« 拝啓 宮鍵様 | トップページ | 友のいる店。(BAR VAGABOND バガボンド 新宿) »

焼き鳥 番番 (新宿)

今日は大学生の研究発表会を見守り、そのまま打ち上げに参加。
そこで改めて感じた自分の酒年齢。

その場は大学生の先輩でもある今年入社したフレッシュマンが仕切ってくれたのだが、運ばれてきた酒は「カルアミルク」と「ファジーネーブル」のピッチャー。あとは瓶ビール。

これはたまらんと思い「ウーロンハイ」をもらおうとすると、どうやら飲み放題らしくピッチャーしか頼めないらしい。

「じゃあピッチャーでいいから。」と告げると驚愕の一言が。

「そんなの○○さんしか飲みませんよ。」

ど~~~ん。。

ええっ!?マジで!???
いや、まあ俺1人でも30分とかからず平らげちゃうと思うんだけどさ~、こんな甘ったるいもの飲めないんだよね、おじさん。

君も社会人なら若い女の子に気を配るだけじゃなくて目上の人にも配慮しなきゃいけないのよ。。。

と言ってやりたいことは山ほどありましたが、その場は瓶ビールでチビチビやりながら学生と熱く語りました。

その後は、1人新宿のネオン街へと消えた僕。
目当てはここ「焼き鳥 番番」!!

大学生の頃、毎晩歌舞伎町界隈で遊んでいた僕はこの店を知っていたのですが入ったことはなかったんです。

階段を下りると引き戸の中に古びたカウンターが見えます。
いや~素晴らしい!!
新宿にまだこんな店が残ってたんだ~。。

中は横長の店内に合わせた変形コの字型カウンターが一杯に広がっている。
焼き場の横に店員さんの通り道として開けられた場所がちょうどカウンターの真ん中。

左に15席、右に15席といったところであろうか。

「なんにしますか?」と寄って来たオヤジさんに
「ホッピーください。」と僕。
「すみません。。ホッピーは置いてないんですよ~。。」

あっ、そっか~。。
最近、「TOKIO古典酒場」に載った店だとどこでもホッピーあると思って注文しちゃうんだよね。。いかん、いかん。

代わりにもらった「酎ハイ(レモン)」を飲みつつ品書きに目を通す。
まあ、まずは焼き鳥だよな!

ここは「焼き鳥」と「もつ焼き」を両方食べれるので「ひな正」「とりかわ」「シロ」「カシラ」をすべてタレでもらう。

1本ずつ頼めるのが嬉しいな~。。
やはりカウンターしかない店だから1人客を大事にしてるんだろうな。。

1本110円の「焼き鳥」はまあ、まずまず。
気を取り直して頼んだ「小玉ねぎ串 150円」と「牛カルビ 300円」。

これはめっさ当たりやわ~!
「小玉ねぎ」は小さい玉ねぎの半分が3つバーベキューの様に焼かれているんだけど、丸ごとかぶりつけるのが妙に気持ちよい。

そして、胡椒を効かせた「牛カルビ」は野蛮な感じがたまらない。

こうなってくると他のメニューも気になって来るな~!
「煮込み」「レバ刺し」「馬刺し」なんかも良いな~。。

そんでもってなにが良いって酒の種類が豊富なとこだ!
美少年、新政、玉乃光、菊水、竹の露などの日本酒が250円~600円。
白波、いいちこ、二階堂、紅乙女などの焼酎が250円。
酎ハイが各種250円。
ウイスキーハイボールや勝沼ワインなんかが置いてあるところもなおさら昭和の匂いを感じさせる。

隣の客がワインに氷いれて飲んでるところも雑で良いな~。。

新宿にこんな焼き鳥屋があったんだ。と誰もが懐かしくなるであろう、ここ「番番」であった。

「新宿」駅から徒歩5分
新宿区歌舞伎町1-16-12 03-3200-9354
17:00~24:00
無休


« 拝啓 宮鍵様 | トップページ | 友のいる店。(BAR VAGABOND バガボンド 新宿) »

東京(新宿、高田馬場、代々木、四谷)」カテゴリの記事

コメント

カルアミルクのピッチャーだなんて、見るだけで胸焼けがしそうですね。。

>「そんなの○○さんしか飲みませんよ。」

こんなの聞いたら、「おれが飲むならそれでいいんじゃないの!?」と気色ばんでしまいそうです。
一人で二軒目に消えた気持ち、お察し致します(笑)

投稿: 酒徒 | 2007/10/24 00:45

焼き鳥番番、愉しんでいただけました?
ここは、いつも満席で、なかなか入れないんですよね。

大将も気持ちがいい人で、
また酒場の雰囲気も昭和のかおりたっぷりで、
ほんと、素敵な酒場なんです。

またぜひ行ってみて下さいね~!

投稿: 『古典酒場』編集長 | 2007/10/24 11:29

>「カルアミルク」と「ファジーネーブル」
・・・目が点になりました(笑
大学生の頃でも飲みませんでしたよ~。
(酒天童子さんもそうでしょ?)
そんなのがピッチャーで出ちゃうお店なら
ウーロンハイも焼酎薄くて不味そうですね(笑
瓶ビールで正解かも!です。


投稿: あっき | 2007/10/24 15:30

酒徒さん

ああ。。こいつは学生時代飲まずに出ちゃったんだな~。。可愛そうに。。と思いました。

20人くらいいるところで1人でピッチャー傾けている姿を見せるのもいかがなものかとこの場は大人しくしておりました。。1人消えたのは自然な流れですよね^^ご賛同、どうもです!

投稿: 酒天童子 | 2007/10/24 21:22

「古典酒場」編集長さん

いや~おおいに愉しみましたよ!
オヤジさんも見た目はイカツイのに腰の低い方で可愛らしかったです。

新宿って僕の中でけっこう捨ててた場所なんですが、最近良い店がいっぱい見つかって、気付くと新宿で降りていることが多いです。

この前も「みのる」のマスターと編集長さんの話題で盛り上がっちゃいました^^

投稿: 酒天童子 | 2007/10/24 21:27

あっきさん

学生時代から「きくや」に通っていたあっきさんには「カルアミルク」や「ファジーネーブル」なんつ~軟弱な選択肢はありませんよね^^

僕は大学生の頃は日本酒が飲めなかったので専ら焼酎でした。
たしかに今思えばここでのウーロンも危険な気がしますが、痛風持ちの僕としては保険にビール以外の道も持って置かないと不安なのです。。なさけなし。

投稿: 酒天童子 | 2007/10/24 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/16847108

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き鳥 番番 (新宿):

« 拝啓 宮鍵様 | トップページ | 友のいる店。(BAR VAGABOND バガボンド 新宿) »