« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

震災地の居酒屋。

Kasiwazaki2


実は、お盆休みに新潟の震災地に行ってきた。
目的はもちろん、震災地の復興活動を手伝うためだ。

本当は震災直後に現地入りする予定だったのだが、外せない用事がでてきてしまったのである。それからもテレビで現地を見ながら、のうのうと暮らしている自分に腹を立てていた。

ようやく叶った現地入り。
現地では仮設住宅への引越しを手伝ったりした。
寝泊りは高校の体育館。5日分の食料と水で荷物は20kgを超えていた。
ボランティアは毎日100人単位で来ていたが、県外者は少なく体育館利用者は30人ほどだった。

一日の活動が終わるとまずは、自衛隊の設営した風呂に向かった。
戦場でも入れるようにと造られた特別な風呂だ。

実は、僕らが被災者の方と接することができるのは、一般的にこの風呂の時間が大きかった。昼間の活動中は、いろいろな要因が重なりあまり話しかけたりできないからだ。

そして、僕は風呂をあがると近所の居酒屋に向かった。
柏崎では、居酒屋というのが限られているうえ点在しているので目星をつけるのに苦労した。

入ってみるとカウンターには女性客が2人。
ボトルを傾けながら日常の話題を口にしていた。

「家の中を片付ける気にならないのよね~。。」
「夜の仕事(スナック)を終えて、親の介護もして家の片付けなんかできるわけないわよ。」

こんな声が聞こえてくる。
僕が震災地まで来て居酒屋に入ったのはこういった話が聞きたかったからである。
そう、風呂の他で被災者の話が聞けるのは、居酒屋しかないのである。

途中からカウンターに交ぜてもらい話を伺っていると、店のご主人も話しに入ってきた。

「私も家の中を片付けたいんだけど、ボランティアの人たちには頼みにくいんだよね~。。だって、私たちよりも年寄りの人たちが困っているわけだから。。」

60前後の人はこのようにボランティアの受け入れを躊躇していた。
それも当たり前の話だ。
いくら壊れてしまったからといって、見ず知らずの人間に思い出の詰まった家の中をかき回されたのでは堪ったものではない。

というわけで、もし僕でよければという申し出をさせて頂き、翌日家の片づけを手伝わせてもらった。お店の2階はめちゃくちゃで割れた食器や倒れた棚などで足の踏み場もなかった。

現地で知り合った若い青年にも手伝ってもらい、4時間ほどで一段落着いた。
「今はまだみんなが外に出て飲もうっていう元気が戻らない。店は開けてるけどお客さんはほとんど来ないよ。でも、私にはこれしかやることないしね。。」

早くみんなに笑顔が戻り、楽しく酒を飲める日が戻るといいな。と祈ることしかできなかった。

| コメント (2) | トラックバック (0)

もつ焼き きくや (新宿)

Dsc00005


久しぶりにやってきたのは、焼き鳥横丁の「きくや」!
創業52年の老舗には、今日も「元祖酎ハイボール」を求めて飲兵衛が集まる。

1階には大きなテーブルが2つ置いてあり、一人や二人客が肩を寄せて飲んでいる。
ほとんどの客が常連さんで、「がらがらがら~。。」っと入ってくるなり、「○○ちゃん、今日は遅いね~。」なんて声が飛ぶ。

客のほとんどは、ここの名物「酎ハイ」を飲んでいるが、ここは焼酎の揃えも目を見張るものがある。芋も麦も幅広く50種近く揃えられ、450円~で出してくれるのだ。

「すごく芋っぽいのが飲みたいんだけど。。」なんて相談すると焼酎に精通したカウンター内の店員さんが優しく教えてくれる。

僕は駆けつけの「酎ハイ」を飲み干すと、芋焼酎の「鷲尾」をもらい、「アジのなめろう」と「きびなごの刺身」をもらった。

脂の乗ってる夏のアジを焼酎で愉しむ。
こりゃ~なんとも言えない夏の愉しみだな~。。

「きびなご」は「ヅケ」にされていたが、山葵をつけて頂くと実に美味い!

創業間もない頃はまだまだウイスキーの高い時代だったのであろう。
そこから生まれた「酎ハイ」に歴史を感じながら、特製タレで焼かれた「もつ焼き」を頬張れば、途端に陽気な気分になってくる。

しみったれた顔した客は一人もいない。
そんな楽しい酒が飲める「きくや」は今宵も笑い声が絶えなかった。

「新宿」駅から徒歩3分
新宿区西新宿1-2-4 03-3342-5928
月~土 16:00~24:00
日、祝 15:00~23:30
定休日 不定休

| コメント (2) | トラックバック (0)

居酒屋写真館 (その参)

Dsc02767

浅七 (門前仲町)

Dsc02644

大統領 (上野) 

Dsc02500

浜やん (吉祥寺)

| コメント (2) | トラックバック (0)

やっぱり「大はし」!! (北千住)

Dsc04182

〆はやっぱり「大はし」!
北千住に来て「大はし」に寄らずに帰れるものかや。
いやさ、帰らんめえ!

9時を過ぎると客の入りは8割ほどで、段々と客も腰を上げ始める。
僕は,急いで「肉豆腐」と「梅割り」を頼んだ。

そうすると息子さんが威勢の良い声で応えてくれる。

ざっ、ざっ、ざっ、ざっ!

勢い良く近づいてくると受け皿とコップを置いて「金宮」をくう~~っと入れ、「天羽の梅」を垂らす。
そして、すぐに出てくる「肉豆腐」。
歯ごたえがしっかりした牛モツは、噛むほどに美味く、豆腐はしっとり染まっている。
これで飲む「梅割り」はここ「大はし」でしか味わえない。

くぅ~~~っ!っと飲んでしまい、お代わりを頼むと今度は「おやじさん」が金宮を持ってやってきた。
「あいよ~~!!」

と威勢良く注いで行くと、勢い良く奥へと戻っていく。
その最中、他の客から声がかかると、くるっと反転して「はいよ~~!」。

う~~ん、やっぱりまだまだこの店を仕切っているのは、おやじさんなんだな~。。
ここで、グラスを口で迎えに行くと、「ん~~!?」と気が付く。

息子さんが作ったものより、「梅割り」にトゲがないのだ。
本当に同じもので作ったの?と問いたくなるほどである。
う~ん、このあたりが年季なんだろうな~。。

千住で2番は千住で1番。
みんなに愛されている北千住の「大はし」。
今宵も、みなが「煮込み」と「梅割り」に酔いしれた。

「北千住」駅より徒歩5分
東京都足立区千住3-46    03-3881-6050
定休日  日曜・祝日

平日: 16:30 - 22:30


| コメント (2) | トラックバック (0)

ホッピー酒場情報大募集!!

Photo


「TOKIO古典酒場」の編集長さんから、是非この情報を流して欲しい!!
とのご連絡を頂きましたので、今日はみなさまにお目通り願いたいと思います。

☆以下文章転載

ホッピー酒場情報大募集!

「ホッピー酒場の南限・北限を探る!」
『TOKIO古典酒場』では、ホッピーが呑める酒場の南限・北限を探る旅を企画中です。「●●県の●●酒場でホッピー呑みました!」というような投稿を募集中です。皆様が旅先・出張先で出会ったホッピー酒場を教えてください。
有益な情報を投稿いただいた方全員に『TOKIO古典酒場』オリジナルステッカー&ホッピーオリジナル携帯ストラップをプレゼントいたします!

【投稿募集期間】
・2007年8月8日(水)~2007年9月28日(金)

【投稿内容】
今まで行ったホッピーが呑める酒場の中で、一番南にあると思う酒場、もしくは一番北にあると思う酒場の情報。県名と酒場の名前、酒場の住所・電話番号(わかれば)、酒場の雰囲気などを可能な限り詳細に書いてください。
また、投稿いただいた方のお名前、電話番号、住所も明記してください。

【投稿先】
info@kotensakaba.jp

とのことですので、大衆酒場好きのみなさま、是非ご協力下さい!
また、僕も興味津々なので、情報をお持ちの方は、メール投稿後にでも、この記事にコメントとして情報をお寄せ頂けると嬉しいです。
みなさま、よろしくお願い致します。  酒天童子

| コメント (0) | トラックバック (0)

千住の永見 (北千住)

Dsc04178


天七を出るとすぐのところに、これまた「色」の違う大衆酒場がある。
その名は「千住の永見」!

入るとすぐのところに御年70は超えていそうなご主人が、番頭さんの様に迎えてくれる。
入って右に15人ほど座れるカウンター、左から左奥にかけては食堂風なテーブル席が広がっている。

辺り一面に貼られた短冊は50種ほど。
どぜう太煮(630円)まぐろネギぬた(430円)刺身3品(850円)あこう鯛の粕漬焼き(530円)などからチーズ(300円)手作りカレーコロッケ(420円)などまで実に様々な肴が並ぶ。

まずは、刺身3品とここで普通に出している日本酒(広島銘酒一代 240円)を頼んだ。
刺身は魚三の様に予めいくつか用意され、保冷されているのが保冷棚から出される。

Dsc04181

ネタは「かつお」「いわし」「まぐろトロ」が3切れずつとまずまず。
なにより嬉しいのが、日本酒のグラスを持ち上げると、受け皿に見える「千住の永見」の文字。

「ずずずっ。。」っと啜るたびに顔を出すこの文字が見たくて、ついつい早く飲み干してしまう。そして、おかわりをするとさっきの受け皿にもう一枚受け皿を追加してくれるのだ。
限りなく飲んだらいつかは皿も、僕も倒れてしまうだろう。

また日本各地の地酒も純米を中心に20種ほど500円前後で出されている。
今回は、この受け皿に酔いしれてしまい銘酒は頼まなかったが、日本酒好きの人にも嬉しい大衆酒場である。

ここでこの店名物の「千住揚げ」を頼む。
短冊を見ると「寿」とかけて「千寿揚げ」(520円)となっているのがなんとも憎い!

これは、魚のすり身に玉ねぎを加えたものなのだが、にんにくと韮を加えたものもある。
僕は、にんにくの方を頼むと、皿に3枚の揚げ天がテッカテカで出てきた。

噛むと溢れる油と玉ねぎ、にんにくのシャキシャキ感!
なんとも酒に合うな~。
できれば、初めにビールでも頼んでこの油を洗い流せたら最高であろう。

また、20時以降に頼める「支那そば」は常連が頼む一品。
飲んだ〆に食べる麺類ほどうまいものはないよね~!

店のホームページを見ると最近の三社祭で御輿を担ぐご主人の姿が!
創業62年とのことだが、昔からのお客さんを大切にしている店作りが飲んでいて節々に感じられる。

北千住に来たらここに寄らなきゃ!
と思わせてくれた「千住の永見」であった。

「北千住」駅より徒歩3分
足立区千住2-62 03-3888-7372
平日 15:30~22:30
土曜 15:30~22:00
日祝、第3土曜 定休

| コメント (2) | トラックバック (0)

串揚げ 天七 (北千住)

Dsc04170


電気も通っておらず、水道も川から自分で引いている山小屋での生活から帰ってきて降り立ったのは北千住。
文明の灯りが輝かしい。。

さて、北千住となると迷うほど居酒屋がたくさんあるな~。。
まずは、熱いものでゴッキュゴキュ!いきたいと来たのは「天七」!!

ここは、北千住では有名な関西風の串揚げ屋!

アサヒビールと書かれた味のある暖簾の奥には、今宵も串を頬張る男共の背中が見える。
店いっぱいに囲まれたコの字型カウンターは、すべて立ち飲みで40人近く入れる大きさ。

今夜はちょうど、ど真ん中に通されたので店全体を見ながら飲むことができた。

すぐに大将が、受け皿とおしぼりのセットを持ってやってきた。
「酎ハイ(320円)とうずら(140円)と豚カツ(140円)ください。」
「はいよ~!」

右奥のお姉さんが氷をガラガラとジョッキに入れ、あっという間に手元に酒が届いた。

「ゴキュゴキュゴキュッ♪ くひ~~っ!!」

久しぶりに飲む酒は喉打つうまさだ。。
そこへ届いた「うずら」と「豚カツ」!

注文は2本ずつなので品数を頼めないのが難点だが、たまに食う串揚げは本当にうまい!!

ソースの2度付けは禁止。なんていうのは酒飲みなら常識だろう。と思っていると、関東の酔っ払いにはまだまだ浸透していないこともある。

今日もそんな現場を見てしまった。

串を真横にして、まんべんなくソースに浸し「くるっ♪」っと回して、受け皿で迎えに行く。
そして、黄色く練られたカラシをつけて頬張れば染み出る肉と衣の油。
これを酎ハイでやっつけるのは堪らないね~。。

豚カツに限っては、この肉の脂をまずはキャベツで迎え撃つ。この右手で口に持っていくキャベツがまたいいんだよな~。

なんか雑な感じがまさに北千住という下町に合う。
店がどんなに混んでいようが、客が入ってくると少しずつ詰めて入れてくれる所などの人情味も温かい。

いろんな飲み屋がひしめく北千住だが、こうした各々の「色」が活きているのが、飲みに来る街としてはとっても魅力的に感じるのだ。


「北千住」駅から徒歩3分
足立区千住2-61 
月~金16:00~22:00
土曜 16:00~21:00
日祝、第2土曜 定休

| コメント (0) | トラックバック (0)

焼き鳥 きくや (仙川)

Dsc04125

なぜもっと早く来なかったんだろう。。

そう後悔させられた京王線「仙川」の大衆酒場「きくや」。
前々から通るたびに入りたいと思いつつも、なかなか入る機会に恵まれなかった。

僕は、随分前からこの辺りに住んでおり、仙川は自転車で訪れる範囲だが、仙川はここ10年ですさまじい変貌ぶりを見せた。

駅前は今時の開発っぷりで随分とお洒落になったものだ。
そんな中微動だにしない激渋な店構えを誇っているのが「きくや」なのである。

築30年は経っているだろう瓦屋根の建物には、「品質本位 キリンビール きくや」というネオンが煌々と輝き一際存在感を放っている。

今日は、二十歳を超えたばかりの子が世界一周の旅に出たいということでアドバイスするために約束したのだが、連れて行かれた店の意外性に早くも度肝を抜かれている。

「こんなお店、絶対一人じゃ入れないですよ~。。」との彼女に、「確かに魅力的な佇まいだけど、こんなことにビビッてちゃ~世界は周れないよ!」との目線を送り、共に縄暖簾をくぐった。

う~ん、いい感じだ!

カウンター席もあるのだが、グループも一人客もテーブルで飲んでる様はまるで「升本」の様だな。
テーブル、カウンターだけで楽に30人以上は飲めるこの大部屋と、10人は入れる座敷が小上がりのように広がっている。

「きくや」は焼き鳥とモツ焼きがメインのようでカシラ、シロ、もも、かわ、レバー、なんこつ、タン、つくねなどが100円から。

刺身から揚げ物まで大衆的なメニューが多く、ほとんどが300~400円台だ。
僕らは串を適当に頼み、ポテトサラダとスパムカツ、酒は黒ホッピー(400円)を頼んだ。

Dsc04108

串はここのおやじさん(70歳は超えているだろう)が自分で焼いて、席まで運んでくれるこだわり様。なかでも卵の黄身を付けて食べる「つくね」は絶品だった。

客は本当に様々で、仕事帰りのサラリーマン、なぎらさん風のシャツにキャップスタイルのオヤジ、80歳はいってそうなご老人、子供連れの家族など、まるで食堂のような客層である。

間違いなく地元に愛されて永いのだろうな。
こんな店内に酔いながら、中(ホッピーの焼酎のみ 300円)を追加した。

そんな時、60歳ほどのオヤジさんが僕らのテーブルに流れてきた。
すでに大分お酒が入っているらしく、やたらと周りの客に話しかけている。

まずはターゲットを横の家族に絞ったが、相手にされないと
「最近の親はなってね~からな~!」と言いたい放題。

おいおい、なんなんだよコイツ!って目で連れは見ているが、大衆酒場じゃよく見る風景である。それがたまたま僕らの前に座ったんだ。まあ、これもなにかの縁だろう。

と話を聞きだしたのがまずかった。。
飲めども飲めども話は終わらず、いい加減疲れてきた。
なにが大変かって、酔ってるせいで3割くらいしか話の内容が分からないのに、こっちはさも分かってるようにしていなくてはならないことだ。これはテクニックがいるぞ。

そして極め付けが、「よし!あんたらになにか一杯おごってあげよう!」
「いやいや、いいですよ~。。」
「じゃあ、あんたのホッピー俺に半分くれっ!!」
「。。。。」

「お勘定お願いしま~す。」

僕らはここで退散した。
居酒屋での敵前逃亡はしない僕だが、さすがに女の子連れている時の絡み酒はきついっすよ。。

まあ、どんな常連でも優しくしている「きくや」のポイントに追加しておくとして、今日は愉しんだ。今度は一人で来てみよっと!

京王線「仙川」駅から徒歩1分
調布市仙川町1-19-1
TEL:03-3309-5622
営業時間:PM4:00~深夜0:00 
休日:不定休

| コメント (4) | トラックバック (0)

居酒屋写真館 (その弐)

Dsc00879

多可能 (静岡)

Dsc00903

青葉横丁 (静岡)

Dsc00908

しょうちゃん (静岡)

| コメント (4) | トラックバック (0)

いいちこ


率直な疑問が、今晩再び持ち上がった。
「いいちこ」ってこんなに美味かったっけ??

正直「いいちこ」って○○生ぶりに最近頻繁に飲むようになったんだよね。
金もなかったあの頃、「カクテキ」と「いいちこ」を買って公園で仲間と飲んでいた。

あの頃は「これって注射する時の消毒と同じ酒なんじゃない!?」なんて冷やかしつつ舐めていたものだ。

最近うちの親父が紙パックでよく買ってくる「いいちこ」。
それを晩酌で飲むようになって気が付いた。

「美味いな。。これ。」

水割りやストレートではなく、ロック限定であるが、妙に美味いのだ。
まあ、「妙」に感じるのは僕があの頃、注射と同じように考えていたからだろうな。

歳ととも酒というのは味が変わっていくものなのだろう。
そう考えると僕は自分の親父ほどの歳になった時、どんな酒を飲み、どんな味を感じているのだろう。

まあそれは今考えても詮無きことか。。
歳は金で買うことはできないものな。

一日一日を愉しんで飲んで行こう!!っと。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »