥はさっき「川上」で食べてきたんだけど、やっぱり「たかつ」の「シソ巻き」だけは食いたい!

「シソ巻き」は肉とシソを一緒に巻いた串焼きでここの人気メニュー。
18:00開店と共に出始め、早いときは21:00頃売り切れてしまう。

塩でもタレでも良いのだが、これも「タレ」をお勧めしたい!
どうやら僕は「タレ」というものに並々ならぬ興味があるみたい。

「うなぎ」にしろ「穴子」にしろ「焼き鳥」にしろ「焼きとん」にしろ、「タレ」というのはその店が長年守ってきた想いがある。

親から子へ、先代から次世代へ。
そんな想いを度々耳にしているうちに、僕は感情移入してしまっているのかもしれない。。

だから僕はどの店に入っても必ず何品かは「タレ」で食べてみるのである。

こんな両端な2店だが、まったく違う雰囲気があるからこそ、その日の気分でどちらにも行けるのである。
酒飲みとして「選択できる。」というのは、一つの楽しみと同時に最高の幸せだ。

そんな両店を「梯子」できた今日は、いつも以上に幸せなのである。

京王線「布田」駅より徒歩1分
国領町5-2-4 0424-85-1417
18:00~22:00 月曜定休


« 焼き鳥王道コース 前編(調布) | トップページ | いいちこ »

東京(京王線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/15962769

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き鳥王道コース 後編(調布):

« 焼き鳥王道コース 前編(調布) | トップページ | いいちこ »