« スープカレー ひげ男爵 (札幌) | トップページ | 釧路の夜で炉辺焼き 「炉ばた しらかば」 (釧路) »

和商市場の勝手丼 (釧路)

翌朝、「スーパーおおぞら」に乗って5時間かけて釧路に移動。
ついに、炉辺焼き発祥の地へとやってきたのである。

ではでは、夜は炉辺に行くとして、まずは、どこで呑もうかな。
ということで、昼はここ「和商市場」にやってきた。

ここは有名な「勝手丼」の魚市場である。
「勝手丼」とは、場内の惣菜屋でごはんだけを丼で買い、あとは魚屋を渡り歩きながらネタを一切れずつ買って乗せていくのである。

丼を持ってうろうろしていると威勢のいいお兄ちゃんに声をかけられた。
見てみるとご覧のような魚が置かれている。

070

白身から「鱈」と「鰈」、貝は「帆立」。
鮭は、「時鮭」「キングサーモン」「鮭」などいろいろあったが、恐らく脂の乗りと味の濃さが違うだけで「鮭」には違わないので、一番安い「鮭」にした。
「雲丹」は、ミョウバンを使用しない海水に浸けられた「礼文島の生うに」。
店の人がサービスしてくれた、「甘えび」。
最後に贅沢をして、「めんめ」こと「金目鯛」を乗せて完成!

073

場内の食堂で食べるとどの丼も2000円~3000円ほどするが、勝手丼なら1000円ちょっと。まあ、高いネタを選べばすぐに値段は上がってしまうのだが、山盛りの雲丹を終盤は飽き飽きしながら食べるよりはスマートに思う。

そして、これが無ければ始まらない。
「すみません。場内でお酒の買えるところありませんか?」

と尋ね、なんとかワンカップを手に入れることができた。
よ~し、これですべて整った!

080

場内にざっくばらんに置かれたテーブルを使い、たくさんの「時鮭」に囲まれながら、カップ酒を2本ほど嗜んだ。

086

「釧路」駅から徒歩3分
北海道釧路市黒金町13-25
0154-22-3226
8:00~18:00


« スープカレー ひげ男爵 (札幌) | トップページ | 釧路の夜で炉辺焼き 「炉ばた しらかば」 (釧路) »

北海道、青森、仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/50531535

この記事へのトラックバック一覧です: 和商市場の勝手丼 (釧路):

« スープカレー ひげ男爵 (札幌) | トップページ | 釧路の夜で炉辺焼き 「炉ばた しらかば」 (釧路) »