« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

年の瀬の鍵屋 (根岸)

名古屋からきた友人を連れて年末の「鍵屋」を訪れた。

東京らしい居酒屋に!という要望をもらっていたので迷うことなくここへ連れて来たのである。

おやじさんはまだ仕込み中とのことで、女将さんに注文を頼んだ。
まずは瓶ビールと「鰻のくりから焼き」、「鳥かわ」、そして名古屋から来た彼女の目に留まった「味噌おでん」!

いつも「くりから」から頼むか「鴨焼き」から頼むか迷うのが常の鍵屋。
あとに控えている燗のことを考えるとついつい「くりから」を後にしたいのだが、まあまた頼めば良いか!
と甘えてしまうのも常なのだ。

なにを見ても歴史を感じさせるここ鍵屋。
彼女もすべてが目新しく、それでいて落ち着くとご満悦の様子。

おやじさんが降りてきたので挨拶をし、甘いの(櫻正宗)を点けて貰う。
燗点け器の前のためか、顔がほてり紅色に染まる頬。
紅の縁取りのついたお猪口とも映えて実に艶っぽい。

気がつけば、カウンターも小上がりもすべてが満席の今夜。
やはりこの季節にいつも来たくなるのは、僕だけではなかったのだな。。

今年もありがとう。。鍵屋。おやじさん。


JR「鶯谷」駅から徒歩5分  台東区根岸3-6-23  03ー3872ー2227
17時~21時
日曜・祝日 定休

| コメント (2) | トラックバック (0)

月島の粋な立ち呑み屋! 大島や(月島)


女将さんに温かく見送られて戸を引いた岸田屋。

さて、お次はどこへ行きますか!

がっつりと老舗の空気を味わった後は、また違った感じに砕けた処が良いであろう。

鮪の美味い「魚仁」か、これまたなんでも美味い立ち呑み「大島や」か!

「お任せしますよ!」と言われやってきたのは、「大島や」。

009

鮪ブツなど、月島らしくもあり、月島にこんなとこあったんだ。。と驚きもあるお店。

以前金髪にオールバックだったヤンチャなご主人は相変わらずチャキチャキと機敏な動き。
僕のお勧めの「ペンネデミチーズ」や「肉味噌豆腐」などを摘み、あおるはホッピー!

前回友人宅で行われた忘年会で僕はホッピーの瓶を大量に持参し、ホッピーについて熱く語った。
そのことを覚えていた彼らは、出てくるなり

「これが3冷ですか~。。」と呟いた。

顔も身体も緩みながらホッピーをバカバカ空ける。
後ろの壁との隙間もわずかしかないから寄りかかりながら飲めるのも心地良い。

月島に来たらなぜか自然と寄りたくなってしまうのが、ここ「大島や」なのである。


「月島」駅から徒歩3分
中央区月島1-4-1
03-3531-1331 
日祝休 
17:00~


| コメント (0) | トラックバック (0)

月島は「もんじゃ」の街じゃない! 岸田屋 (月島)

先日、友人カップルを連れて飲みに行ってきた。

女性のほうが友人で、以前から僕に飲みに連れて行ってくれと要望をもらっていた。
少し前にカメラマンの彼氏を紹介されたのだが、この方が非常に面白く、では3人で行きましょう!となったのである。

さて、どこに連れていこうか。。

まず思い浮かんだのが、根岸の「鍵屋」!
あそこを見せれば、普段僕がどんな店で飲んでいるのかが一発で伝わるだろう。
しかし、鶯谷には鍵屋以外には「おせん」くらいしか連れて行きたい店が無く、断念。

次に思ったのが、門前仲町。
「魚三」に始まり、「河本」または「だるま」などを回れば、この界隈に住みたくなるに違いない。

しかし、今回は「こんなところにこんな居酒屋が!?」というのをコンセプトに月島へとやってきた。
二人の月島の印象はやはり「もんじゃ」とのこと。

まあ、これは東京に住んでいる人のほとんどがそうであろう。

ところがどっこい、ここには東京一美味い「肉豆腐」の店があるのだ。
それが「東京3大煮込み」にも数えられている「岸田屋」である。

見よ!この素晴らしき暖簾を!!
ぐうの音も出まい。

まあ、ここも少々迷いましたよ。
僕は誰かに居酒屋案内を頼まれた際、ほぼ2人で行くことにしている。
それはカウンターで飲むことを前提としているからだ。

テーブル席から眺めながら良さの感じられる店など、ほんのわずかである。
なので、今回の岸田屋も3人というのは危惧した点ではあった。

だってカウンターしか無いし、常に満席なのだから。

その心配は半分はずれ、半分あたってしまった。
入れたは入れたが、メインカウンターに背を向けた壁側の席なのである。

う~ん、あっちで飲めるかどうかは雲泥の差なんだよな。。
という僕の心配をよそに、二人は「煮込み」と「肉豆腐」のとりこに!

これは美味いです!とお代わりをしながら3人で熱燗を傾けた。
僕の好きなここの「ヌタ」や「イカ焼き」も気に入ってくれ、まずまずのご案内ができたかな。

あ~でも今度は是非2人で来て、あっちのカウンターに座ってください。
と頑としてこだわりを説いた僕であった。

岸田屋ファンの方は、この気持ちわかるでしょ??


大江戸線「月島駅」から徒歩10分 「勝どき駅」から徒歩5分
03-3531-1974
東京都中央区月島3-15-12
17時~21時(暖簾仕舞い)
日曜・祝日 定休

| コメント (6) | トラックバック (0)

呑太りん (のみたりん)新橋

039

近頃、いっそがしくて更新してる余裕が全然ありません。

先日、日曜に新橋で仕事があり帰り道に飲み屋街へ。
まあ、「魚金」は立ち飲み以外開いているのがわかっていたから止まり木に心配はしていなかったけど、いつも通り「魚金」というのもつまらない。

平日なら、炉端焼きの「武蔵」に入っていただろうが、今日はお休み。
ということで近所にあるここ「呑太りん」にはいった。

カウンターはU字に囲むように10席ほど。
程良く古びた店内の雰囲気は悪くない。

さっそく日本酒が欲しくて品書きに目を通す。
真澄、銀盤、賀茂鶴、美少年、浦霞、出羽桜、酔鯨、一の蔵などが純米、純吟、吟醸、大吟醸などで630円~1300円。ただしすべて300mである。

まあ値段的には良心的なほうであろう。

そしてここは串焼きがメインの様だ。
ショーケースの中には、うずらのベーコン巻き、牛カルビ、ウインナーベーコン、豚しそ巻きなどが美味そうに積まれている。

1本200円ほどするので安いとは言えないが味はまずまず。

美少年の純米生酒をもらいながら、おでんを摘んでみた。

035

このおでんは当たりでした!
程良く染みた「卵」と「厚揚げ」。
120円だったかな??

これを摘みながら軽く酒を飲み、腰を上げる。

日曜の夕方にさくっと寄るには使い勝手は良いかもしれないな!


「新橋」駅 烏森口から徒歩3分
港区新橋3-16-12 
03-3431-8993
16:00~23:30(L.O.23:00)
無休

| コメント (0) | トラックバック (0)

豪徳寺と言ったら「住吉」!

燗を2合にホッピーを2杯。

たいして飲んでないんだけど妙に満足しちまったな~。。
やっぱ店の雰囲気が良かったせいであろう。

今日は真っ直ぐ帰るか!
と世田谷線に乗るも、降りた「山下」から「豪徳寺」に向かう足は「晩酌の店 住吉」に向いている。

やっぱ豪徳寺に来たらここでホッピー飲まなきゃ治まらねえ!
と戸を引いた。

やはりここも地元客でほぼ満席。
「住吉」と「高橋」は非常に雰囲気が似ている。
この雰囲気はこの辺りの地元客がつくりだす独特の空気なのかもしれない。

さっそくホッピーを頼み、摘みは串カツ!
といきたかったのだが串カツは売り切れ。。ここの串カツ美味いもんな~。。

「じゃあ、アジフライはある?」
と頼んだアジフライ。
ほっくほくで美味いな~!

それにしてもここの客は相変わらず面白い。
横のオヤジは飲みすぎて帰るのが寂しくなったのか、しきりに頭の痛いふり。
かまって欲しいんだろうな~。心配して欲しいんだろうな~。と見ていると、「熱あんの?じゃあ帰れよ。」と他の常連客。

それを聞いて勘定をすると「俺2000円だよね、2000円だよね。」と計算中にうるさいオヤジ。
「3000円です。」
「そうだよね~。。」
どないやねん!

この店で3000円てどんだけ飲んだんだ、このオヤジ。

来る度にこんな人たちと出会うのが住吉の良さでもあるんだよな~。。
また来よう!

小田急線「豪徳寺」駅、世田谷線「山下」駅から徒歩1分
17:00~22:00

| コメント (0) | トラックバック (0)

大衆酒場 酒の高橋 (世田谷)

026_2

小田急線を「豪徳寺」で降り、世田谷線に乗り換え「世田谷」で下車。

店先に吊るされた「勉強王」と書かれた赤提灯が目印。
それがここ、酒の高橋だ。

入ると右にカウンター10席、左に小上がりでテーブルが4つ。
平日7時は地元の常連でほぼ満席。
鳶、リーマン、スナックのママ、年配客など様々な人が入り乱れている。

そんな人気店を切り盛りするのはおばちゃん2人。

「ごめんね~、こんなとこに鍋置いといて。」と僕の席の前に置かれた鍋を言う。
「全然大丈夫ですよ。」
「だって顔が見えないと寂しいじゃない。」

なんておばちゃんだからこの繁盛ぶりなんだろうな。

まずは燗を2合と刺身3品(600円)をもらった。
本日の刺身は「まぐろ」「ぶり」「すずき」「赤貝」がそれぞれ500円。
3品盛りとあるのに、来てみれば4品が2切れずつ乗っている。
大きめに雑に切られているのも良いな。

さっきから隣の年配客が食ってる「白子鍋」が非常に美味そうだ。
「かき」「あんこう」「タラちり」「白子」「豚みそ」などの鍋は800円。

「白子鍋」は白子だけで茶碗一杯はありそうな大盛り。
あれを喰ったら僕は間違いなく明日は足が痛い。

しかし、やっぱ燗には白子だよね!

029

この「白子ポン酢」が美味かった~。。
「ゆず」と「ねぎ」の効かせ方が絶妙。

ここで酒をホッピーに変える。
210円とは安いな~。
最近ホッピー置く店が増えてきたけど、1杯500円なんて勘違いしてる店がけっこうある。
そういう店主には是非こうした大衆酒場に飲みに来てもらいたい。

ここで「ニラ玉 320円」を頼んだ。
これが、もう大当たり!
とろっとろの玉子とニラの絡みが絶妙で効かせたゴマ油が良い香り。

やっぱ大衆酒場はこうした安直な品が最高だよな~。。

隣の客は焼酎のボトル、瓶ビール、徳利が林立し、注文の品が来るたびに「俺こんなの頼んだっけ。。持って帰ろう。。」なんて言ってる。

世田谷の住民に古くから愛されているだろう、ここ高橋。
また良き酒場とひとつ出逢った。


世田谷線「世田谷」駅から徒歩1分
世田谷区世田谷3-1-26 
03-3420-5051
17:00~22:00
日祝、第3土曜定休

| コメント (6) | トラックバック (0)

おでん 米久 (よねきゅう) 阿佐ヶ谷

仕事が終わって慌てて飛んできた阿佐ヶ谷。

昔、阿佐ヶ谷に住んでいた彼女の誕生日の日にここに飲みに来たのもなにかの縁かもしれない。

なぜ今日阿佐ヶ谷に来たかというと、先日の名古屋の銘酒居酒屋「まほらま」に触発さ
れたからだ。

お目当ては「善知鳥 うとう」!
酒飲みな肴で美味い酒が飲みたいと参った次第だ。

しかし、店の前まで来て訪れた惨事。。
「今日は22:00以降貸切です。」

うっそ~。。

そんなおいらを慰めてくれる酒場を探して歩くことしばし、目の前に見えた「燗酒屋」は
入ろうとしたら灯りが消えた。

ああ。。今夜は見放されたかな。。

そんな中、優しく灯っていたのがここ!

050

「おでん 米久」。

なにやら賑やかな笑い声が聞こえてくる。
こりゃ~楽しそうだ!

「がらがらがらがら~っ♪」
「あっ、おかえりなさ~い!」

なんだ、このアットホーム感!

