« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

BAR Lingua Franca (リンガ フランカ) 狛江

Photo

ひとり酒と向き合い、最後を〆るは「GLENLIVET」。

調布のBARで互いに夢を語っていたあのころ。

あいつが出してくれる酒はいつもこの「LIVET」だった。

そんな酒を含みながらイタリアにメールしてみるとすぐに返事が届く。

この酒のように、友情に色褪せるということはなく、彼の帰国を心待ちにしたい。

「狛江」駅から徒歩3分
東京都狛江市中和泉1-2-15 
03-3480-0950
19:00~5:00
チャージ、タックス無し

| コメント (0) | トラックバック (0)

居酒屋 住吉 (豪徳寺)

渋谷で友人たちと呑んだ後、ひとり豪徳寺で途中下車。

そう。

やはり、ひとりで酒と向き合う時間が大切なのだ。

本当は、久しぶりに酒の高橋に行きたかったのだが、降りた豪徳寺で「住吉」の「串カツ」を思い出してしまい、いてもたってもいられなくなったのである。

9時過ぎの「住吉」はひっそりと静かで常連が3人ほど。

店に立つのも女将さんではなく、ご主人である。

さっそく黒ホッピーを頼み、めあての「串カツ」を告げるも売り切れとのこと。。

しからば「アジフライ」で!

ホッピーにレモンスライスを入れる店があるが、これは黒にこそ入るべきだと僕は思う。

ジョッキにレモンが3枚になり、店を後にした。


小田急線「豪徳寺」駅、世田谷線「山下」駅から徒歩1分
17:00~22:00

| コメント (0) | トラックバック (0)

秋風に吹かれ鍵屋の暖簾をくぐる。(根岸)

肌寒くなってきた神無月。

そろそろあの燗が恋しいな。ということでやってきたのは、鶯谷。

「ぴゅーっ。。」と吹く風が尚更店へと急がせる。

久しぶりにここの暖簾をくぐるなあ。。

今宵は、入ってすぐの角使い。

さっそく甘いの(桜正宗)をもらい、「鴨焼き」と「くりから」をもらう。

いつ撫でても貫禄のある一枚板。

そんな上だからこそ、土曜日限定の「玉子焼き」が映えるのだ。

Photo_9

しっとりと甘い玉子と、擦り下ろしではなく千切りにされた大根。

この「甘さ」と「辛さ」を酒で包める幸せは、ここ以外にない!


JR「鶯谷」駅から徒歩5分  台東区根岸3-6-23  03ー3872ー2227
営業時間/17時~21時
定休日/日曜・祝日

| コメント (0) | トラックバック (0)

マルハ(まるは)鮮魚 (石垣) 沖縄

Photo_4

与那国島や西表島、竹富島など、石垣島周辺の離島に行くには、石垣島からの船に乗るしかない。

石垣島がすべての島を中継していて、その他の島同士を結ぶ船はないのだ。

数年前からの沖縄ブームに乗って乗船客も増え、船乗り場も拡大された。

しかし、ここの鮪は変わることはない。

Photo_5

石垣周辺で水揚げされた鮪を、この辺りの居酒屋にも卸しているが、ここで捌かれたものを店頭で食べることもできるのだ。

オリオンの生を筆頭に、石垣の地ビールも各種おいてある。

Photo_6

石垣から船に乗る際には、少し早めに船乗り場に来て、ここでじっくりと鮪を味わって欲しい。

沖縄県石垣市美崎町 1 - 13   0980 - 82 - 0557
8:00~20:00くらいまで

| コメント (2) | トラックバック (0)

竹富島のある宿で。

Photo_7

赤瓦の建物と珊瑚の家垣がとても美しい竹富島。

朝は島民で一斉に集落の掃除をするなど、「残していく」という意識が非常に強い。

この島は実に多くの観光客が訪れるが、その大半が日帰りで帰ってしまう。

それでは、この島の良さは半分も分からない。

この島こそ夜を過ごすべき島なのである。

僕が通いだして数年になるとある民宿。

そこでは、毎晩「ゆんたく」と呼ばれる飲みの席が用意され、初めて会った客同士もいつのまにか家族のようになっている不思議さがある。

ここの常連、通称「パン屋さん」が持ってきた「Ballantin's 16」。

これをコーラで割って摘むは、宿の主人が獲って来た鴨の燻製。

Photo_8


いつもは、泡盛しか呑まない主人もこの日ばかりは、にんまりして洋酒を呑んでいた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

珊瑚の果てで泡波を。 民宿 たましろ (波照間島)

実に、4年ぶりの波照間島。

珊瑚(うるま)の果ての島という意味のこの島は日本最南端の有人島。

いろいろな意味で名物な民宿「たましろ」!

Photo

庭にこちらの瓶がゴロゴロしているのが、羨ましい。

Photo_2

夕食の量も名物なこの宿。
しかし、女性にはこれは多すぎるかな。。

Photo_3

久しぶりに訪れて、この島が直面している問題をいくつか実感した。

観光客が来なくては困る人もいるが、観光客が来過ぎるのもまた問題なのだ。

昔からの文化が残る琉球に昨今無造作に足を踏み入れている私たち。

これらを末永く残すにはどうしたらよいのであろうか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »