« 佐久良屋 (さくらや) 岡山 | トップページ | ホヤケン (松山) »

小判道場 (松山)

初めて足を踏み入れた四国。

さあ、どんな人や酒と出逢えるのだろう。。

なんの情報も持たずに来てしまった今回。

開拓精神に火がつくぜ!

ということで、中は見えずとも迷いも無く吸い込まれたこの酒場。

Photo_2

まるで「斉藤酒場」の様な店構えではないか!

ではでは、中はいかがかな?

ほっほ~う。。

中は厨房が広めのL字カウンターが15席弱。

粋の良いご主人と女将さんの夫婦で切り盛りされている店らしい。

まずは、瓶を頂き「はいっ!」と出されたお通しを頂く。

Photo_3

このお通しでこの店は当たりだと分かる。

とこぶし、魚卵、鰹などが優しく炊かれている。

酒が出てくるまで、または一品目が出てくるまでの間、「とりあえず食わされるどうでもよいもの」ではなく、一口食べて「これは酒と共に味わいたいな。」と思わせてくれる本物のお通しだ。

これは、料理のほうも期待できるぞ!

黒板を見ると色々と面白そうなものが並んでいる。

まずは、きのうも食べた「鰆の刺身」。

それと「蛸の一本揚げ」。

ここで女将さんから「おでんも美味しいから食べてみる?」との声。

そいでもって「今日はこれを喰うしかないよ!」と刺身でも喰えそうな新鮮な「かさご」を掲げるご主人。

ではでは、その4品で!

県外客だと見抜くや否や、地のものを勧めて頂けるのは大変有り難い。

Photo_4

「鰆」はやはり分厚く切られ、これが良い。

「かさごの唐揚」はご主人が勧めてくれた通り大変うまい。

愛媛の地酒「梅錦」の冷もすべらかに喉に入るな。。

「間違って蛸刺し作っちゃったけど、誰か食べる~。」

魚三スタイルが見れたのも嬉しかったな。

勘定はそろばんでご主人がし、おつりは仲買人のようにポケットの札束から出されるのが、また気持ち良いな。

今宵も良き酒場に出逢い、出だし好調な四国の旅である。


「松山市」駅から徒歩10分
「大街道」駅から徒歩3分
松山市二番町2-6-1
089-945-9927


« 佐久良屋 (さくらや) 岡山 | トップページ | ホヤケン (松山) »

愛媛、高知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/44962459

この記事へのトラックバック一覧です: 小判道場 (松山):

« 佐久良屋 (さくらや) 岡山 | トップページ | ホヤケン (松山) »