入り口はU字カウンターになっており常連が丸くなって酒を飲んでいる。

その一方が店の奥へと伸びており、カウンター席は全部で15席ほど。

僕はちょうど「おでん鍋」の前に通された。

「じゃあお母さん、またね~!」
と常連集団は引き上げ、店には僕1人。

「すみません、刺身はまだ全部残ってますか?」
「大丈夫ですよ。ただ、はじめは おでんを何品か頼んで摘んでいて下さい。その間に切りますので。」

なるほど。
品書きの黒板にも「はじめにおでんを頼んで下さい。」と書いてある。

う~ん、そうだな~。。
こっちは刺身を摘みながら おでんを考えようと思っていたんだよな~。。

いや~それにしても美味そうだ!

「さざえと~たまごと~すじと~、あっ これなんですか?」
「これは しめじ天だよ。美味しいよ!」
「じゃあ、それを!あとサッポロの赤を!」

赤があるなんて嬉しいじゃない!

「さざえはこれに付けて食べても美味しいよ~。」
と出してくれたのは醤油とカラシ。

湯だった「さざえ」の磯の香りとカラシ。これがめちゃうまですわ!
「とくとくとく~っ。。」と注ぎ、3割泡蓋のできあがり。

いや~おでんとビール美味いな~。。

そして、意外や意外に美味いのが「しめじ天」!
衣がしっとりとダシ汁を吸っていて、噛むごとに溢れる脂は「天ぷら蕎麦」の最後の楽しみと同じ美味さ。

う~ん、「たまご」も「すじ」も染みてて美味いな~。。

そこに来ました、さっき頼んでおいた「秋刀魚のなめろう」!
「なめろう」はご存知、刺身を味噌やネギと叩いた漁師料理だ。

今日の刺身は「馬刺し」「やりいか」「まぐろ」「〆鯖」「みる貝」「かつおのたたき」などなどが600円~900円。

僕の選んだ「秋刀魚のなめろう」は、なんと「つま」の変わりに「大根のお新香」が付いてきた。これは「つま」で出しても「大根」を残されてしまうので女将さんが工夫したそう。

この「お新香」と「なめろう」を一緒に食べてもすごく良く合う。

ここで酒を燗で1合もらい、「なめろう」を楽しんだ。

「あんたは若いのに綺麗にお酒が飲めるね~。若いうちなんて持ってるお金の分だけみんな飲んじまうもんだけどね~。」

「いや~肴と愉しみながら飲んでいれば自ずとこれくらいの量に収まるんじゃないでしょうか。」

などと生意気なことを言いながら、もう1合点けてもらった。

最後にもう一度頼んだ「おでん」の「竹の子」が美味かったのが忘れられない。
女将さんが「サービス」と言ってよそってくれた「こんぶ」も美味かったな~。。

最近、目当ての店に蹴られた方が当たりの店を引くようだ。
年末に向けて運気が上がってきたかな!

創業33年になる阿佐ヶ谷の「米久」。
冬本番になったらまた来たいと思った、ここ「米久」であった。


「阿佐ヶ谷」駅から徒歩5分
03-3338-6851
杉並区阿佐谷北2-11-17
水日祝定休     
おでんは100円~200円くらい

| コメント (0) | トラックバック (0)

居酒屋 和市 (千歳烏山)

仕事帰りに「ふらっっ。。」っと「和市」へ。

季節によって酒のラインナップが変わる「和市」。
先日頂いた「夢心」はもうないが、「義侠 えにし」の文字を見つけちゃ~燗でもらうしかない!

先日、「まほらま」で頂いて以来すっかり愛飲している。

そして、ここのところ「和市」でお気に入りなのが「むかごの塩ゆで」だ。

最近の人(僕も若造だけど)はむかごを見た事も無い人が多いだろうが、素朴な存在と奥ゆかしい味はまさに酒の肴にぴったりなのである。

僕が同時に想像するのは、鎌倉の山の自然薯。
「土は喰いもの!」という名言がしっかりと伝わってくるような自然の恵み。

このむかごを手で摘みながら口に運ぶのがなんとも愉しい。

そして、燗に合わせて頼んだ「〆鯖」。

この日初めて知ったのだが、「和市」の「〆鯖」は松輪の鯖を使っているのだ。

関東の力のある寿司屋では、「鯖と言ったら松輪」と言われるほどの高級品。

それを普通だったら品書きに「松輪産」と書かれているものを敢えて書いていないのが渋すぎる。
やっぱり職人さんなんだな~和市さんは。。


京王線「千歳烏山駅」から徒歩2分
世田谷区南烏山5-32-6 サンマルシェⅢ101    03-5313-5012
営業時間17時~24時(ラストオーダー23時30分)  日曜定休


| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »