居酒屋 シンスケ (湯島)

Photo_2

土曜の昼下がり、浅草近辺にいた俺は、夜をどこで愉しむのかを考えていた。

馬モツにホッピーの「大統領」。Kitanachelin(きたなシュランで、紹介されてしまった「正ちゃん」。ちょっと足を伸ばして、連れに「ウニの牛巻き」でも喰わしてやるか。

う~ん、しかし、今日は品のあるカウンターで嗜みたいな!

ということで、ここ「シンスケ」にやってきた。

「シンスケ」は不思議なことにカウンターよりも、カウンターの後ろにある横がけのテーブル席が人気だ。

恐らくカウンターに座っている客の背中越しにカウンターのご主人や品書きが見えるのが良いのかと思うが、拙は断然カウンターである。

寒い今夜はやはり燗だ。

本醸造、純米、たる酒の中から天王寺の明治屋のようにたる酒を燗してもらった。

まずは、「あおやぎのぬた」を摘みながら「牡蠣豆腐」を待った。

「クロマグロ(しび)のぬた」もあるのだが、拙は「あおやぎのの甘さ」と酢味噌の酸っぱさがたまらなく好きなのだ。

待っていると鍋で供される「牡蠣豆腐」。

「牡蠣」は殻から取ったばかりであろうぷりっぷりの牡蠣。

値段は、そこそこするがここだから味わえる味である。

ゆっくりじっくりと酒を味わいながら「シンスケ」を愉しんだ。

気がつけば、両関の徳利が5本も空いていた。


千代田線「湯島」駅から徒歩3分
東京都文京区湯島3-31-5
03-3832-0469
17:00~21:30(L.O)
[土]
17:00~21:00(L.O)
日祝定休

| コメント (0) | トラックバック (0)

居酒屋 ぬる燗 (浅草)

Photo


正ちゃんでいい気分になったところで、いつもの「ぬる燗」へ。

義侠の純米を燗してもらい、摘むは鮪の漬け。

空豆や鰹がうまいこの季節。

初夏が今年もやってきた。

「浅草」駅から徒歩10分
東京都台東区浅草3-4-4 
03-3876-1421
平日 17:30~LO・1:00
日祝 17:00~LO・22:30
不定休

| コメント (0) | トラックバック (0)

煮込み 居酒屋 正ちゃん (浅草)

Photo

ひさしぶりに浅草に酒を呑みに来た。

松風が閉まり、目当てはやはり「ぬる燗」かな。

でもまだ日が高いということで、正ちゃんへ!

Photo_2

席に着くとなにやら妙な人形が目の前に置かれている。

はて、どこかで見たことのあるシルエットと後姿だぞ。

「きたなシュランって知ってる?」と店員さんの言葉。

「ああ、KITANACHELINね!」

「きのう、うちで撮影だったんだよ。」

なるほど!
確かに拙たちが足繁く通う店ならどこが取材を協力されてもおかしくない。

Photo_4

石橋貴明のサイン入り認定証も飾って、上機嫌なご主人だった。

だけど、競馬オヤジになでられて、あっという間に真っ黒になるんだろうな。この人形。


Photo_3

煮込みといっしょにいつもの「手羽先」や「しらたき」を頬張りながらホッピーをカッ喰らった。

6月10日(木)に放映予定らしいです。

浅草駅から徒歩10分
東京都台東区浅草2-7-13
03-3841-3673
[水~金]11:00~24:00
[土] 7:30~17:30
[日] 9:00~17:30

定休日 月曜・火曜


| コメント (0) | トラックバック (0)

大衆酒場 ゑびす (大島)

すっかり気分も上々のふたり。。

大衆酒場にして、火曜が休みという名店「ゑびす」にやってきた!

Photo_3

ここの「コの字」は完璧!
天井が高く、奥の厨房が広い作りがなんとも時代を感じさせる。

優しい女将さんに迎えられ、味のある燗点け器から熱燗を頂く。

「中は人肌燗になっております。」

なるほど、春を感じる今宵に最高の点け具合だ。。

お通しに出された「豆」がなんとも酒を進めるな!

ここで、摘みを「くさや」「菜の花のからし和え」「オムレツ」と来たもんだ。

酒徒さんの頼んだ、「菜の花」が漬け具合抜群ですこぶるうまい!

店内からスリガラス越しに見える暖簾の揺れる様に、春を感じたここ「ゑびす」だった。


都営新宿線「大島」から徒歩3分
東京都江東区大島4-8-8
03-3681-6823
17:00~24:00
火曜定休

| コメント (2) | トラックバック (0)

あんこう鍋 白子鍋 豊田屋 (平井)

先日、中国の酒友から一時帰国のお話を頂き、僕の胸は高鳴った。

祝日の夜ということで、鍵屋伊勢藤はまたしてもおあずけ。。

というわけで、祝日でもやっている実力店を梯子酒!

まずやってきたのは、亀戸のお隣「平井」にある、鍋の名店「豊田屋」!!


Photo

どうだい、この鍋から溢れんばかりの「鮟鱇」は!
「アンコー鍋」と短冊に書かれた鍋は1450円。
鮟肝もたっぷりと入ってこのお値段!(写真は2人前)

「この辺りで鮟鱇と言えば大洗だと思うでしょ!違う違う、この時期は青森よりも北に限る!見てご覧、この鮟鱇の断面。ねっ!脂の乗りが違うでしょ!!」

函館産の鮟鱇を手に、力説するご主人の情熱はたいしたもの!

そりゃ~この混み様もうなずける!

店を開けた途端、テーブル、小上がり、カウンターはいっぱい。
なんとか一番端のカウンター2席に腰を落ち着けることができた有様だ。

ただ、この席は店の戸が引かれるたびに気をつけないと、あばらに強烈な一撃を見舞われる。。

300円の「レバ刺し」も新鮮で「コリコリッ!」っと大変うまい!

Photo_2

気が付けば、このように林立した「ハイボール」が夢のあと。。

これだけ呑んでも3000円もあればお釣りが来るのも夢の様。。


JR総武線「平井」駅から徒歩2分
東京都江戸川区平井6-15-23
03-3618-1674
16:30~23:30
日曜定休

| コメント (0) | トラックバック (0)

大坪屋 (南千住)

Dsc00069

久しぶりに「呑む」ということだけの日がつくれたので、どこに行くかしばし迷った。

やっぱり大好きな門前仲町かな?
いや、久しぶりに根岸の「鍵屋」から「おせん」かな?
いやいや、横浜方面に足をのばし、「武蔵屋」の3杯かな?
いやいやいや、静岡まで行って「多可能」や「おい川」かな??

ん~、悩んだ挙句選んだのはここ、南千住の「大坪屋」!
なんと大正12年創業の老舗酒場だ!

南千住は駅周辺の再開発?に伴って「うぐいす酒場」や「カミヤ」はプレハブで仮営業のようになっているが、大坪屋は大丈夫であろうか?などと不安になりながらも見事な佇まいに胸を撫で下ろした。

夕方早いせいもあり、客はまばらで「喧騒の中」という感じではない。
しかし、短冊にしてもなんにしても良い味でてるな~。。

Dsc00067

さっそく元祖酎ハイ(200円)を頼む。
金宮からジョッキに注がれ日本シトロンが1本だされる。

この金宮の瓶を振り回し、炭酸の栓を抜く女将の仕事の荒々しさに初めは驚いたが、2杯目からはそのリズムが心地良く感じる。

肴はほとんどが、200円~500円と安すぎ!

この後は急用が入ってしまい早々と店を後にしたが、地元のみなさんと「喧騒の中」で呑みたいと思ったここ「大坪屋」であった。


今日から夏休みで沖縄に行って参ります!
久しぶりに暴れてこようと思いますので、ご期待ください。


「南千住」駅から徒歩3分
荒川区南千住4-4-1  03-3801-5207
16:30~22:00  日祝定休

| コメント (0) | トラックバック (1)

ぬる燗 (浅草)

女の子2人を連れて浅草で飲むことになり、店選びを任された。

僕だけだったら、いつも通り「正ちゃん」や「捕鯨船」でも良いのだけれど、いかんせんね。。

というわけで予約したのはここ「ぬる燗」!

048

20時半までなら予約OKということで。

入ると左にカウンター、右に小上がり。

2人はエビスの小瓶を。
僕は純米の燗をお任せで。

駅から少し歩いたところにあるが、小上がりは満席でカウンターも7割の入り。

忙しそうで注文の声をかけても「お待ち下さい。」と怒られてしまう。
むこうはもちろん怒ってはいないのだろうが、僕はそんな印象を受けてしまった。

今日はたまたまなのかな。。いつもなのかな。。

そこに来たビールと燗酒。

ぴたりな点け具合は「大七」!(確か。。ちょっと失念)

どうやって点けていたのか見ていないけれど、ちょうど開いておりまする。

「なかおち」は海苔と共に供され、脂がうまい。
「さつまあげ」はなんだか分からないが、異様にうまかった。
「牛すじ煮込み」もトロットロ。

う~ん、こりゃうまい店をまたひとつ知ったぞ!
今度はカウンターで飲みに来てみよう。

その時は、どうぞお手柔らかに。。


「浅草」駅から徒歩10分
東京都台東区浅草3-4-4 
03-3876-1421
平日 17:30~LO・1:00
日祝 17:00~LO・22:30
不定休

| コメント (2) | トラックバック (0)

もつ焼き 宇ち多" (うちだ) 京成立石

Dsc00069


殿!殿~!殿中でござる!
いやいや、各々方、「宇ち入り」でござる!!
と言うわけで、ついに「宇ち入り」してきました。

「宇ち入り」と言うのは、立石のモツ焼き屋「宇ち多”」に飲みに行くと言うことです。
前からモツ焼き業界では噂に高いこの「宇ち多”」。

事前情報では、平日14時開店、夕方に売り切れる。みたいな。。。

こんな店、普通に暮らしていたら誰が行けます???
しかし、行って来ました!時間を作って!!

降り立った昼の立石駅。
駅の時点で肉の焼ける匂いがするのは僕だけであろうか。

駅前の商店街は人が多く活気付いている。
歩いて1分のところに行列のできた店が目に入った。
う~~む、ここが「宇ち多”」か~!
創業60年になると言うが、それも頷ける佇まいだ!
隣の定食屋も同じくらい古く、気になるがまあ取り敢えず置いておこう。

暖簾下から7人ほど待っている列に並び15分ほどで入り口近くのカウンターに座ることができた。
この店は入り口が表と裏の2ヶ所あり、店員さんの配慮で順番に通される。
恐らく裏口に並んだほうが早く座れるだろう。

僕が座った「煮込み」の鍋の前のカウンターは7席ほど。
あとは、10人ほど座れるテーブルに相席になり、40人ほどが入っているだろうか。
それにしても凄まじい客層だな~。。

例えるなら炭鉱の町に一軒だけある飲み屋。

みなさん、おうちはありますか?と聞きたくなる程だ。
女性や学生はほぼゼロ!平均年齢60歳といったところか。
しかし、どいつもこいつも脂っこいオヤジばかりである。

僕はまずビールの小瓶(340円)と煮込み(170円)をもらった。
目の前で煮込まれている「煮込み」の色は凄まじく、出されたものも何の肉なのか恐れ多い。
まあ170円で出されてるわけだし、所詮は「煮込み」なんだから多くは言えないが、ここを東京5大煮込みとしているのは少々疑問だな。

煮込み鍋の前には、店のオヤジさん。その奥でおばさんが焼き物を焼いている。
そして、店を処狭しと威勢良く動いている若いお兄ちゃんが仕切っているようだ。

ここ「宇ち多”」の注文の仕方は少々コツがいる。
まずは、カシラやシロなどの具を言う。
塩、タレ、素焼き、ミソ、生(ボイル)の焼き方を言う。
次によく焼いて欲しければ「よく焼き」、レアがよければ「若焼き」、普通でよければ何も言わない。
最後に、酢をかけて欲しければそれを伝える。しかし、食べてみて酢は「素焼き」か「生」かにしたほうが良いと感じた。

まあこう書かれると難しそうだが、座ってビールでも飲みながら周りの客の頼み方を見ていればすぐに慣れる。まあこれは現場で体感してください。

僕は「ガツ(胃)」を「生」で頼み酢をかけてもらった。
串は基本的に2本セットで何を頼んでも2本で170円だ。
「ガツ」は1切れが大きく歯ごたえが良い。軽く茹でてあるだけの「ガツ」を串で食べるのは初めてだけど、まあびっくりするほど美味いものでもない。

次は焼きで頼もうと「あぶら (背あぶら)」のタレと、焼酎の「梅割り」を頼んだ。
8勺のグラス一杯に焼酎を注ぎ、気持ち程度に垂らした梅の分だけ受け皿に溢れる。
こりゃ~グイグイいったら酔っちまうな~。。

なんて思っていると、周りのオヤジの飲み食いの早いこと早いこと。
僕と同じくらいに入った隣のオヤジは、5皿と焼酎3杯を飲み干し足早に去っていった。
入店して15分だぜ、おい!

そう言えば並んでいてもラーメン屋よりも回転が速く感じたもんな~。。

そんな風に圧倒されている僕に届いた「あぶら」。
う~ん、こりゃ~あたりだね!

ステーキなんかで子供が嫌がる脂身がそのまま串に刺さったもんなんだけど、この脂とタレが絶妙ですわ!

こうなってくると「ミソ」も俄然気になってきてしまうのだが、ここはこれでお勘定。
ほんとに雰囲気が急かされるんだよね~。。
しめて1020円。やすっ!!

う~ん、雰囲気も味も悪くないんだけど、ここの人気は安さだな!と僕は思います。
値段は倍以上するけど、わざわざ来るのなら「埼玉屋」に行きたい。
近所に住んでいれば週に1度は来ちゃうかな。なんて感じた初めての「宇ち入り」だった。

さてさて、ここ1軒じゃ終わりませんよ!
痛風持ちの僕が贈る、発作覚悟の「モツの旅」!
次の店はまさに驚愕のお店です。


「京成立石」駅から徒歩1分
03-3697-5738
葛飾区立石1-18-8 仲見世商店街
定休: 日曜・祝日
平日: 14:00 - 19:00
土曜: 12:00 - 19:00

| コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり「大はし」!! (北千住)

Dsc04182

〆はやっぱり「大はし」!
北千住に来て「大はし」に寄らずに帰れるものかや。
いやさ、帰らんめえ!

9時を過ぎると客の入りは8割ほどで、段々と客も腰を上げ始める。
僕は,急いで「肉豆腐」と「梅割り」を頼んだ。

そうすると息子さんが威勢の良い声で応えてくれる。

ざっ、ざっ、ざっ、ざっ!

勢い良く近づいてくると受け皿とコップを置いて「金宮」をくう~~っと入れ、「天羽の梅」を垂らす。
そして、すぐに出てくる「肉豆腐」。
歯ごたえがしっかりした牛モツは、噛むほどに美味く、豆腐はしっとり染まっている。
これで飲む「梅割り」はここ「大はし」でしか味わえない。

くぅ~~~っ!っと飲んでしまい、お代わりを頼むと今度は「おやじさん」が金宮を持ってやってきた。
「あいよ~~!!」

と威勢良く注いで行くと、勢い良く奥へと戻っていく。
その最中、他の客から声がかかると、くるっと反転して「はいよ~~!」。

う~~ん、やっぱりまだまだこの店を仕切っているのは、おやじさんなんだな~。。
ここで、グラスを口で迎えに行くと、「ん~~!?」と気が付く。

息子さんが作ったものより、「梅割り」にトゲがないのだ。
本当に同じもので作ったの?と問いたくなるほどである。
う~ん、このあたりが年季なんだろうな~。。

千住で2番は千住で1番。
みんなに愛されている北千住の「大はし」。
今宵も、みなが「煮込み」と「梅割り」に酔いしれた。

「北千住」駅より徒歩5分
東京都足立区千住3-46    03-3881-6050
定休日  日曜・祝日

平日: 16:30 - 22:30


| コメント (2) | トラックバック (0)

千住の永見 (北千住)

Dsc04178


天七を出るとすぐのところに、これまた「色」の違う大衆酒場がある。
その名は「千住の永見」!

入るとすぐのところに御年70は超えていそうなご主人が、番頭さんの様に迎えてくれる。
入って右に15人ほど座れるカウンター、左から左奥にかけては食堂風なテーブル席が広がっている。

辺り一面に貼られた短冊は50種ほど。
どぜう太煮(630円)まぐろネギぬた(430円)刺身3品(850円)あこう鯛の粕漬焼き(530円)などからチーズ(300円)手作りカレーコロッケ(420円)などまで実に様々な肴が並ぶ。

まずは、刺身3品とここで普通に出している日本酒(広島銘酒一代 240円)を頼んだ。
刺身は魚三の様に予めいくつか用意され、保冷されているのが保冷棚から出される。

Dsc04181

ネタは「かつお」「いわし」「まぐろトロ」が3切れずつとまずまず。
なにより嬉しいのが、日本酒のグラスを持ち上げると、受け皿に見える「千住の永見」の文字。

「ずずずっ。。」っと啜るたびに顔を出すこの文字が見たくて、ついつい早く飲み干してしまう。そして、おかわりをするとさっきの受け皿にもう一枚受け皿を追加してくれるのだ。
限りなく飲んだらいつかは皿も、僕も倒れてしまうだろう。

また日本各地の地酒も純米を中心に20種ほど500円前後で出されている。
今回は、この受け皿に酔いしれてしまい銘酒は頼まなかったが、日本酒好きの人にも嬉しい大衆酒場である。

ここでこの店名物の「千住揚げ」を頼む。
短冊を見ると「寿」とかけて「千寿揚げ」(520円)となっているのがなんとも憎い!

これは、魚のすり身に玉ねぎを加えたものなのだが、にんにくと韮を加えたものもある。
僕は、にんにくの方を頼むと、皿に3枚の揚げ天がテッカテカで出てきた。

噛むと溢れる油と玉ねぎ、にんにくのシャキシャキ感!
なんとも酒に合うな~。
できれば、初めにビールでも頼んでこの油を洗い流せたら最高であろう。

また、20時以降に頼める「支那そば」は常連が頼む一品。
飲んだ〆に食べる麺類ほどうまいものはないよね~!

店のホームページを見ると最近の三社祭で御輿を担ぐご主人の姿が!
創業62年とのことだが、昔からのお客さんを大切にしている店作りが飲んでいて節々に感じられる。

北千住に来たらここに寄らなきゃ!
と思わせてくれた「千住の永見」であった。

「北千住」駅より徒歩3分
足立区千住2-62 03-3888-7372
平日 15:30~22:30
土曜 15:30~22:00
日祝、第3土曜 定休

| コメント (2) | トラックバック (0)