鈴正 (すずしょう) 蒲田

013_3

酒が酒が飲めるぞ~!酒が飲めるぞ~!!

というわけで、飲み始めにやってきたのは蒲田の鈴正!

年明けまでに仕上げなければならない仕事があり、クリスマスも正月もない日々を過ごしていたからである。

今日は友人2人と新年会。
魚介の美味い店を!とのことでここへ連れてきた。

まるで漁港の飲み屋のような、ここ鈴正。
1人できても、大勢でも、目の前の卓上火鉢で焼いて飲めるのは、とても愉しい。

僕はまずは、ホイスを頂く!
あ~沁みる沁みる。。

「鮪カマ」を頼むと、程よくサシの入ったカマトロが火鉢の上に乗せられた。
目の前で脂を垂れ流しながら、段々と焼けていく「カマ」!
いや~こっちまで垂涎だよ。

この「カマ」はもちろんうまく、隣で同時に焼いた「イカのわた焼き」もすこぶるうまい!
僕は我慢できず「熱燗」を注文。

2合も入れれば一杯の小さなやかんで供されるのがまた良いな。
酒はたいした酒ではないが、この雑な感じがこの店には合う。

そして、ちょいと冷めてきたら、火鉢の網の上に乗せれば、好みで燗が点けられるのだ。

008_2

この、トロ箱にベニヤが乗せられただけのテーブルがまた良い。

僕は「正月ぐらい良いだろう!」と「ウニの箱盛り」を頼んだ。
ベタな様だが、僕は燗酒とウニの相性が堪らなく好きなのだ。(みんなそうか。。)

この後も「鮪の皮ポン酢」や「あん肝」を肴に飲んだ飲んだ。
開店直後に入り、気がつけば閉店時間。

ホイス、熱燗4合、ホッピー4杯。
帰ってから発泡を3つ。

まあまあの酒量の飲み始めにそこそこ満足して床に就いた。



「JR蒲田」駅 東口から徒歩3分 
 
東京都大田区蒲田5-1-6  03-6279-7190
16:00~23:00 無休

| コメント (6) | トラックバック (1)