« 朝霧高原 (朝霧ジャンボリーオートキャンプ場) | トップページ | 焼き鳥 鳥次郎 (つつじヶ丘) »

焼肉 多平(たへい) 難波(なんば)

牛肉と言えば、やはり関西!

関東には「煮込み」があり、かんさいには「どて焼き」がある。

大阪の家庭に頻繁におじゃましていた時期があり「しゃぶしゃぶ」や「すき焼き」なんかもよく頂いていたが、大阪の人の生活には牛肉が欠かせないと感じた。

となれば「焼肉」にだって特別なこだわりがあって当然だ。

本来は鶴橋に行って愉しむはずだったのだが、以前から気になっていた名店を訪れるため、「難波」に降り立った。

その店は「多平」!


Photo

昭和32年創業の老舗で、度々雑誌にも取り上げられている。

西川きよし師匠も40年間、足繁く通っているそうだ。

金曜7時ということで不安はあったが、席を詰めて頂き、カウンターに腰を下ろすことができた。

まずは、瓶ビールをもらい連れと喉を湿らせた。

ではでは、肉にいってみよう!

特製ダレに漬け込まれた、ここの名物「ハラミ」は外せない。

そして、「カルビ」!王道でしょ。

「ユッケ」「センマイ」「野菜焼き」をもらおう。

「ハラミ」も「カルビ」も大きく切られたものが4,5きれほど。

これを、目の前の卓上ガスコンロで焼くのだ。

焦げ目をつける程度に炙り、タレはつけずに頂く。

この「ハラミ」は相当やばい。。うわ~っ、牛肉ってうまい。。と思うに違いないだろう。

そして、「カルビ」もめっちゃうます!

僕は焦げ目がしっかりとついたほうが好きなので「よく焼き」しているとご主人が近づいてきて「焼けてますよ!」とつぶやいた。

やはり、こだわりのある焼肉店。

そのあたりもあるのだろう。

そして、なんといっても〆の「もやしスープ」が最高にうまかった!

肉はどれも800円、900円くらいと安くはないが、間違いなく満足できるであろう、名店「多平」である。

地下鉄「なんば」駅から徒歩5分
大阪市浪速区難波中1-15-3
06-6632-6375
11:30~22:00(LO)
第2・3水曜定休



« 朝霧高原 (朝霧ジャンボリーオートキャンプ場) | トップページ | 焼き鳥 鳥次郎 (つつじヶ丘) »

大阪、京都、兵庫、岡山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/45766363

この記事へのトラックバック一覧です: 焼肉 多平(たへい) 難波(なんば):

« 朝霧高原 (朝霧ジャンボリーオートキャンプ場) | トップページ | 焼き鳥 鳥次郎 (つつじヶ丘) »