« 今宵も「番番」!! (新宿) | トップページ | どて串かつ 久富 (名古屋 栄) »

焼き鳥 角屋 (名古屋 大須観音)

夏くらいから近々行きたいな~と思っていた関西遠征。
本当は大阪―名古屋で行きたかったのだが、急な仕事の都合により1泊で名古屋に行くこととなった。

仕事は日曜なのだが、土曜の昼から現地入りした僕。
目的はもちろん真っ昼間からの飲み歩きである。

19時から栄で友人と会うことになっていた僕はこんなプランを立てていた。
16:00~末廣屋(大須観音)17:00~大甚(伏見)19:00~1000酔漢
(栄)友人と別れてから まほらま(久屋大通)である。

いや~考えただけでウッキウキだな~!!

バスは予定通りに名古屋(栄)に着き、駅のロッカーに荷物を入れて地下鉄に飛び込ん
だ。
栄から大須観音までは2駅ほど。歩いて行けない距離でもないが僕は地下鉄が好きなのだ。

大須観音駅から歩くこと7分。
ちょうど16:00に「末廣屋」に着いた。こんな人通りの多い道に面していたのか!

さっそく入ろうとするとシャッターは半分だけしか開いていない。
う~む、まだ準備中なのかな。。
まさか。。と慌てて店の看板を見て電話した。

いっくら鳴っても誰もでない。
ガチャッ。。

「あっ、すみません!今日は何時からですか?」
「あ~今日はお休みなんですよ。。」
「えっ、でも今日は土曜日ですよね?」
「ええ、でも今日は祝日ですから。。」

ど~~~~~ん。。。

ええっ!!??今日、祝日だったの??
僕は身体が崩れ落ちそうなくらい脱力した。

だってそうしたら「大甚」も芋づるで休みじゃない。
う~わ~。。なにしに来たんだ、おいら。。

しばし呆然でしたよ。
慌てて電話した「1000酔漢」と「まほらま」。
「まほらま」は開いてたものの、案の定「1000酔漢」は休み。

う~~わ。。やっちゃった~。。と落ち込んだのも束の間!
よ~し、老舗はまた今度にとって置いて今回しか行けない様な店を発掘しようじゃない
さ!!

と大須観音界隈を歩き始めた僕。
しかし、歩けど歩けど居酒屋に巡り合えない。と言うかお寺方面以外はそもそも人がい
ない。

絶望に暮れていた僕に光が差したのは、とある交差点に差し掛かった時であった。
おお!なんとまばゆき光景よ。。

Dsc00084

それが、この交差点の一角に店を構える「焼き鳥 角屋」!
暖簾をくぐると6人ほど座れるV字カウンターに通された。
珍しいな。V字って。

そして、V字の後には20人ほど座れるコの字型カウンターが!
う~ん、向こうでも良かったけど、焼き場の前のこの席も趣きがあって心地良い。

Dsc00067

1本100円の焼き鳥は2本からの注文。
ここはタレが主流で「塩」と言わないとタレで出てくる。

僕は、それが良い!
こうした大衆酒場の燗酒にはタレが持って来いなのだ。

僕は、「玉子」と「鳥玉」と「手羽先(300円)」を頼んだ。
そしてまずはビール。
いつもなら酒であろうが、今日はいかんせん長丁場!
まずはビールで行きましょう。

奥のコの字型カウンターはおばさんが一人で仕切り、注文が入ると向こうから拡声器で
注文を吼える。

それを聞いて動くご主人の手の忙しいこと。
それに加え、僕らV字のお客さんの注文も捌かなきゃならないんだから大したもんだよ

ご主人が脇において付けているタレは創業以来58年注ぎ足された秘伝のタレ!
これがどんなネタとも合うんだわ。

隣の客は30年ぶりに飲みに来たようで色々な話をしてくれた。
昔はこのあたりは工場が多く、夜勤の合間に抜けてここに飲みに来たのだとか。

僕とこの客のやりとりを聞いていた右のTAXI運転手が
「兄ちゃん、さっき言ってた休みの店って末廣だろ?」
なんて急に入ってくる。

大阪で飲んでるような関西弁はそんなに目立たず、さっくり気軽に話しかけてくれる名
古屋の人。酒を燗でもらいすっかり上機嫌になった僕はすでに「末廣屋」「大甚」のこ
となど忘れて酒に興じていたのだった。

「大須観音」駅から徒歩5分
名古屋市中区大須2-32-15
17:00~21:00(火曜~土曜)
16:00~21:00(日曜)
月曜定休


« 今宵も「番番」!! (新宿) | トップページ | どて串かつ 久富 (名古屋 栄) »

静岡、名古屋」カテゴリの記事

コメント

地方飲みの楽しさ、満喫されてますねー!
目当ての店がダメでも、別の出会いがあるもんですよね。
このあとも楽しみです。

でも、そこでこんなこと言うのもなんですが(笑)、
末廣も大甚もとてもいいです。
また仕事を作って行ってみてください!

投稿: 酒徒 | 2007/11/12 23:38

はい^^
さっそく12月あたりに行けないかと、なんとか難癖つけれる用意をしています。

もともと知らない土地でメガネに適った店に飛び込むことから始めた居酒屋行脚!
本領発揮となった今回の飲み歩きでした。

引き続きよろしくです。

投稿: 酒天童子 | 2007/11/12 23:46

何度かこの店に行ったことがあります。
この拡声器でのやり取りに、なぜか感動をしました。
隣には、何十年も通っている常連さんが座り、いろいろ昔話をしてくれましたっけ。

投稿: 小林麦酒 | 2007/11/15 18:32

おっ!ご存知でしたか。
名古屋界隈ではひょっとしたら知れた店なんですかね!?

あの拡声器は僕も度肝を抜かれましたが、あれがまた良い味だしてました!
常連が多いのも良店の証ですね!!

投稿: 酒天童子 | 2007/11/17 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/17057663

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き鳥 角屋 (名古屋 大須観音):

« 今宵も「番番」!! (新宿) | トップページ | どて串かつ 久富 (名古屋 栄) »