« 牛にこみ 大坂屋 (門前仲町) | トップページ | だるま (門前仲町) »

いずみ (門前仲町)

Dsc00116


さて大坂屋を出た僕は、通ってきた道を少し戻ったところにある「だるま」を目指してとぼとぼと歩き出した。

「だるま」で「煮込み」を喰って今回の「モツの旅」は終わりかな~。。なんて考えながら。
そんな時、左手に見えた飲み屋街。なんとも誘うネオンが花のように闇夜に咲く。

そんな僕は夜の蝶。
ふらふら~~っ。。っとお花畑に吸い込まれていった。

50mほどの横丁だが、どこも活気づいている。
さ~~てどこに入ろうかな~♪

おっ!!あそこは良さそうだ!!

そんな僕のメガネに適ったのがここ「いずみ」。
木造で昔つくりのなんとも言えない佇まい。店の戸も窓も開けっ放しなのだが、それがなおさら風流である。

ぱっと見、小料理屋風の店構えだが、女将さんが実に良い感じですぐにほっとした。
コの字型カウンターには椅子が8席ほど。
品書きがないので困ったが、とりあえず「お酒」をもらった。

湯のみにたっぷり入った「お酒」とお通しの「こんにゃく煮」。
この「こんにゃく」が実に美味くお袋の味。

そう!こうした女性のやっている小料理屋は「お袋の味」がどこかに感じられるのが良い店だと思うのだ。その上刺身や珍味があれば尚更だが、基本はそこじゃない。

このお店は正にその基本を押さえた良店だと感じた。
隣のサラリーマン3人組が「あさりの酒蒸し」を頼むと、ちょうど3人で摘めるくらいのたっぷりした量で盛りつけられる。

この辺が品書きが無い店の良さなのだろうな。
なにがあるか聞いてみて、こんなんできる?あんなんできる?なんて頼んでみても面白い。
そうしたことって簡単そうで実は難しいだろうが、ここの女将さんならきっと美味しいものが出てくるだろう。

僕は「お通し」と「お酒」だけでお暇したが、勘定も800円だったので「お通し」300円、「お酒」500円といったところであろう。

次回、門仲に来た時にはもう少しゆっくり寄りたいと思ったここ「いずみ」であった。


「門前仲町」駅から徒歩5分
東京都江東区門前仲町2-9-4   03-3643-3304
17:00-24:00
日祝定休


« 牛にこみ 大坂屋 (門前仲町) | トップページ | だるま (門前仲町) »

東京(門前仲町、木場、森下、月島、勝どき)」カテゴリの記事

コメント

おおっ..!なんとも風情有りゲな店構えですね〜..門仲には足繁く通っておりますが,お初なお店です!さすが酒呑童子さまのお眼鏡は無敵っ!

投稿: hamkazkick | 2007/10/03 09:37

門仲は本当に良いとこですよね~!
僕大好きなんです^^
きっとまだまだ良い店が眠っていることと思います。
行く度に1軒くらいは新しく飛び込んで行きたいな~と思っています。

投稿: 酒天童子 | 2007/10/03 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/16597238

この記事へのトラックバック一覧です: いずみ (門前仲町):

« 牛にこみ 大坂屋 (門前仲町) | トップページ | だるま (門前仲町) »