« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

赤津加(あかつか) 秋葉原

オタクの聖地(サンクチュアリ)秋葉原。

この不釣合いな地にある老舗居酒屋。

その名も赤津加。。

Photo

料亭のように囲われ仕切られた土地に建つこの赤津加。

入るとカウンターとテーブル席。

カウンターは15席ほど。

テーブル席も雰囲気良さげな蕎麦やのようなつくり。

一歩足を踏み出せば、電気屋街のこの地にこんな店が残っていること自体奇跡的なことだが、「ふくべ」
で呑んだ後では、いささか物足りなさを感じるのである。


「秋葉原」駅から徒歩5分
千代田区外神田1-10-2
11:30~13:30(ランチ)
17:00~22:30
日祝定休

| コメント (0) | トラックバック (0)

ふくべ (東京 八重洲)

居酒屋には店内を写してはならない店がある。

久しぶりにその枠に入る店と出逢った。

1

銀座、京橋、八重洲あたりはビジネス街でありながらも新橋、有楽町とは違う匂いがするのも面白い。

めったにこちらへは来られない今の生活。

歩いているだけで高揚感を感じる。

さあ、いざ「ふくべ」の戸を引こう!


戸を引いた瞬間漏らしそうになりましたよ。
ここの戸を引いてこの感覚が分かる人は同志です。


左に8席ほどのカウンター、右にテーブル席。

カウンターでは、常連とご主人の笑みがこぼれる。

何十年も使われ角がまるくなった桝で量られ、湯の燗点け器へ入れられる。

この一連の流れを絶妙な距離感で感じられるここのカウンターは最高だ。

まずは「菊姫」の燗と「ぬた」をもらった。

ここの「ぬた」は酢味噌とねぎと鮪のブツ切り。

鮪がサイコロほどの大きさなのも非常に繊細で上品。

一緒にもらった「〆鯖」も厚み、隠し包丁、共に絶妙。

あ~。。
幸せ。。

ここで酒を「樽酒の冷」に変え、頼むは「はんぺん焼き」!

この「はんぺん」のふっくら感と焼き加減は絶品!

いや~この「ふくべ」。

なんでもっと早く来なかったかなぁ。。


「東京」駅から徒歩5分
中央区八重洲1-4-5
16:30~23:00
土曜は22:00まで
日祝、第2土曜定休

| コメント (0) | トラックバック (0)

地酒と肴 真菜板 (高田馬場)

何年も前から行こう行こうと思いつつもなかなか来られなかった、ここ真菜板。

日本酒好きにはたまらないとの評判はいかに。。

入ると店内はカウンター席のみが10席弱。

いかにも「通」が通いそうな店造りだ。

なるほど。

日本酒好きなご主人の趣向が様々な面で感じられる。

まずは、店内禁煙!

これを貫く頑固な店はそんなにお目にかかれない。

愉しみな夜の始まりとして 悦 凱陣(純米)をぬる燗で頂いた。

摘むは「皮くじらの味噌漬け」!

くじらの柔らかな脂と味噌の相性が抜群のこの摘み。

それを燗でまるく包める幸せよ。。

ご主人のお勧め「十旭日」をぬる燗で頂き、「焼きモッツァレラ」を摘む。

日本酒をライスワインと位置づけ、創作料理に工夫を凝らしているのも気持ちよいな。

杉田さんと女将さんの優しい接客にも好感が持てる、ここ「真菜板」である。


新宿区高田馬場3-33-3
03-3362-1198
17:00~24:00
日曜定休

| コメント (0) | トラックバック (0)

はまびと料理 旧宮(ふるみや) 高知

「とんちゃん」で気分上々の後は、やはり「鰹」が食いたい。

こりゃ~飲み屋はたくさんあるし、すぐに良い店が見つかるであろう。

と歩くこと3分。。

すぐに良い店構えの店を見つけた。

よしよし、鰹もある。

さっそく「土佐鶴」の燗と「鰹」を頼むも、なかなかなにも出てこない。

カウンターの中の板場ではテンパりまくっているご主人の姿。

この店構えなら20年はここでやってきただろうに、なぜこの程度の客入りでてんてこ舞いなのか??

う~ん、酒も「鰹」もうまくない。。

すぐに店を出て他の店を探す。

またも店構えは最高な店を見つけ入るも、なんだかさっきと同じ雰囲気の店内。

なかなかオーダーも取りに来ず、20分も前に入った後ろの席の客がやっと注文を取ってもらったそう。。

「すみません、お忙しそうなのでまたにします。」

と告げ慌てて退散した。

う~ん、思った以上に良い店に出会えないぞ、高知!

しかも、どの店も「鰹」の相場が1000円~1500円なのだ。

こりゃ~たまらんと思いつつもなんとしても「鰹」が食いたい。

一縷の望みを持ってこの店の戸を引いた。

3

「いらっしゃいませ!」

優しくも活気あるこの言葉にどれだけ救われたか。。

酒のラインナップも大したもので「司牡丹」や「亀泉」など高知のほとんどの酒を揃えている。

僕は大好きな「亀泉」のぬる燗でこれまでの苦労(いや~辛かったっすわ。。)を労った。

Photo_15

うい~。。

ではでは、念願の「鰹」を頂きましょうか。

Photo_13

どうだい!この美しさ!!

玉ねぎと大葉が荒々しい鰹をしっとりと包む。。

う~、やっと逢えたね、君に。遠かったよ。。

1_2

炉のついたこんな素敵なテーブルもあるし、あそこで焼きながら呑むのも良いだろうな。

高知の良き店、「旧宮」!

ここは、お勧めです。


「高知」駅より徒歩10分
高知県高知市追手筋1-3-9 いしもとビル
088-873-2938
17:30~24:00
日曜祝日定休


| コメント (2) | トラックバック (0)

成吉思汗(ジンギスカン) とんちゃん (高知)


ようやく辿り着いた高知駅。

さて、今宵も酔って行こうか!

情報無しで散策する愉しさがたまらない今回の旅。

やはり鰹を求めて徘徊することしばし、この店に出逢う。

Photo_10

高知まで来てホルモンもないであろう。。

と思うかもしれないが、この店の前でこの匂いを嗅いじゃ~素通りはできねえ!

戦後から商売をしているという「とんちゃん」。

メニューを見ると目が点になるであろう、このラインナップ。

「ととろ」「ごんべ」「ななし」「トラ巻き」「つめ」「げて」・・・。

む~。。と悩んでいると女将さんが優しく教えてくれる。

そんな中からまずは「銀なべ (煮込み)」と「ニラとん」「蒙古ステーキ」を頂く。

酒は酎ハイのライム。

「ニラとん」はホルモン焼きにニラを加えたもの。

「蒙古ステーキ」は羊肉のステーキでこれが最高にうまい!

Photo_12

湯燗される鍋は年代物で、点けられる酒は「司牡丹」。

これでつまむ「ポテトサラダ」は最高なのだ。

届け物に来た店の人がそのまま「一杯くれや~!」と腰掛けていく。

優しい女将衆が店を守る、ここ「とんちゃん」。

いつまでもこの活気が続くことであろう。。


「高知」駅から徒歩10分
高知県高知市帯屋町1-3-8
088-823-6204
17:00~23:00
日曜定休

| コメント (0) | トラックバック (0)

天下茶屋食堂 (窪川)

旅は列車が良い。。

歳を重ねるごとにそう思う様になってきた。

四万十の流れに乗って愛媛から高知へと踏み入る。

Photo_7

1両編成の列車は乗っているみながいつのまにやら仲間のように思えるところもまた良い。

2時間半の乗車を経て高知の窪川に着いた。

さて、高知行きの列車までの間、少々町を散策しよう。

田舎の駅前には必ずと言ってよい程、「名物食堂」がある。

Photo_8

500円の親子丼は「なると」が入った優しいお味。

店のおばあさんが一生懸命つくってくれるのが、帰省する気分を与えてくれる。


「窪川」駅前
高知県高岡郡四万十町琴平町15−27
0880-22-0166


| コメント (0) | トラックバック (0)

ホヤケン (松山)

さて、小判道場で気持ち良くなった後は軽くBARでも行きたいな。

ということで、小判道場に入る前に目をつけていたこの可愛いお店へ。

Photo_5

このトリスっぽさ、とベルギービールの文字に「2軒目はここだ!」と旗を立てておいたのである。

Photo_6

入るとまずはカウンターが並び奥にテーブルと縦長なつくり。

落花生が箸置きになっているのも面白い。

一見BARのようなつくりだが、居酒屋とBARの中間と言ったところであろうか。

ベルギービールに惹かれて入ったのだが愛媛の地酒もいくつか置いているとのことで流れはそちらへ。。

頂くは「石鎚」と「城川郷」。

う~ん、これまた桃のような優しさと米のどっしりとした酒だな~。。

これまた優しい味わいの「たまご焼き」を頂きながら夜は更けていった。


「大街道」駅から徒歩5分
愛媛県松山市三番町2-5-17
089-933-2937
18:00~24:00
月曜定休


| コメント (0) | トラックバック (0)

小判道場 (松山)

初めて足を踏み入れた四国。

さあ、どんな人や酒と出逢えるのだろう。。

なんの情報も持たずに来てしまった今回。

開拓精神に火がつくぜ!

ということで、中は見えずとも迷いも無く吸い込まれたこの酒場。

Photo_2

まるで「斉藤酒場」の様な店構えではないか!

ではでは、中はいかがかな?

ほっほ~う。。

中は厨房が広めのL字カウンターが15席弱。

粋の良いご主人と女将さんの夫婦で切り盛りされている店らしい。

まずは、瓶を頂き「はいっ!」と出されたお通しを頂く。

Photo_3

このお通しでこの店は当たりだと分かる。

とこぶし、魚卵、鰹などが優しく炊かれている。

酒が出てくるまで、または一品目が出てくるまでの間、「とりあえず食わされるどうでもよいもの」ではなく、一口食べて「これは酒と共に味わいたいな。」と思わせてくれる本物のお通しだ。

これは、料理のほうも期待できるぞ!

黒板を見ると色々と面白そうなものが並んでいる。

まずは、きのうも食べた「鰆の刺身」。

それと「蛸の一本揚げ」。

ここで女将さんから「おでんも美味しいから食べてみる?」との声。

そいでもって「今日はこれを喰うしかないよ!」と刺身でも喰えそうな新鮮な「かさご」を掲げるご主人。

ではでは、その4品で!

県外客だと見抜くや否や、地のものを勧めて頂けるのは大変有り難い。

Photo_4

「鰆」はやはり分厚く切られ、これが良い。

「かさごの唐揚」はご主人が勧めてくれた通り大変うまい。

愛媛の地酒「梅錦」の冷もすべらかに喉に入るな。。

「間違って蛸刺し作っちゃったけど、誰か食べる~。」

魚三スタイルが見れたのも嬉しかったな。

勘定はそろばんでご主人がし、おつりは仲買人のようにポケットの札束から出されるのが、また気持ち良いな。

今宵も良き酒場に出逢い、出だし好調な四国の旅である。


「松山市」駅から徒歩10分
「大街道」駅から徒歩3分
松山市二番町2-6-1
089-945-9927

| コメント (0) | トラックバック (0)

佐久良屋 (さくらや) 岡山

実に10年ぶりとなる岡山。

東京から沖縄までのバイク旅で立ち寄った以来となる。

さあ、岡山名物「鰆 さわら」でも食いながら、うまい地酒を頂こう。

Photo_8

やってきたのは「佐久良屋」。

瀬戸内の旬なもので岡山の地酒を味わって欲しいと30年前に開かれた料亭「藤ひろ」が隣に構える。

この「藤ひろ」の料理を単品で居酒屋感覚で頼めるのが、「佐久良屋」なのである。

さっそく「刺し盛り」で呑もうではないか!

