« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »

江戸一 (大塚)

063

久しぶりに訪れた大塚の老舗「江戸一」。

戸を引くと今宵も落ち着いた客層の店内。

久しぶりの江戸一で、座った席は大女将の前。

ここは常連がいつもしめている席ではないか。

まあ、でも女将も少し丸くなったかな。と感じられる仕草がいくつか目に付いた。

鶴の友から始まり愛媛の梅錦、司牡丹、真澄にいきつく。

冬の愉しみ「牡蠣豆腐」に始まり、平目の刺身、鴨ねぎと堪能し店を後にした。

名店の良いところは、何度きても「ああ、また来よう。。」と帰路に着かせてくれるところにある。


JR「大塚」駅より徒歩2分   03-3945-3032
豊島区南大塚2-45  
平日 17:00~22:00
土曜 16:30~21:30
日曜定休

| コメント (2) | トラックバック (0)

久々のニコタマ! (河本 木場)

052

久々に真寿美さんに会いたくなり、「浅七」「だるま」「いずみ」も置いて木場へと向かった。

酒も煙草も染み込んだこの店の年季は、他の店では出せない魅力。

ホッピーを頼むと、相変わらず枡がわりにしている7勺のグラスをジョッキの口へとたたきつける。

店内に響き渡るこの音が心地よいのだ。

049

いつものニコタマ(煮込みに卵)をもらい、傾いたカウンターを愛でながらジョッキを煽った。


「木場」駅から徒歩7分
江東区木場1-3-3 03-3644-8738
日、祝、第2土曜 定休
1600:~20:00

| コメント (0) | トラックバック (0)

魚三酒場 (門前仲町)

036

うまい魚が喰いたくて久々に出動、門仲!

「鰤トロ」や「箱ウニ」が目当ての今夜だが、やはり「白子」が外せない。

これで頂く燗は冬の愉しみの一つ。

「鯛のかぶと煮」は、身のしまった頭まわりの身やゼラチン質の目玉あたりが最高にうまい!

大雨の中、店は常に満席。

041

門仲に「魚三」あり。


東西線「門前仲町」駅 2番出口から徒歩1分
東京都江東区富岡1-5-4     03-3641-8071
営業時間 16:00~21:30
定休日 日曜、祝日

| コメント (0) | トラックバック (0)

牛タン処 い志井 (調布)

連れと久しぶりにやってきた。

「どて煮」に始まり、腹身を炭火で焼いた「網焼き」、「しゅうまい」

そして、「タンシチュー」を頼んだ後に必ず頼む、この「フランスパン」。

Photo_6

ニンニクの香りとバターが染み込んだパンにシチューのソースを塗って食べるこれがクセになるんだな~。。


「調布」駅から徒歩7分
東京都調布市布田2-1-3
0424-84-3738
17:00~23:00
月曜定休


| コメント (0) | トラックバック (0)

もつ焼き かっぱ (吉祥寺)

Photo_5

久しぶりの「かっぱ」。

今宵もまずは窓の桟から始まった。

カウンターに腰を落ち着け、若干の喧騒の中でホルモンと見つめあう。

老酒の燗が温めてくれる体に冬を感じるこの季節。

酒が最高にうまい。


「吉祥寺」駅から徒歩1分
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-5-9    0422-43-7823
16:30 - 22:00
日曜・祝日 定休

| コメント (0) | トラックバック (0)

味の牛タン 真助 (仙台)

Photo_4

仙台に来たのに名物の「牛タン」を食べれるチャンスは1度のみ。

ということで、先日「だるま」で女将やお客にお勧めのお店を聞いてみた。

すると、大手有名店を推す人もいれば、あそこはね~。。という人もいてあまり情報はまとまらなかった。
そんな中、目にしたこの情報文に惹かれここにやってきた。

仙台の牛タン店をまとめたこのサイトではこう紹介されている。

「牛タンの柔らかい部分しか使わない、という調理方法を初めて行った店舗がこの真助。他の店舗のお客さんが固い部分を残しているのを見た真助の親方が、やわらかくて美味しい部分だけを出したのが始まり!

その手間ひまかけた真助の牛タンが、お客さんの口コミで拡がり、その宣伝のおかげで様々な方面からお客さんが訪れます。

TVや雑誌等でも紹介され、オリックス時代のイチロー氏も来店したことがあり隠れた名店として知られています。」

なるほど。。

確かに肉は柔らかくご飯は大盛り。テールスープもすごく美味しい。

ただ今回思ったのは、「牛タン」を調理するやり方はどの店もそんなには違わないはず。

味もそこまで違いを感じることはできなかった。

僕は、「だるま」で豚タンをつついているのが、似合っているのかな。。

いやいや、やはりランチという時間帯がいけないんだ!

「酒を呑む」というスタンスで行けば、また味も格段な違いを感じるに違いない。

真助のカウンターは居心地も良く、呑むにはとても良いだろう。

また出直して参ります。

仙台駅西口から徒歩5分
仙台市青葉区中央1-8-32 京屋ビル2F
022-268-0790
(平日)11:30~14:30 17:00~22:30、(日・祝)11:30~21:30

| コメント (0) | トラックバック (0)

一心 本店 (仙台)

Photo_2

様々な飲み屋がひしめく歓楽街、国分町。

その中にある日本酒の雄、「一心」。

もっと渋い店を想像していたのだが、店内やメニューは池袋にある日本酒を売りにしている某居酒屋と似ていた。

要は「若い客でも気軽に入れる店」なのだ。

残念ながら僕は若くないんだな。心が。

しかし、料理はとても美味しい。

まずお通しのお造りは、鮮度の良い「鮪」と「ボタン海老」がとても美味しかった。

続けて頼んだ「鱈の昆布〆」も上品で木目細かい味わいだ。

極めつけは「穴子の肝」。

Photo_3

これで呑む燗は最高でした。

しかし、高いんだな。。このお店。。びっくりした。

仙台市営地下鉄「匂当台(こうとうだい)」駅から徒歩2~3分
宮城県仙台市青葉区国分町3丁目3−1定禅寺ヒルズ
022-261-9888‎
17:00~24:00
日曜定休

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »