« カレー&のみもの ユキさんち (与那国島) | トップページ | 小判道場 (松山) »

佐久良屋 (さくらや) 岡山

実に10年ぶりとなる岡山。

東京から沖縄までのバイク旅で立ち寄った以来となる。

さあ、岡山名物「鰆 さわら」でも食いながら、うまい地酒を頂こう。

Photo_8

やってきたのは「佐久良屋」。

瀬戸内の旬なもので岡山の地酒を味わって欲しいと30年前に開かれた料亭「藤ひろ」が隣に構える。

この「藤ひろ」の料理を単品で居酒屋感覚で頼めるのが、「佐久良屋」なのである。

さっそく「刺し盛り」で呑もうではないか!

Photo_9

「鮪」「平目」「鰆」の盛り合わせは美しい。。

「平目」は天然特有の歯ごたえと香りが非常にうまい。

初めて食べる「鰆」の刺身だが、「鰹」や「びんちょう」のような身の柔らかさ。

なので、同様に分厚く切られているのだろう。

味は上品ながら大衆的な感じがする。

白身といえば「鯛」や「河豚」「くえ」「平目」のように薄く切られたものが主流なせいかな。

まあ、でも僕としてはこの大衆的な味わいが妙に気に入ってしまったのだが。。


ここ「佐久良屋」では、岡山を流れる3本の川にそれぞれ位置する6つ(喜平、三光、櫻室町、御前酒、大典白菊、燦然)の蔵元の酒が愉しめる。

僕は「喜平の純米」をぬる燗で頂いた。

まるで桃のようなさっぱりしつつも包んでくれる上品な味わいだ。

Photo_10

これで頂く「自家製チーズ」。

う~ん、クリームチーズを甘めの白ワインで愉しむ様なのだが、これはまた別の愉しみ方だな。。

料理も酒も値段は普通の居酒屋と変わらないのだが、技術もネタも接客も一つ上行くここ「佐久良屋」なのである。


「岡山」駅から徒歩5分
岡山市野田屋町1-8-2
086-223-5318
17:00~22:30
日祝定休



« カレー&のみもの ユキさんち (与那国島) | トップページ | 小判道場 (松山) »

大阪、京都、兵庫、岡山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/44924104

この記事へのトラックバック一覧です: 佐久良屋 (さくらや) 岡山:

« カレー&のみもの ユキさんち (与那国島) | トップページ | 小判道場 (松山) »