« 串揚げ 天七 (北千住) | トップページ | ホッピー酒場情報大募集!! »

千住の永見 (北千住)

Dsc04178


天七を出るとすぐのところに、これまた「色」の違う大衆酒場がある。
その名は「千住の永見」!

入るとすぐのところに御年70は超えていそうなご主人が、番頭さんの様に迎えてくれる。
入って右に15人ほど座れるカウンター、左から左奥にかけては食堂風なテーブル席が広がっている。

辺り一面に貼られた短冊は50種ほど。
どぜう太煮(630円)まぐろネギぬた(430円)刺身3品(850円)あこう鯛の粕漬焼き(530円)などからチーズ(300円)手作りカレーコロッケ(420円)などまで実に様々な肴が並ぶ。

まずは、刺身3品とここで普通に出している日本酒(広島銘酒一代 240円)を頼んだ。
刺身は魚三の様に予めいくつか用意され、保冷されているのが保冷棚から出される。

Dsc04181

ネタは「かつお」「いわし」「まぐろトロ」が3切れずつとまずまず。
なにより嬉しいのが、日本酒のグラスを持ち上げると、受け皿に見える「千住の永見」の文字。

「ずずずっ。。」っと啜るたびに顔を出すこの文字が見たくて、ついつい早く飲み干してしまう。そして、おかわりをするとさっきの受け皿にもう一枚受け皿を追加してくれるのだ。
限りなく飲んだらいつかは皿も、僕も倒れてしまうだろう。

また日本各地の地酒も純米を中心に20種ほど500円前後で出されている。
今回は、この受け皿に酔いしれてしまい銘酒は頼まなかったが、日本酒好きの人にも嬉しい大衆酒場である。

ここでこの店名物の「千住揚げ」を頼む。
短冊を見ると「寿」とかけて「千寿揚げ」(520円)となっているのがなんとも憎い!

これは、魚のすり身に玉ねぎを加えたものなのだが、にんにくと韮を加えたものもある。
僕は、にんにくの方を頼むと、皿に3枚の揚げ天がテッカテカで出てきた。

噛むと溢れる油と玉ねぎ、にんにくのシャキシャキ感!
なんとも酒に合うな~。
できれば、初めにビールでも頼んでこの油を洗い流せたら最高であろう。

また、20時以降に頼める「支那そば」は常連が頼む一品。
飲んだ〆に食べる麺類ほどうまいものはないよね~!

店のホームページを見ると最近の三社祭で御輿を担ぐご主人の姿が!
創業62年とのことだが、昔からのお客さんを大切にしている店作りが飲んでいて節々に感じられる。

北千住に来たらここに寄らなきゃ!
と思わせてくれた「千住の永見」であった。

「北千住」駅より徒歩3分
足立区千住2-62 03-3888-7372
平日 15:30~22:30
土曜 15:30~22:00
日祝、第3土曜 定休


« 串揚げ 天七 (北千住) | トップページ | ホッピー酒場情報大募集!! »

東京(北千住、上野、浅草、立石、平井、大島)」カテゴリの記事

コメント

永見!私も1度だけ行ったことあります~
随分前なので記憶が薄れ気味ですが
千住揚げがめちゃ美味しかったことは覚えています!
また食べに行こうかな~。
支那そば、興味深いです!

投稿: あっき | 2007/08/17 12:46

こんにちは!あっきさん。

千住揚げはジューシーで美味しかったです。
雑なつくりのものが美味いというのが、下町を感じさせますね!
支那そばは、常連さんが食べているのを見ただけですが、優しい味がするんだろうな~。。と感じました。
僕も次は食べたいです!

投稿: 酒天童子 | 2007/08/19 19:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/16139194

この記事へのトラックバック一覧です: 千住の永見 (北千住):

« 串揚げ 天七 (北千住) | トップページ | ホッピー酒場情報大募集!! »