« 居酒屋 「独酌 三四郎」 (旭川) | トップページ | 友の家で「鶴の友」 »

日本最北端で初日の出 (宗谷岬)

翌朝、「スーパー宗谷」に乗って一路北へと向かった。
31日のうちに稚内に着き、日本最北端の宗谷岬で初日の出を見るためだ。

「稚内?ああ、あの風の強い町ね!」
と道民に言わしめる北の地。

降り立った瞬間、その猛烈な強風に煽られ、危うく転ぶところだった。

駅前から1日に何本も無い路線バスに乗り、宗谷岬に向かう。
バスには、岬にテントを張って今夜を過ごそうと意気込む猛者供が乗り込んできた。

僕らは、岬そばの民宿に泊まり、朝方岬へと向かう段取りだ。

1時間ほどバスに揺られ、ようやく着いた。
バスを降りた瞬間、尋常じゃない横風を喰らった。

しかも、体感気温はマイナス10度。
僕がかつて海外で登った6000m級の山の山頂に近い寒さだ。

身を低くしてなんとか、最北端の碑に立つことができた。

「こりゃ~明日の朝は、どんな寒さになるか気が遠くなりそうだな。」
「あのテントの人たちは、無事に目が覚めるのかな。」

などと言葉を交わしながら宿へと向かった。

「宗谷岬」という名のここの宿は最高によかったので、ここで書きたい。
まず、女将が品のある美人で明るい。
そして、飯が最高に旨かった!

387

宿名物の「蛸しゃぶ」は、今までに食べたことの無い美味しさ。
軽く炙られた「帆立」や鰤などの刺身もうまい。

383

燗酒で温まりながら年越しをし、眠りに着いたが一晩中窓の揺れが止まることはなかった。

「初日の出は10年に1度ほどしか綺麗には見えないらしいですよ。」

とほかの客から聞かされていたが、僕らは幸いにも美しい日の出を目にし、「よし、今年も体に気を付けながらも攻めて呑んでいこう!」と誓いを立てたのだった。


« 居酒屋 「独酌 三四郎」 (旭川) | トップページ | 友の家で「鶴の友」 »

北海道、青森、仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57415/50531684

この記事へのトラックバック一覧です: 日本最北端で初日の出 (宗谷岬):

« 居酒屋 「独酌 三四郎」 (旭川) | トップページ | 友の家で「鶴の友」 »