« 久しぶりの煮込玉!(河本 木場) | トップページ | 明石焼き たちばな (三宮) »

居酒屋 浅七 (門前仲町)

春を感じさせる夜風に吹かれながら門前仲町までの道を愉しんだ。

さあ。。今度は酒を愉しみにいこう!

東京において、ここほど純粋に酒を愉しめる店もないであろう。

014

来るとまず頼むのは「群馬泉純米の燗」と「穴子の煮こごり」だ。

舌の熱で蕩ける煮こごりを愉しみながら「群馬泉」の香りを愉しむ。

う~ん、最高に愉しい時間だな。。

歳を重ねるごとに酒の愉しみ方は変わってくるが、この店での時間だけは大切にしたいと心から想う。


東西線「門前仲町」駅 2番出口から徒歩3分
東京都江東区富岡1-5-15
03-3630-3127
営業時間 17:30~22:30
定休日  日曜祝日


« 久しぶりの煮込玉!(河本 木場) | トップページ | 明石焼き たちばな (三宮) »

東京(門前仲町、木場、森下、月島、勝どき)」カテゴリの記事

コメント

群馬泉の燗に煮こごり!僕も最初は全く同じ注文です!
あのアナゴの煮こごり、本当に旨いですよねえ。

酒を愉しめる店、全く同感です。ここばっかりは必ず1人で行きたくなります。(2人だと自動的に座敷になってしまうから、というのもありますが)

投稿: 酒徒 | 2009/02/13 23:11

群馬泉から大七に流れるのがだいたいですね!

「づけ」も良いのですが、燗を愉しむとなるとまずは「煮こごり」となりますよね。

この店は酒呑みのセンスが問われる店だと思います。

投稿: 酒天童子 | 2009/02/14 12:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/43994450

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋 浅七 (門前仲町):

« 久しぶりの煮込玉!(河本 木場) | トップページ | 明石焼き たちばな (三宮) »