Photo_9

「鮪」「平目」「鰆」の盛り合わせは美しい。。

「平目」は天然特有の歯ごたえと香りが非常にうまい。

初めて食べる「鰆」の刺身だが、「鰹」や「びんちょう」のような身の柔らかさ。

なので、同様に分厚く切られているのだろう。

味は上品ながら大衆的な感じがする。

白身といえば「鯛」や「河豚」「くえ」「平目」のように薄く切られたものが主流なせいかな。

まあ、でも僕としてはこの大衆的な味わいが妙に気に入ってしまったのだが。。


ここ「佐久良屋」では、岡山を流れる3本の川にそれぞれ位置する6つ(喜平、三光、櫻室町、御前酒、大典白菊、燦然)の蔵元の酒が愉しめる。

僕は「喜平の純米」をぬる燗で頂いた。

まるで桃のようなさっぱりしつつも包んでくれる上品な味わいだ。

Photo_10

これで頂く「自家製チーズ」。

う~ん、クリームチーズを甘めの白ワインで愉しむ様なのだが、これはまた別の愉しみ方だな。。

料理も酒も値段は普通の居酒屋と変わらないのだが、技術もネタも接客も一つ上行くここ「佐久良屋」なのである。


「岡山」駅から徒歩5分
岡山市野田屋町1-8-2
086-223-5318
17:00~22:30
日祝定休


| コメント (0) | トラックバック (0)

カレー&のみもの ユキさんち (与那国島)

与那国島で酒を呑もう。

この国で最後に日が沈むこの場所で。

Photo_7

やってきたのは、赤瓦の平屋を改装してつくったcafe「ユキさんち」。

Photo_3

開けっ放しの店内は、気持ちよい風の通り道。

Photo_4

日本の最西端で傾ける島酒に感じる自分のちっぽけさ。

Photo_5

人に生まれ酒を酌み交わし、どんな生き方をしていくのか。。

ああ、愉し。


与那国町与那国4022
0980-87-3667
11:00~20:00
月曜定休


| コメント (0) | トラックバック (0)

居酒屋写真館 (その七)

久しぶりの居酒屋写真館。

そこで載せたくなったのがこの一枚。

Photo

自慢の暖簾の前には今宵も常連の姿。。


「岸田屋」
大江戸線「月島駅」から徒歩10分 「勝どき駅」から徒歩5分
03-3531-1974
東京都中央区月島3-15-12
17時~21時(暖簾仕舞い)
日曜・祝日 定休

| コメント (0) | トラックバック (0)

ソーキそば 明石食堂 (石垣島)

Photo_4

バスで1時間、1880円かけてでも食べに行く価値のある「そば」が石垣にはある。

それが明石食堂の「ソーキそば」である。

Photo_6

久しぶりに訪れたらリニューアルしており、広い店内。
相変わらず観光客も多く、長蛇の列をなしている。

Photo_7

バスに揺られながら食いに来るそば。
石垣の美しさが心を洗ってくれる道中である。


石垣市伊原間431
09808-9-2447
11:30~15:00 17:00~21:00 
定休日:月曜、火曜

| コメント (2) | トラックバック (0)

台南坦仔麺 タイナンターミー (新宿)

今日は画家である友人の個展を銀座に見に行った。

彼とは吉祥寺の「浜やん」で隣同士になってからの付き合いで、生き方において切磋琢磨できる、真の友である。

昨年バリで絵を描き、個展を行った時には、現地メディアに取り上げられ名を馳せた。

個展が終了すると予想通りに携帯が鳴り、彼と呑むこととなった。

終了間際に来たカメラマンのTさんと、料理研究科のSさんと合流し、4人で宴。

Photo_2

うまい台湾料理を摘みながら紹興酒を傾ける。

円卓で笑いあいながら尽きることの無い会話を愉しむ。。
気が付くと、夜も深く更けていった。


「新宿」駅から徒歩7分
新宿区歌舞伎町2-45-1 常盤ビル1F
03-3232-8839
AM11:30~AM4:00
無休

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »